2017年03月10日

言語習得能力に「臨界期」なんてあるのか?


 3年前になりますが、青梅市の梅園が病気で伐採されるというので見に行ったことがあります。そのとき、2組の東南アジア系の母子を見かけました。

 母親は共に30代の半ばあたりで、子どもたちは共に小学校の低学年という感じでした。母親同士は彼らの国の言葉で話していましたが、子どもたちは日本語で話していました。

 この光景から、「子供は言語習得が速いからなぁ」と言うのは早計です。

 同じ国の出身であろう2人の大人が連れ立ってやってきたことから察するに、この母親二人は、ふだんもいっしょに行動することが多く、あまり日本人と接触していないのでしょう。

 逆に、子どもたちはおそらく日本の小学校に通っているのでしょう。そして、学校では当然、日本語で授業を受け、ほかの日本人の子どもたちと日本語を使って接していると思われます。

 この親子の場合、日本語に接する時間が圧倒的に違うはずです。

 また、海外赴任した家族のうち、親よりも子のほうが英語を早くうまくしゃべれるようになったという話もよく聞きます。これも結局、上記のようにどれだけ多く現地の人たちと接したかでしょう。

 それと、子どもたちが早くうまく英語をしゃべれるようになったとは言え、その内容を話題にする人はあまりいませんね。


 第二言語習得(母語でも)の時期を話題にするときによく使われるのが、レネバーグが1967年に主張した「言語獲得の臨界期」説ですね。
 それによると、言語の臨界期は10〜12歳前後であり、その時期を過ぎると急速に言語習得能力が衰えていくそうです。

 そして、英語教育者の中には、この説を取り上げ、なぜか「10〜12歳を過ぎると外国語の習得ができなくなる」という話をする人もいます。

 「臨界期」を検索したところ、Wikipedia に次のようなくだりがありました。

 2000年にRobert DeKeyserがハンガリー人の移民コミュニティで、英語能力とアメリカ合衆国への移住時期、および外国語学習に関する適性の調査を行った結果によると、16歳以前にアメリカへ移住した人は、みな高い英語力を示したのに対して、それ以降の年齢で移住した人については個人の素質によって言語能力に差がみられたという。

 これも、まったく上で述べた同じ理由からだと思います。

 16歳以上になると、だれでも無差別に接触して会話する傾向が少なくなってきます。自分と考えが同じだったり似ていたりする人たちと接触しがちです。
 ですから、16歳以降に移住すれば、現地のアメリカ人たちより、いっしょに移住した自国民たちとの接触がより多くなるでしょう。そうすれば、当然、上の Wikipedia の結果になってしまうわけです。
 
 言語の臨界期説で取り上げられる説に、オオカミに育てられた姉妹の話がありますね。
 
 親に捨てられてオオカミに育てられ、発見されたあと人間に育てられたが、結局、言葉をはっきり話すことができなかったという話です。

 この話は、一般人の言語習得能力とは関係がないのではないでしょうか。

 なぜ親はかわいいはずの子どもたちを捨てたのでしょう? 知的能力があまりにも低すぎて、親は悲観したのではないでしょうか。
 つまり、生まれてからそのまま育てられても、言語習得すらままならなかったのではないかと、私は勝手に考えています。


 さて、近年、外国語習得能力は、大人と子供のあいだに差がないという説が有力になってきています。ある学者によると、逆に50歳を超えた大人のほうが、外国語習得能力に優れているとも言われています。
 
 これは、理性で考えながら外国語を習得していくからです。
 つまり、どの時点でどのような学習が効率的なのかを判断できるからです。

 大人の人で、現在、英語をマスターしたと言われている人たちの多くは、10〜12歳以前に英語を学んだ人ではないはずです。
 逆に、例えば芸能人の家族でインターナショナルスクールに通った人に、英語学会などで活躍しているという話を聞きません。


