2019年02月22日

『時の流れに身をまかせ』

仮定法過去完了の表現

 テレサ・テンの代表作『時の流れに身をまかせ』という歌を英訳してみた。
 日本の歌謡曲の歌詞には「あの時こうしていれば、今はこうなのに」とか、逆に「あの時こうしていなければ、今はこうではないのに」のようなくだりが多い。
 これを英語に直すと、仮定法過去完了仮定法過去を組み合わせた文になる。

 『時の流れに身をまかせ』を英訳してみたが、日本語の歌詞をそのままここに書くのは著作権侵害に当たる可能性もあるので、ふつうの日本語に書き直して紹介しよう。

 「もしあなたと過去に会えなかったとしたら、私は今、何をしていることだろう」は、

 If I hadn't met you, what would I be doing?

となる。If 節が、過去の事実とは異なることを仮定する「仮定法過去完了(had + 過去分詞)」になっている。そして、主節(ここでは疑問文)は、現在の事実と異なることを仮定する「仮定法過去」になる。

 この If 節が仮定法過去完了で主節が仮定法過去という構文は、小田和正の『ラブストーリーは突然に』のさわりの部分でも使える。

 If I hadn't met you
 on that day, at that time and place
 We wouldn't know each other
 for now and ever


 では、『時の流れに身をまかせ』の1番の歌詞を訳したものをご照覧あれ。
 
 If I hadn't met you
 what would I be doing?
 Might I have commonly loved someone
 and lived an average life?
 I just want to be stained
 in your color as time goes by
 I wouldn't mind giving up
 my one and only life
 So, please let me be with you
 Now I can't love anyone but you


posted by 赤井田拓弥 at 11:13| Comment(0) | 雑文