2011年11月14日

赤井田農事通信 ― 立冬から1週間 (その2)

 
 昨日撮った写真が残っていますので、載せてしまいます。


 なすびは、この写真を撮ったあと、片付けてしまいました。11月半ばまでよく頑張ってくれました。まだ見た目には、つややかできれいな肌をしていますよね。

11132011nasu.jpg


 なすびの茎も、こんなに元気なんですけどね。

11132011nasu-2.jpg


 これは野良坊。「野良坊菜」 ともいいます。3月初め頃からつぼみが出始め、それをかいて、軟らかい茎とつぼみを食べます。天ぷらやおひたしなど。

11132011nora.jpg


 オクラの無残な残骸です。こうなると、もう 「おくら入り」 ですね。来年用の種は取りました。

11132011okura.jpg


 9月にジャガイモの種芋を植えてみました。まだ試し掘りはしていません。葉や茎は元気ですから、少しは芋もできているじゃないかと思ってはいますが。

11132011potato.jpg


 今、春菊が旬です。「しゅんぎく」 だけに。元気で 「シュン」 ともしていません。鍋の季節です。

11132011shun.jpg


 夏のトマトが落ち、その種が発芽したものです。なんと、つぼみが出ています。でも、実が着くことはないと思います。つぼみのまわりの毛がきれいですね。写真をクリックして大きくしてご覧ください。

11132011tomato.jpg


 ブロッコリです。これはスティックのほう。もう食べ始めていますよ。ふつうの丸いブロッコリは、まだあと2週間くらい必要でしょう。
 
bloccori.jpg


 そして、畑の片隅にあるセージ。永田町のせーじと違い、こちらのセージは、清らかできれいです。

11132011sage.jpg


 それでは、新しい1週間、頑張っていきましょう。

 

posted by 赤井田拓弥 at 10:15| Comment(0) | 農事通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。