2013年11月10日

赤井田農事通信 ― 立冬を過ぎて


 立冬を過ぎて、私の畑仕事もそろそろおしまいです。
 冬前の最後の大きな作業は、エンドウ類の種まきです。もう少しあとでも間に合うのですが、ちょっと仕事も忙しくなりそうなので、昨日、精出して終わらせてしまいました。おかげで、今日は、腰やら筋肉やら、体じゅうが痛くて、散歩にも行けません。

 それで、今日は、火鉢に火を熾して、ジンジャーエール作りです。焼酎で割って飲んでもいいかなと。


20131110-zen.jpg

 これが、今の我が畑のほぼ全景です。
 手前の、支柱などが置かれている左側が少しだけ何も植えずに残っていますが、これは来年のジャガイモ用です。その左のトンネルの中は、小松菜です。今種まきをすると、正月の頃にちょうど柔らかい小さな小松菜が育ちます。
 このトンネルの左の緑は、人参白菜春菊です。その左に、野良坊が少し見えます。



20131110-nora.jpg

 長いトンネルと左のブロック塀のあいだに植わっている苗は、野良坊です。3月の半ばから4月いっぱいくらい、つぼみを搔いて食べます。
 長いトンネルの中は、ほうれん草水菜です。長いトンネルは、18メートルあります。三段跳びの世界記録とほぼ同じですね。

 そして、この長いトンネルを抜けると、そこは雪国です。



20131110-en.jpg

 エンドウ類です。いちばん左が絹さや、その右がスナップエンドウで、右の2列はグリーンピースです。
 不織布がかけてあります。これは春先までこのままです。 不織布をかけるのは、まず鳥に豆を食われないようにするためで、冬のあいだの霜よけです。春になるまで外しません。

 

20131110-blocco.jpg

 この頃のブロッコリーは育ちが早く、先週はまだまだだったのが、今日は、もう食べられそうなくらいに育っています。


 農作業がだいたい終わったので、これからは、近所の野山を徘徊します。


 
posted by 赤井田拓弥 at 15:48| Comment(0) | 農事通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。