 どの時点でどんな学習が効率的なのかは、この本をご覧ください。


4ginou.jpg

2017-03-10.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 12:29| Comment(0) | 英語で英文法

英語で英文法を学ぶ ― amplifier と downtoner の使い方

 Voice of America の Everyday Grammar という番組を聞きましょう。やさしい、ゆっくりとした英語です。

 きょうは「amplifier と downtoner
」 です。
amplifier と downtoner が日本語の文法用語で何を指すのかは、聞いて判断してみましょう。

 スクリプトを下に示します。下のシークバーをクリックすると音声が流れます。昨日よりちょっと長く8分30秒あります。

 また、いろいろな文法用語を英語で覚えることもできます。文法用語は、辞書で調べて、日本語での用語と併せて覚えておきましょう。
  また、英語で英文法を学ぶと、意外と日本語で学習するよりも理解しやすいことが分かるのではないでしょうか。
 右に見える『会話に活かす英文法を英語で学ぶ本』も、どうぞご活用ください。

 音声が低いなと感じたら、左のスピーカーマークの「」で調整してください。



 From VOA Learning English, this is Everyday Grammar.

 Imagine you are at a business meeting.

 You have just presented a plan to your business partners. They want to give suggestions for how to make your plan better.

 The conversation might sound like this:

  A: I really like your plan!
  B: Yes, it's pretty good … but it needs a little revising.
  A: Of course, you did a very good job. But you might need to consider a few more points.
  B: Yes, it will probably be more effective if you highlight the staffing requirements and expand on the budget.


 Whether you like business or not, this conversation gives you important grammar information that you can use in just about any situation.

 In particular, the exchange offers examples of some of the most important adverbs that you will hear in everyday speech.

 This week, we will explore special adverbs that increase or decrease the force of a statement. These adverbs are sometimes called amplifiers or downtoners.

What are adverbs? What are amplifiers?

 Adverbs are words that modify, or change, the meaning of adjectives, verbs, and sometimes entire sentences. They are often used to show time, a way of doing something, place, or degree -- a measure of something.

 Some kinds of adverbs act as amplifiers. The word amplify means to make something stronger. So these amplifiers make the meaning of an adjective or sentence stronger.

 In American English, amplifiers have three common uses: increasing intensity, expressing certainty and showing precision. This information comes from Susan Conrad and Douglas Biber, two experts on English grammar.

 Words such as really and very are among the most common that increase the intensity of a statement. They usually modify an adjective.

 Take the adjective good, for example. Imagine you are trying some food that your friends cooked.

 Perhaps you want to tell them, "This food is good."

 You could increase the intensity of your statement by using the word very:

  "This food is very good."

 You could express certainty by using an amplifier such as definitely:

  "This is definitely the best food I've ever had."

 Or you could use an amplifier to show precision:

  "At exactly 5:13 p.m. on February 6th, I ate the best food I've ever had in my life!"


What are downtoners?

 Other kinds of adverbs act as downtoners. Downtoners are the opposite of amplifiers. They reduce the force of a statement or express doubt. In other words, they set the tone of a statement. You can remember the term 'downtoner' by thinking about what it does: toning down a statement.

 Downtoners have three common functions: reducing intensity, expressing doubt or showing imprecision. Three common downtoners in conversational English are pretty, maybe and probably, say Conrad and Biber.

 How can you use downtoners to change the meaning of the statement?

 Take our earlier example: "This food is good."

 If you wanted to reduce the intensity of your statement, you could say:

  "This food is pretty good."

 You could show doubt, even raise questions, by saying:

  "This is maybe the best food I've ever had."

 Or,

  "This is probably the best food I've ever had."

 These statements express someone’s opinion about the food. But they are not as strong as the example sentences that use amplifiers. In other words, saying "This food is pretty good" is not as forceful as saying, "This food is really good."

Amplifiers and downtoners in a conversation

 So what does this discussion of food have to do with the exchange we heard at the beginning of this report?

