2019年06月24日

北海道の人が屋久島移住を決心


 もう40数年も前のことだが、ある北海道の人が屋久島に移り住んだ。
 
 その人は当時26,7歳で、北海道でお父さんといっしょに酪農をしていたが、ある冬、1週間だけの約束で休暇をもらい、屋久島旅行にやってきた。

 北海道では、酪農家たちは(酪農家に限らず農家の人たちは、だが)夏のあいだちょっと冬の準備(どういう準備なのか詳しくはきかなった)をサボると、冬のあいだに牛たちを死なせてしまうこともあるらしい。夏のあいだは一日一日が勝負だと言っていた。

 なので、夏のあいだはちょっとした旅行もままならないらしい。
 
 彼は屋久島に到着した日か次の日に、バスで島巡りをしていて屋久島に一目惚れしてしまった! そして、「この島に住む!」と決めたのである。

 その足で役場に駆け込み、「離農した畑が付いていている空家はないか」と交渉した。役場の人も困惑し、なんとか調べるから2〜3日後に来てくれと言って帰ってもらったが、彼は、もう屋久島観光は適当にやってしまい、役場に日参した。

 そして、ようやく見つかった空き家が、私の両親の家の近くである。
 
 屋久島に移住した最大の理由のひとつが、冬でも青々とした草が茂っていることだった。それを見て、「これだと、夏のあいだに少し農作業をサボッても冬に困ることがないのではないか」と思ったのだとか。
 
 親を説得し、北海道を引き払って単身屋久島にやってきた彼だったが、実は、つき合っていた女性を北海道に残していた。

 移り住んだ新居にはまだ電話が引かれていなかったため、彼は毎晩のように、隣家である(と言っても300メートルほどは離れていた)私の親の家にやってきて電話を借り、北海道の恋人に「屋久島に来て一緒に住んでくれ」と電話した。
 
 電話が終わると居残って私の父と飲むことも、よくあったらしい。父は若い飲み友だちができて、電話を借りに来るのを楽しみにしていた。
 
 そして、彼の熱意に押し切られ、ついにその恋人は屋久島にやってきて彼の奥さんになった。
posted by 赤井田拓弥 at 15:24| Comment(0) | 屋久島のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。