2018年07月18日

『郷ひろみのNew York Voice』― その3


 屋久島から帰京した翌日、さっそく、郷ひろみ氏を迎えて収録を行った。

 アメリカ人のナレーター3人と郷ひろみ氏。朝10時から昼食をはさんで午後5時まで。郷氏がニューヨークのマンハッタンをアメリカ人たちと一日旅行をするという設定だった。

 私の役目は、郷氏の発音やイントネーションを教えたり修正したりすること。

 収録の仕事はけっこうハードなので、1時間ごとくらいには休憩をはさむ。

 当時、郷ひろみ氏は新婚ほやほや。新妻の二谷友里恵さんも、途中から録音の応援に駆けつけた。休憩中に控え室のソファーで私が休んでいると、彼女がやってきて、「ボールペンを持ってらっしゃいません?」と訊いてきた。

 持っていたペンを貸してあげると、ピンク電話(当時はまだ携帯電話は普及していない)から「もしもし、原武でございます」と言っているのが聞こえた。郷ひろみ氏の本名は「原武」である。

 二谷友里恵さんに貸して戻ってきたボールペンは、「これは二谷友里恵が触れたペンだ」と大事に取ってあったが、いつのまにか失くなってしまった。


 以上『郷ひろみの New York Voice』制作秘話でした。

 この写真は、収録時に撮ったもの。屋久島でさんざん日光に当たってきて、私の顔は真っ黒。

20130823193033_00003.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 14:54| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。