 Let's think back to the business conversation:

  A: I really like your plan!
  B: Yes, it's pretty good … but it needs a little revising.
  A: Of course, you did a very good job, but you might need to consider a few more points.
  B: Yes, it will probably be more effective if you highlight the staffing requirements and expand on the budget.


 You might notice that one of the speakers uses amplifiers such as really and very. She is using these words to give more force to her statement. She is probably more excited about the business plan.

 The second speaker uses downtoners -- the words pretty and probably, for example. So you might suspect that he is more guarded about the plan. Maybe he has doubts that the new plan will be better.

 The amplifiers and downtoners they use are also among the most common ones that you will hear in American English. These words are useful in a number of settings. They are polite and acceptable in almost any situation.

Amplifiers and downtoners in writing

 Remember this: the amplifiers and downtoners we have discussed today are common in conversation.

 Different amplifiers and downtoners are more common in writing. For example, you are more likely to read words such as indeed, certainly, or approximately than you are to hear them in everyday conversation.

 If you use these amplifiers and downtoners in conversation, your speech will take on a very official sound. While that might be a good idea in a formal presentation or speech, it might not be the best choice for an everyday conversation.

 Amplifiers and downtoners are not always necessary to use in a sentence. But when you see or hear them, you are getting information about the thoughts and feelings of another person. You are learning about how strongly they feel about something.

 And that's the end of this really long report!

 I'm Jill Robbins.
 And I'm John Russell.


16114977_1164982640289108_3875908374270809999_n.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 10:49| Comment(0) | 英語で英文法

2017年03月09日

Let us eat your lettuce. の場面に、人は何人いる?


 農園でレタス栽培をしている人が1人いました。そこへ人がやってきました。そして、こう言いました。

 Your lettuce looks very delicious. Let us eat your lettuce.

  さあ、この場に人は最低何人いるでしょうか。


 下の辞書の写真を見てください。

let-us.jpg


 
lets.jpg


 1つには「let's は let us の短縮形」とあり、もう1つには「let's do は正式には let us do」だとありますね。

 
 しかし、ふだんの日常会話では、let's let us は区別して使われています。

 Let's go. と言うと、そこにいる全員(2人以上)が出かけます。
 Let us go. と言うと、そこにいるうちの何人かを残して、話し手を含む何人かが出かけることになります。

 ですから、「辞書には let's は let us の短縮形だと書いてあるから、同じ意味ではないのか?」と主張しても、「いや、実際には違う意味で使われている」という返答が返ってくるでしょう。

 
 では、私の過去の記事(3月8日)の「英語で英文法を学ぶ ― 時制3(完了形)」のところを見てください。ここをクリックすると行けます。

 まん中よりもちょっと下の Past Perfect のところで、次のように言っています。

  Now let us look at the past perfect.

 学習者(リスナー)といっしょに学習を進めているわけだから、Now let's look at .... のほうが適しているように思いませんか。

 ひとつには、Voice of AmericaLearning English という番組が「1分間に100語」という、ナチュラルスピードの3分の2程度のゆっくりとした英語であることが、let us を使っている理由の1つだと考えられますが、下に掲げた3月9日(今日)の記事では、 Let's start with ....Let us move on to .... の両方が使われています。


 結論です。

 私どものオフィスのアメリカ人によると、let uslet's の正式用法として使われることも多いそうです。例えば、アメリカの大統領に側近が、

  Let us go now.

