2011年09月10日

昔ながらの日本語英語


 人に本を貸すと返ってこないとよく言われます。

 ずいぶん以前のことですが、Gems of Japanized English という本を買い、おもしろかったのである人に教えて貸したところ、案の定、返ってきませんでした。

 どうしてもまた見たくなりましたがタイトルを思い出せず、いろいろと思いつく単語などを並べてインターネットで検索してみましたが、分かりませんでした。

 たまたま先日、ツイッターでフォローしている人のツィートに、ある芸術家 (大竹伸朗氏) のことがあり、「ずいぶん昔に、ある雑誌で彼に取材したことがあったなぁ」 と思い、その雑誌を取り出してみました。

 すると、その雑誌の書評欄に、自分で上記の Gems of Japanised English の書評を書いていたのでした。

 そして、アマゾンで検索したら、出てきました。「出品者からお求めいただけます」 でしたが、買いました。


 日本で生まれ育ったアメリカ人女性が、日本で見かける、あるいは、第二次世界大戦後の占領期間中の米兵たちが困らないようにと作られた標識や看板などを紹介して書いた本です。


 たとえば、次のような表現が載っています。

   Vertical Parking Only


 「縦列駐車のみ」 ということでしょうけど、この英語から得られる意味は、「車を縦に立てて駐車する」 ことになってしまいますね。

 
 こんな表現も載っています。

   Have Many Accidents Here


  「事故多発地点」 の意味でしょうけど、これでは 「どんどん事故を起こせ」 という意味になってしまいます。


 次の文もおもしろいですよ。


   At the rise of the hand policeman, stop rapidly.

 
 hand policeman は「手でできた警察官」 ですから、「手でできた警察官がむっくりと起き上がったら、速いスピードで止まれ」 という意味になるのでしょうけど、最後の stop rapidly は不可能ですね。rapidly は動く速さのことを言いますから、stop といっしょには使えませんね。


  昔、こんなギャグがありました。

  真っ暗な月夜の晩に、曲がりくねったまっすぐな道を、
  1台の車がずらりと並んで、フルスピードで止まっていた。



 stop rapidly は、この 「フルスピードで止まれ」 という意味になります。


 
 さて、今日は冬野菜の準備で畑仕事をしなければならないのですが、暑くて、とても外に出られません。

 
 
posted by 赤井田拓弥 at 14:44| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。