2012年06月03日

赤井田農事通信 ― 水無月芒種の頃


 農作業が忙しくなってきました。昨日は、朝9時半に畑に出、帰ってきたのが7時半でした。疲れすぎると、ビールもあまり飲めないものなんですね。昨日は、なんと350ミリの缶ビール1本だけでダウンしてしまいました。


 今の畑の様子を、今日はたくさん載せました。写真はクリックすると、大きくなります。


 昨日は、まずジャガイモの土寄せです。3週間ほど前に一度、土寄せしておいたのですが、ちょっと山が低いように思えたものですから。山が低すぎると、ジャガイモが露出し、日に当たって緑色になってしまいます。緑色になったジャガイモには毒素が含まれると言います。

 ビフォー
  
potato-406022012.jpg

 アフター
  
potato-306022012.jpg

 この土寄せだけで3時間ほどかかってしまいました。10メートルくらいの畝が7列あるのです。この作業だけで、もう1日分の体力を使い切ってしまった気分でした。


 ジャガイモの花にもいろいろな種類がありますね。キタアカリや男爵など、多くが、下のようにピンク色です。

potato-206022012.jpg


 中には、こんな花もあります。これは今年初めて栽培するシャドークィーンという種類のジャガイモです。皮も中も紫色の珍しいものです。雄花がずいぶん鮮やかです。

potato-106022012.jpg


 今年はエンドウ類がよくできました。絹さややスナップエンドウはほぼ終わりですが、グリーンピースは、今がピーク。昨日収穫した分の半分以上をご近所にお配りして、残りを今日むいてみましたら、豆の状態で2リットルほど採れました。

06022012green.jpg


 下の写真の紫色のは、ツタンカーメンという名前のエンドウです。中身はグリーンピースですが、ご飯といっしょに炊くと、ご飯が少し紫色になるそうです。
 実は、このツタンカーメン、我が家のではなく、隣の畑のものです。

06022012tutan.jpg


 我が家のそら豆はしょぼい背丈で、ようやく収穫できました。まだ食べていません。今日、ゆでてビールのつまみにしようかと思います。

06022012sora.jpg


 今年エンドウ類を植えているところは、去年コスモスが生えていたところで、こぼれた種から育ったコスモスが早くも花を咲かせています。グリーンピースの蔓とのコントラストもおもしろいかと。

06022012cosmos-1.jpg


 昨日は、タマネギをすべて収穫してしまいました。この数年、タマネギの収穫量があまりよくありません。苗床の作り方を研究し直さなきゃ。

06022012onion.jpg


 夏野菜の定番、トマトが元気です。雨よけの屋根を付けたかったのですが、時間切れ。梅雨入りまでにはなんとかしなきゃ。

06022012tomato.jpg


 スイカも、とりあえず元気ですが、葉がけっこうウリバエにやられています。着果のきざしは、まだ見られません。

06022012suika.jpg


 こんな背丈ですが、ピーマンが収穫できる大きさに。苗に負担をかけないように、早めに採って喰わなきゃ。

06022012piman.jpg


 シシトウもしかり。
 
06022012shishito.jpg


 これは、金時草(きんじそう)。地方によっていろいろな呼び名があるようです。金沢のほうでは定番の野菜のようです。水前寺菜とも言うようです。

 沖縄や屋久島などではハンダマと呼ばれているようです。この苗、というか根は、屋久島の人が送ってくださったものです。

06022012kinji.jpg


 これは、ふうせんかずらです。去年こぼれた種が芽を出していました。

06022012husen.jpg


 そして、最後。畑のまわりに植えたコスモスが少しずつ花を付けています。これからの畑仕事の癒しになってくれそうです。

06022012cosmos-2.jpg


 それでは。

 


posted by 赤井田拓弥 at 18:44| Comment(0) | 農事通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。