2012年11月02日

津軽海峡冬景色


 今日は箸にも棒にもかからぬ話を。

 ある、英語の文法などを掲載しているサイトに、阿久悠作詞の『津軽海峡服景色』の出だし「上野発の夜行列車 降りたときから 青森駅は雪の中」のくだりを、次のように訳していました。

 When I got off the night train departing from Ueno, Aomori Station was covered with snow.

 でも、このように過去形にしてしまうと、前の晩に降り積もった雪が、もう止んでしまっているように思えてしまいますね。

 歌の情景では、夜遅くに降り出した雪が、汽車が着いた朝には、まだ激しく降っている状況だろうと思います。

 ですから、降っている状態を表す英語の表現にする必要がありそうです。

 また、「上野発の」を departing from Ueno のように現在分詞にすると、前の夜に出発していたというニュアンスが薄れるように思えます。

 ここは、the overnight train that had departed from Ueno Station のように、関係代名詞を使って過去完了形にしたほうがよさそうです。


 また、「降りたときから」を since を使った現在完了進行形にしているサイトもありました。

 It has been snowing since I stepped off the night train ....

 のように。


 でも、こうしますと、汽車を降りたときに雪が降り出して、今でも降り続いているという「過去に始まった動作や状態が現在でも続いている」状況になってしまいます。いわゆる現在完了進行形です。

 また、night train は「夜行列車」ですが、夜が明けた情景が出てこないような。

 overnight train にすると、夜を通して走ってきた汽車が、朝に着いた感じが出るかと思います。

 むずかしい。


 
 汽車を降りたときにはすでに降っていて、今でも降っている情景だと、そのまま現在進行形のほうがいいように思います。
 次のように訳してみました。

 I stepped off the overnight train that had departed from Ueno Station. It's snowing heavily over Aomori Station.


 でも、やっぱりこれだと、降りたばかりの情景になってしまいますね。
 歌の歌詞だと、汽車を降りてから少し経って、連絡船の波止場に向かっているわけですからね。


 やっぱりむずかしい。やめとこ。


 
 
posted by 赤井田拓弥 at 18:32| Comment(0) | 英語の表記法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。