2011年05月11日

聖書の表現を見てみましょう。

a crown of thorns いばらの冠
 ―『新約聖書』より

英語の表現を見てみましょう。
・what was put on Jesus's head on the way to the crucifixion
 イエスが十字架でのはりつけに向かう道で頭に載せたもの

→ 1. something which brings attention and trouble but no benefits

  注目を浴びたり問題を引き起こしたりしても何の利益ももたらさないもの

→ 2. a title which lacks authority

  権限を伴わない肩書き

いばらの冠

 イエスが、ユダヤの王を称して民衆を扇動したとして裁判にかけられた時、人々は彼をあざけっていばらの冠を頭に載せました。
 そこから、a crown of thorns は 「注目を浴びても役に立たず苦労ばかり招くもの、権限の伴わない肩書き」 などの意味で用いられます。

A: After Connie won that beauty pageant, she lost her job at City Hall.
B: How did that happen?
A: The city found out she doesn’t live in the city.
B: What’s wrong with that?
A: It’s not allowed. She lied about her address when she got the job.
B: The title must seem like a crown of thorns by now.
A: Yes, I bet she’s sorry she joined the contest in the first place.

A:あのビューティー・コンテストで優勝して、コニーは市役所をクビになったって。
B:どうしたというの?
A:彼女が市内に住んでいないこと市にばれたのよ。
B:それのどこがいけないの?
A:認められていないし、彼女はその仕事を受けるときに、住所をごまかしたんだよ。
B:その肩書きも今となっては、「いばらの冠」ね。
A:うん。コンテストで優勝したことを彼女は後悔しているよ、きっと。


 ちょっと時季外れですが、藤の花を。

huji2011.jpg


 もう週半ば。早いですね。頑張っていきましょう。

 
posted by 赤井田拓弥 at 09:56| Comment(0) | 聖書の表現