2017年04月24日

『TOEICレジスタードマーク L & R Test 完全模擬問題集』

 株式会社ナラボー・プレス発行の電子ブック『TOEICレジスタードマーク L & R Test 完全模擬問題集―第1集』は、問題部分は PDF ファイルで、音声は zipファイルで、だれでも無料でダウンロードできます。

 ここです。
  http://www.nullarbor.co.jp/ebook/

 つまり、テスト体験がすぐにできるということです。試してみませんか。

 無料で受験体験をし、正解やスクリプトが気になったら、電子ブックを買ってください。
posted by 赤井田拓弥 at 18:43| Comment(0) | 英語で英文法

英語で英文法を学ぶということ ― 日常会話で不定詞を効果的に使う


DSC02579.jpg

 ゆっくりとしたやさしい VOA の英語で英文法の話を聞きましょう。

  音声が低いなと感じたら、左のスピーカーマークの「」で調整してください。
 8分50秒あります。


Infinitives in everyday conversation

 Imagine you are in an American city. While standing along the street, you hear someone asking for directions.

"What's the best way to get to the airport?"
"Continue straight and take the second right. It will only take about five minutes."
"Thanks! I'm running late -- I hope I can find a place to park. Take care!"
"Bye!"

 Our report today is not about asking for traffic directions. Instead, it is about another useful subject: infinitives in everyday speech.

 In this Everyday Grammar, we are going to explore infinitives and the words that they often modify.


What are infinitives?

 An infinitive is the base form of the verb. Sometimes the word to appears before the base form. The word serves as a sign of the infinitive.

 Unlike other verbs, infinitives do not have a tense, something to express time or the length of an action.

 Infinitives can act as adjectives. In other words, they can describe or provide more information about a noun.

 English has many possible noun and infinitive combinations. You would never be able to memorize all of them!

 However, the good news is this: in everyday speech, only a few nouns are generally modified by infinitives.


#1 Objects – thing, stuff, a lot

 Nouns that suggest objects are often modified by infinitives. The three most common examples are the nouns thing, stuff, and a lot.

 All three words are inexact, so English speakers often need to use adjective phrases to clarify their meaning.

 Here is an example. Imagine you hear someone say unkind words.

 You could say to them, "That wasn't a nice thing to say."

 The infinitive to say gives more information about the noun thing. The infinitive is acting as an adjective. It helps to define the word thing. In this situation, thing means hurtful words.

 The word stuff is also unclear. Here's an example. Imagine you are invited to a party. After inviting you, your friend might say this:

 "Oh! I forgot to tell you – it would be great if you brought stuff to snack on."

 Here, the infinitive to snack on tells us about the noun stuff. If the sentence ended with stuff, the meaning might not be clear to the listener.

 But by adding the infinitive, the meaning becomes clear: your friend is talking about food!

 When taking leave of a friend, you might say, "Sorry, I have to go now. I have got a lot to do!"


#2 Time, place, way

 Three other nouns are commonly modified by infinitives in everyday speech. They are the words time, place and way.

 Time and place have a clearer meaning than some of the other nouns we have discussed.

 Most American parents have probably told their children, "It's time to go to bed." Many tired, hungry travelers have probably said, "This looks like a great place to eat!"

 The word way, meaning the method in which something is done, is often used when asking questions or giving advice.

 So a student might ask a teacher, "Is there a better way to write this sentence?"


Unstated and Stated Subjects

 You might notice that there is something missing from our examples.

 One feature of adjectival infinitives – the technical term for today's program – is that the subject is not stated.

 The subject is understood; it is the object in a prepositional phrase.

 This information comes from Martha Kolln, an expert on English grammar.

 Consider our earlier example: "That wasn't a nice thing to say."

 The understood, or unstated subject, is the word you. You is the object of an understood prepositional phrase, for you.

 The entire sentence, if it had all of these elements, would read:

 "That wasn't a nice thing [for you] to say."

 Our other example, "This seems like a great place to eat!" could become "This seems like a great place [for me / for us] to eat!"

 Now you can understand why native speakers sometimes do not always state the subject. It makes the sentence longer, and it might not add much information.


Infinitives in conversations

 Think back to the exchange you heard at the beginning of this program.

 "What's the best way to get to the airport?"
 "Continue straight and take the second right. It will only take about five minutes."
 "Thanks! I'm running late - I hope I can find a place to park!. Take care!"
 "Bye!"


 You will recognize that two of the nouns we discussed, way and place, were modified by infinitives.

 The first speaker said, "What's the best way to get to the airport?"

 The speaker could have said, "What's the best way [for me] to get to the airport?" But as you have heard, English speakers will leave out the subject when the meaning is clear.


What can you do?

 The nouns and infinitives we have studied today can be used in almost any situation, with the exception of stuff.

 While it would be acceptable to use stuff when talking to friends or family, you would not use it when speaking with someone important, especially if you did not know the person well. Stuff is not an offensive word, but it is an informal one.