 と言ったら、大統領も含めて、そこにいる全員が「行く」意味合いになるのだそうです。


 で、冒頭のクイズ。

 ここでは、your がミソですね。食べるのは、栽培者を除いた人たちで、少なくとも3人以上はいることになります。もし、Let us eat the lettuce. と言ったら、「2人である」ことも考えられます。



marmalade.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 12:00| Comment(0) | 電子ブック

英語で英文法を学ぶ ― 時制4(完了形-2)

 Voice of America の Everyday Grammar という番組を聞きましょう。やさしい、ゆっくりとした英語です。

 昨日に引き続き 「時制」 で、きょうは「完了進行形
」 です。
 スクリプトを下に示します。下のシークバーをクリックすると音声が流れます。昨日よりちょっと長く7分40秒あります。

 また、いろいろな文法用語を英語で覚えることもできます。文法用語は、辞書で調べて、日本語での用語と併せて覚えておきましょう。
  また、英語で英文法を学ぶと、意外と日本語で学習するよりも理解しやすいことが分かるのではないでしょうか。

 音声が低いなと感じたら、左のスピーカーマークの「」で調整してください。




 For VOA Learning English, this is Everyday Grammar.

 This is the last in our four-part series on verb tenses. Make sure you see our episodes on progressive and perfect tenses before trying to learn the perfect progressive tenses.

 For English learners, the perfect progressive tenses can be scary.

 But they are more straightforward than you might think.

 When you talk about grammar, perfect means “complete,” and progressive means “unfinished.”

 Perfect progressive sentences focus on the completion of an action that is, was or will be in progress.

 Think about this sentence in the past perfect progressive:

 “I had been waiting for three years by the time my application was approved.” In this example, the emphasis is on duration of the first verb waiting.

 Perfect progressive tenses often answer the question how long? There are three perfect progressive tenses:
  the present perfect progressive
  the past perfect progressive
  and the future perfect progressive



Present Perfect Progressive

 Let’s start with the present perfect progressive. You form the present perfect progressive by using have been (or has been) followed by an -ing verb.

For instance, “She has been sitting in class since early this morning.” The action, sitting, is continuing. But the emphasis is on the completed part of the action. Here are some more examples:

  I have been waiting for 20 minutes.
  I have been studying since I was a child.
  It has been snowing all day long.


 In all of these sentences, the emphasis is on how the finished activity relates to the present.

 A time reference is not required to use the present perfect progressive. Sometimes we use it to refer to recently completed actions.

 Imagine your friend comes to your house with red, puffy eyes. You might say, “Your eyes are red. Have you been crying?”

 Or you notice that a co-worker is looking tanned. You might ask, “You look tanned. Have you been sunbathing?”

 Remember that stative verbs cannot be used in any progressive tense. A stative verb describes unchanging situations, often mental states such as realize, appear and seem.

 You should not say, “I’ve been knowing you for a long time.” If you have a stative verb, use the present perfect: “I have known you for a long time.”

 Almost all native speakers will contract, or shorten the pronoun that comes before have or has. “I have been” will sound like, “I’ve been.”

 Expert grammarian and teacher Betty Azar tells English learners: “Don’t expect slow, careful pronunciation of helping verbs in normal conversation.”


Past Perfect Progressive

 Let us move on to the past perfect progressive. The past perfect progressive emphasizes the duration of a past action before another action happened.

 For example, “I had been smoking for 10 years before I quit.”

 You form the past perfect progressive by using had been followed by an -ing verb.

 Notice how the past perfect progressive often includes the adverbs for and since to express duration. You will also see the adverbs before, when or by the time used to introduce a second action.

 The second action uses the simple past tense. Here are some more examples:

  I had been studying for 12 years by the time I graduated from high school.
  She had been living there since she was a child.
  He had been teaching for 12 years before he was certified.


 The past perfect progressive can also describe a recently completed action. For instance:

  My clothes were wet because it had been raining.
  He was talking loudly because he had been drinking.


Future Perfect Progressive

 We will end with the future perfect progressive. The future perfect progressive describes the duration of an action as it relates to a future event.

 There are two ways to form the future perfect progressive. Both require two actions. One is by using “will have been” plus a present participle, followed by “when” or “by the time” and the second action.

 For example, “I will have been working for 35 years by the time I retire.” Notice that the second planned action, retire, is in the simple present. The simple future is never used with the second action.

 The other way to form the future perfect progressive is using “be going to have been” plus a present participle followed by “when” or “by the time” and the second action. The order of the actions can be reversed with either form.

