2018年07月31日

幼児、児童、生徒、学生


 フェイスブックなどで、「私が中学校の学生だった時」というような表現を見ることがある。「老人性口害症候群」の私は、こうしたちょっとした言葉の使い分けが気になって、何か言いたくなる。

 ざっくり述べると、小学校入学前が「幼児」、小学生が「児童」、中等教育在籍者である中学生と高校生が「生徒」、それ以上の高等教育を受けている者が「学生」である。

 ただ、幼児も、特に1歳未満は「新生児」や「乳児」で、それ以降を「幼児」と区別することも多い。また、幼稚園や保育園に通う子は「園児」と呼ばれることも多い。

 そして、小学生は「児童」だが、児童福祉法では「満18歳に満たない子供すべて」が「児童」である。また、労働基準法では、15歳以下が「児童」である。

 ただ一般的に話したり書いたりする場合には、「児童」は小学生に対して使う。

 「中学生や高校生は『学生服』を着ているから、中学生や高校生も『学生』では?」と思う人もあるかも知れないが、学生服は、明治に東京帝国大学が決めた「詰襟型の制服」がルーツになっているもので、後年、高校や中学が制服として採り入れたのである。

 塾や社会人向けの各種学校などでは、大学生や社会人に対しても「生徒(さん)」と呼ぶことがあるが、これは「(教える側の)先生」対「(習う側の)生徒」という発想から来ているのであろう。

DSC01405.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 10:40| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。