 The next time you are reading, watching, or listening to something in English, try to notice the noun + infinitive structures we have discussed today.

 Ask yourself how speakers use these structures in different situations. Try using these structures whenever you get the chance.

 Remember: practice is the best way to improve.

 And now it's time to take a break. Until next week!

 I'm John Russell.
 And I'm Alice Bryant.

<
/strong>


--------------------------------------------------------------------------
 拙著(赤井田拓弥著)『TOEICレジスタードマーク L & R Test 完全模擬問題』シリーズが好評です。ぜひお求めください。

mogi-conbound.jpg

 >アマゾンの Kindleアップルの iBooks楽天ブックスの電子書籍
でご購入できます。
posted by 赤井田拓弥 at 11:03| Comment(0) | 英語で英文法

2017年04月21日

TOEICレジスタードマーク L & R Testの模擬問題集を出しました。

 電子ブックで、TOEICレジスタードマーク L & R Testの問題集を2点(冊)出しました。

 『TOEICレジスタードマーク L&R TEST 完全模擬問題集 第1集』
 『TOEICレジスタードマーク L&R TEST 完全模擬問題集 第2集』

  mogi1.jpg

  
mogi2.jpg

です。それぞれ500円です。
 
 リスニングセクション100問、リーディングセクション100問の、実際の TOEICレジスタードマーク L & R Test と同じ問題数です。
 
 ですが、公式の問題指示文は付いていません。実は、使用料がとても高いのです。

 電子ブックですが、問題用紙とマークシートは株式会社ナラボー・プレスのサイトから PDFファイルを無料でダウンロードし、紙の状態で問題を解くことができます。
 音声ファイルも無料ダウンロードができます。
 
 つまり、問題を解くだけだったら、すべて無料だということです。

 ですから、数人でグループ学習をするときなど、みんなが無料で問題用紙とマークシートをダウンロードし、テストが終わったら、講師係の人が電子ブックを購入して、解答合わせや解説を読んで講義をするといったような学習をすることができます。

 申し訳ありませんが、スクリプトと解答、解説は電子ブックにしか載っていません。ご購入ください。
 下の販売店の名前にリンクが張ってあります。


 >アマゾンの Kindleアップルの iBooks楽天ブックスの電子書籍 でご購入できます。
posted by 赤井田拓弥 at 19:04| Comment(0) | 電子ブック

2017年04月18日

無料ダウンロードキャンペーン中です。


 拙著『ディクテーションのススメ』ですが、当初「無料ダウンロードキャンペーン」ができない契約をしましたが、やっぱり多くの人にディクテーション学習の効果と学習の進め方を知っていただきたいと思い、急遽、販社との契約を変更し、今日から5日間、無料ダウンロードキャンペーンをいたします。

 
 MastER というアプリも無料で使えます。本の中に利用方法が書いてあります。

 こちらからどうぞ。

41mIBEghagL.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 17:39| Comment(0) | 英語で英文法

2017年04月17日

under と over と more than


    43.jpg

 バーの入り口にある掲示です。
 No One Under 21 Allowed は「21歳未満は入店禁止」 ですね。

 アメリカでは、ほぼすべての州で、飲酒できるのは21歳以上です。バーでの飲酒だけでなく、スーパーやリカーストアなどでアルコール類を買うときも、次のように聞かれ、ID を求められます。

 May I see your ID or something that tells your age?

 お酒を買いに行ったり飲みに行ったりするときは、パスポートなどの身分証明を持っていきましょう。

 親の使いで酒類を買いに行くこともできません。筆者は昔、コンビニの外にいた高校生くらいの子に 「これでビールを買ってきてほしい」 と金を見せられたことがありましたが、もちろん断りました。

 特に日本人は、実際の年齢よりも若く見られ、かなりの年齢の人でも ID の提示を求められることが多いようです。

 女性の場合は、かなり年配の人にも ID の提示を求めることがあります。でも、多分に社交辞令であったりします。

 アメリカでは、アルコール飲料を自動販売機で売ることは違法です。

 ちなみに、under は「(年齢が)…に満たない、…に達しなくて」という意味ですから、「…以下」ではなく「…未満」です。
 under 21 はまだ21歳になっていないわけですね。

 over は逆に 「〜より上」 ということです。ですから、over 21 は「22歳以上」となります。

 more than も同じように「〜より上」です。ですから、more than one は「2以上」ですね。

 下の写真は、TOEIC 第1回目(1979年12月実施)の解説本です。解説の執筆者の名前は、当時かなり著名な先生でしたけど。

    more-than-one.jpg

 more than one ですから 「2つ以上」 です。

 語義が1つもない辞書はないでしょうから、解説を書いているときに 「あれ?」 と思わなかったのでしょうか。

posted by 赤井田拓弥 at 15:24| Comment(0) | 電子ブック