2013年04月03日

高校の英語の授業を英語でということについて


 高校の英語の授業を英語で行うということが取り沙汰されています。「使える英語を目指して」となっていますが、そもそも使える英語って何、と思ってしまいます。

 まず1つ。

 授業を英語で行うと言っても、中学を出たばかりの生徒は、どんなに単語力があっても、せいぜい2千語程度です。
 そもそも必修単語が1200語ですから。この2千語を使って生徒に分かりやすく英語で話すとなると、これはもう至難の業です。アメリカ大統領の演説原稿が書けるくらいの能力を必要とします。

 授業を英語でという流れは、「使える英語=話す英語」となっていると思います。これは、私を含めた古い世代の人たちが音声英語に不得手だったことが原因だと思います。つまり、「英語が話せない=英語ができない」という図式でしょう。

 しかし、音声言語が不得手なのは言語ができないことなのでしょうか。

 自分の言語で考えてみると、テレビやラジオの音声が聞き取れて理解できても、新聞や本を読んで理解できなかったら、情報の入手が非常に制限されてしまいます。こうしたブログやインターネットの記事も読めません。

 通常、私たちは、聞くスピードよりも読むスピードのほうがずっと速いのです。ですから、読んだほうが情報を手早く多く吸収できます。そして、人は読むスピードで思考します。思考スピードを上げたかったら、読むスピードをまず上げるべきです。

 また、読んで理解できない英語は、聞いても理解できません。もちろん、未就学児や、昔の日系一世の人たちのように読めなくても話す人はいますが、これには膨大な時間がかかっています。
 日本にいながら聞いて話すようになるためには、短い時間でそれができるようにならなければなりません。

 英語が話せるようにするには、まず読めるようにすべきです。読めるようになっていれば、聞く・話すは、その後の簡単な訓練でできるようになってきます。

 日本人の英会話力が弱いのは、読めないからです。文法力、単語力、読解力がないのにいくら音声言語に触れさせても、空回りします。


sengawa-2.jpg

 
posted by 赤井田拓弥 at 17:46| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。