2018年08月22日

昭和39年の東京オリンピックを日本に呼んだ日系2世の話


 この本を読んだ。600ページ近いが、一日で一気に読んだ。ずっと興奮しながら読んだ本は、最近あまりなかったが。

20180820130810.jpg
 

 日系人の Fred Isamu Wada (フレッド・勇・和田)という人の話。「とてつもなくすごい人」の言葉しか思い浮かばない。

 フレッド・イサム・ワダさんについて詳しくは検索されたし


土曜日に読んだ本で興味深かった件の1つ。

 6行目、「四人」に「よつたり」というルビが振られている。
 (写真は、クリックすると拡大します)

20180820130622.jpg


 「ひとり、ふたり」のあとは「みたり、よたり(よったり)、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり、とたり(とおたり)」のように続く。

 この言い方は、戦後すぐの頃までは、割と一般的に使われていたようで、フェイスブックでは、多くの友だちが「おばあちゃんは使っていた」とか「近所の年配の人たちは今でも言う」などのコメントを寄せてくれた。


 この本に、日系2世の主人公が「オレは産婆の亭主だから」と言うくだりがある。

 奥さんも日系2世だが、小さいときから19歳まで日本で育ったので日本語もよく知っており、「産婆の亭主じゃなくて、髪結いの亭主でしょ」と返すところがおもしろい。

 私がアメリカでお世話になった日系2世の人も、ときどき勘違いで使ったりしていた。

 私たちが「メロンは大好きです。メロンには目がないんです」と言ったりすると、「なぜ好きなのに目がないの。目があるから好きになるんじゃないの」と返してきたりした。

 また、この本には『羅府新報』の記事がよく引用されている。

20180820130549.jpg


 私がアメリカに滞在した1970年代の半ばには、当然まだインターネットはなく、また私が住んだ砂漠の町には日本の雑誌などを置いてある書店もなかったため、日本のことを知るのは、日本からの手紙と、この『羅府新報』が頼りだった。

 上に書いた日系2世の人のお宅に夕食に呼ばれたときなどに、何日分もむさぼるように読んだものだった。

posted by 赤井田拓弥 at 12:36| Comment(0) | 雑文

2018年08月10日

boyfriend、girlfriend の使い方


 そろそろ死語かもしれないが、「ボーイフレンド、ガールフレンド」という日本語がある。恋人ではない異性の友人のことを、気軽にボーフレンド、ガールフレンドと言ったりする。「私は、まだ恋人(カレ)はいないけど、ボーイフレンドだったら何人もいるわ」などと。

 それで、女性が英語圏の人に、同じような意味で I have many boyfriends. と言ってビックリされたりする。

 英語では、女性が同性の友人のことを my girlfriend と言っても何の差し支えもないが、男が my boyfriend と言うと特別な関係の男性を指すことになる。
 
 また、「親友」のつもりで同性の友人を my intimate friend と言うと、特別な関係の人を指す。

 やっかいなのは、和英辞典の「親友」に intimate friend が載っていたりすることである。40年ほど前の和英辞典にはあった。


「my + 形容詞 + 名詞」の語順

 my best friend とか my close friend では語順を間違える人は少ないが、dear を使うと dear my friend の語順で書く人が多い。
 
 フェイスブックで、ときどき Dear my facebook friends という呼びかけを見ることがあるが、My dear facebook friends が正しい語順である。

 手紙で「○○様」の感じで、英語では Dear Mr. Smith のように書くので、Dear は最初に来るものと思い込んでいるのであろうが、dear は単なる形容詞なので、人称代名詞よりあとにくる。


cosmos10022010-13
posted by 赤井田拓弥 at 09:48| Comment(0) | 雑文

2018年08月07日

「いる」と「ある」


 Yahoo のニュースで、東日本大震災の4か月後に生まれ、1年生が1人だけの小学校に入学した女の子のことを放送していた。

 その子が動画の中で「友だちがあるし」と言っていた。
 
 今80歳くらいから上の人たちが書いた文を読むと、「そう言う人もあろうが」とか「そんな人もあった」のように、人に対しても「ある」と表現しているのが多い。

 童謡『七つの子』でも「かわいい七つの子があるからよ」のように「ある」である。

 今では「いる」が主流だと思うが、もしかして東北の方では「ある」が残っているのだろうか。

posted by 赤井田拓弥 at 22:45| Comment(0) | 雑文

2018年08月05日

Indian summer は、本当に「小春日和」か?



