2011年03月08日

季節の行事のこと


 このあいだの日曜日、3月6日、は啓蟄でしたが、暖かい春まではもうちょっとかかりそうですね。

 日本の啓蟄に似たもので、アメリカには Groundhog Day というのがあります。けっこう大きな行事として祝典のようなことまで催したりします。こちらをご覧ください。
 Groundhog Day は2月2日で、日本よりは1か月ほど早いのですけどね。groundhog というのは、もぐらの仲間ですが、けっこう大きな動物です。

 この日は、冬眠していたグラウンドホッグが地面に顔を出す日で、次のような言い伝えがあります。

  もしこの日が晴れていると、グラウンドホッグは地面に映る
  自分の影を見てびっくりし、穴ぐらに戻ってしまうため、そのあと6週間は冬が続く。つまり、この年は春が来るのが遅い。

  もしこの日が曇っていると、グラウンドホッグは安心して地上に出てきて這い回るので、この年は春が来るのが早い。


 さて、この Groundhog Day を元にしたジョークです。

   The teacher told her class that today was Groundhog Day.

   There was silence and then a boy in the back of the class piped up,
    "Boy, am I glad I brought my own lunch!"


   先生が生徒 (児童) たちに「今日はグラウンドホッグの日で
   す」と言いました。すると、教室はしーんとしていましたが、
   教室の後ろのほうにいた男の子が素っ頓狂な声でこう言いま
   した。
   「ああ、よかったよ、今日は自分の弁当を持ってきて」


 この小学校では、毎朝、先生が給食の献立を児童たちに話していたわけですね。
「今日はポークの日ですよ」、「今日はビーフの日ですよ」、「今日はチキンの日ですよ」 みたいに。

 それで、この男の子は、「グラウンドホッグの肉を食べさせられる」と思ってしまったわけですね。



 早く春が来るといいですね。
 
posted by 赤井田拓弥 at 20:38| Comment(0) | 臨時増刊号