 For example, “By the time the plane arrives, I am going to have been waiting for five hours.”

 With the future perfect progressive, it is not always clear if the ---ing verb started in the past or will start in the future. For example, “The doctor will have been working for 24 hours by the time his shift is finished.”

 The future perfect progressive is rare because it is difficult to know the duration of an activity relative to another future event.

 And those are the three perfect progressive tenses in English.

 We have been talking about verb tenses for several weeks now. It is time to move on to other topics. We leave you with a present perfect progressive song by the music band "Foreigner."

   I’ve been waiting for a girl like you
   To come into my life

 I’m John Russell.
 And I’m Jill Robbins.


春は右から来ます。

DSC01265.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 09:50| Comment(0) | 英語で英文法

2017年03月08日

日本人は英語をしゃべるとバカになるのか。

 先週、あるシンポジウムがあり、聞きに行きました。
 その中で、一人の登壇者の先生(東大教授)が、次のような話をされました。

 「7,8人の日本人だけしか参加していない会議で、みんなが英語で話すことがあります。すると途端に知能指数が半分くらいになったような内容しか出てきません。」

 これを聞いて思い出すのが、いくつかの大学で行われている英語弁論大会です。

 ある女子大学で行われる弁論大会には、私のオフィスでは、毎回(過去10年くらい)賞品を提供しています。一度も「見に来てください」という誘いもなかったので、3年ほど前に、こちらから「見せてほしい」という要望を出して見に行きました。

 そこで思ったのは、弁論の内容が大学生にしては幼稚だなと感じたことです。参加者たちは全国の地方大会を勝ち抜いてきた精鋭ばかりです。

 すばらしい英語の発音とパフォーマンスで、一見(聴いてすぐは)すごいなぁという印象なのですが、聴いていくうちにだんだんと「あれ、この内容だと、日本語にすれば中学生の弁論大会のレベルでは?」と思えてしまいました。

 「何をしたか」という事実を述べるだけの話が多く、大学生の主張であれば、もう少し踏み込んだ考察がほしいものだと思ったのでした。

 思うに、これは弁論の原稿を書くときに、おそらく初めから英語で考えているからではないでしょうか。昔から Think in English と言われていましたし。

 たぶん日本語で書き始めてはいけないと思う学生も多いのでしょう。

 しかし、哲学者・思想家の内田樹氏は次のように言っています。

 「母語はあらゆる知性的・情緒的なイノベーションの培養基である。私は母語によってしか『喉元まで出かかったアイディア』を言葉にすることができない。後天的な努力によって英語で読んだり、書いたり、話したり、場合によっては考えたりすることも可能だが、英語で“創造する”ことはできない。」

 つまり、弁論の原稿を書く際も、やはり日本語で書き始めたほうがよいように思います。それを英訳し、ネイティブの先生あるいは友人にチェックしてもらいながら推敲を重ねていけば、もっと掘り下げた深い内容の主張になるのではないでしょうか。

 この大学での弁論大会のあと、東京大学で行われた弁論大会も聞きましたが、同じようなことを感じました。

 中学校や高校の教科書を見ても、英語で書かれているために立派な内容に思えてしまいますが、日本語に訳してみると、まるっきり幼稚です。
 例えば、次のような内容です。中学2年の教科書ですが。

 I'm a junior high school student. Today, I went to the park with my friend Taro. I played soccer with him in the park. It was fun.

 これを日本語にすると、「きょう友だちと公園に行きました。サッカーをしました。楽しかったです」となり、まるで小学2年生の作文ですね。

 語彙力が足りないのだから仕方がないとも言えますが、やさしいレベルの単語を使っても、内容の高い文は作れるはずです。アメリカの大統領の演説などは、やさしい単語ばかりです。

 アメリカの国民は、英語の母語話者ばかりではないからです。
posted by 赤井田拓弥 at 18:39| Comment(0) | 生活英語