 「小春日和」を和英辞典で見ると、訳語のひとつに Indian summer がある。そして、英和辞典で Indian summer を見ると、「インディアンサマー、小春日和」と出てくる。

 「インディアンサマー」が何なのか感覚的に日本人に定着していないのに、この語義を出しても意味がないと思うが。

 さて、私は Indian summer の訳語の「小春日和」には懐疑的である。

 「小春日和」は、晩秋や初冬の穏やかに晴れた、ぽかぽかと気持ちのよい日のことをいう。

 そして、このリンク先にある英文を読む限り、「ぽかぽかと穏やかな」という感じはあまり感じられない。


 私は、カリフォルニア州南部の砂漠の町に住んだことがある。11月半ばのある日、本当に真夏かと思われるような暑い日がやってきた。これをクラスメートたちが Indian summer だと言っていた。

 砂漠の町なので、ほとんど雨が降ることがなく、その暑い日の前にも、穏やかに晴れた日が続いていたが、だれも Indian summer だと言った者はいなかった。

 英語の definition に、”a period of warm days in late autumn or early winter” があり、これが基になって「小春日和」という日本語の語義がうまれたのではないかと、私はにらんでいるが、この warm が曲者である。

 私たち英語学習者の感覚では、warm は「暖かい」である。そして、持ちよい暖かさと思う人がほとんどであろう。

 しかし、下の写真で見るように、摂氏39度でも、very warm である。ネイティブ・スピーカーが感じる warm は、もっと気温が高いところまで含むのではないかと、私は思っている。

スクリーンショット-2018-07-24-12.16.58.jpg


 ある辞書で Indian summer の語義として ”a return of hot days in late autumn or early winter” のようにあるのを見た記憶もある。


cosmos10022010-3
posted by 赤井田拓弥 at 15:00| Comment(0) | 生活英語

電子ブックの無料ダウンロード


 ここで、拙著の1つを無料ダウンロード中です。

ゴーヤ09122010-2
posted by 赤井田拓弥 at 09:01| Comment(0) | 雑文

2018年08月04日

at night には、なぜ冠詞が付かないか。


 昨日の記事で、at nightin the night の違いを書いた。
 そして、in the night には冠詞が付いており、at night には冠詞が付いていない。ほかの時間帯(朝、午後、夕方)を表す in the morning, in the afternoon, in the evening には、いずれも冠詞が付く。

 ところが、at night には冠詞が付かない。なぜか。 at the morning については、ここをご覧あれ。

 day and night(昼も夜も)に冠詞が付かないことからも判断できるように、daynight は、「明るさ、暗さ」という機能を表す場合には、冠詞を付けない。
 そして、in the night のように「時間的長さ」を表すときは冠詞を付ける。


at night は、なぜ at ?

 昔の人たちは、暗くなったら寝て、明るくなったら起きるという生活なので夜の行動は限られ、「夜は短い点のようなもの」という認識だった。なので、at night(暗い一瞬) という表現が生まれた。

 つまり、「>暗くなったので寝た。目が覚めたらもう明るかった。夜は一瞬だ」という感覚だったのだろう。




cosmos09122010-1
posted by 赤井田拓弥 at 15:20| Comment(0) | 生活英語

2018年08月03日

at night と in the night


 通常、私たちは in the morning, in the afternoon, in the evening, at night のように覚えており、night にも in が使われることには馴染みがない。

 しかし、Strangers in the Night (夜のストレンジャー)という歌もあり(フランク・シナトラ)、in the night という表現はよく使われるのである。

 『[例解]現代英語冠詞事典』(大修館書店)によると、in the nightat night の違いを次のように説明してある。

  in the night は1日の区分としての「夜間」に
  力点が置かれ、at night は夜の「働き」(=暗闇)を表す
  ので、「夜陰」に力点がおかれる(p.286)」。

 以前にあるフェイスブックで、夜にのんびりと一人で飲んでいる様子を、I’m drinking at night. と英語で書いてあるのを見たが、上の説明にあるように「夜陰」に力点が置かれることが強調されるという意味合いになれば、I’m drinking at night. は「夜暗くなるのを待ってこっそりと飲んでいる」といったようなニュアンスになりかねない。

 やっぱりのんびりと飲むのであれば、in the night を使って、

  I'm drinking Scotch on the rocks in the night gazing at the moon.
 「夜が更けて、月を眺めながらスコッチのオンザロックを飲んでいる」

のように、静かに夜が更けていくのを楽しんでいる感じを出したい。

 at night が「夜陰を強調する」ということから考えると、He visited me at night. は「暗くなるのを待ってこっそりと会いに来た」というニュアンスが出てくる。

cosmos10022010-1

posted by 赤井田拓弥 at 09:49| Comment(0) | 英語の表記法