2018年07月10日

ハクビシンと百姓の攻防戦

 If it had rained yesterday, those masked palm civets would have kept eating my watermelons.
「昨日雨が降っていれば、ハクビシンたちは私の西瓜を食い放題だっただろう」(仮定法過去完了)

 昨日の月曜日には雨が降る予想になっていたのに、八王子ではまったく降らなかった。なので、今朝はしぶしぶ早起きして、畑に水やりに行った。

 前から育っている夏野菜は、そんなに水をやる必要はないのだが、最近種を蒔いたばかりのニンジンやゴボウ、追加で植えたキュウリなどには、まだまだ水やりが必要だ。

 昨日、雨が降ってくれさえいればなぁ。I wish it had only rained yesterday. と愚痴りながら。
 
 水やりを終え、「西瓜は新しく着果したかなぁ。ミツバチさんたちは頑張ってくれているかなぁ」と西瓜畑を見回って愕然とした。
 なんと! 西瓜が喰われている! あんなに頑強にネットで防御したのに。

 どこから侵入したのだろうと、ネットをぐるりと見回ると、1か所、ネットが地面から浮いているところが見つかった。そして、その下を引っ掻いたような跡が。

 ああ、ここは日曜日に雑草を熊手でそぎ取ったところだ。その作業のあと、ネットに土寄せをするのを忘れていたのだ。
 
 それにしても、ハクビシンは、こうしたわずかばかりの隙間をよく探し出すものだ。日曜日の夜か昨夜、たまたまやって来て見つけたというのではないだろう。毎晩やってきてはいたのだが、今までは隙間を探せなかっただけだろうと思う。
 
 考えてみると、昨日雨が降らなかったのが逆によかったことになる。雨が降って十分な湿り気があれば、週末まで畑に行かず、ハクビシンたちは西瓜の食い放題になっていたはずだ。

 百姓とハクビシンの攻防戦は、まだまだ続く。

ちなみに、今、この本を無料ダウンロードキャンペーン中です。
posted by 赤井田拓弥 at 10:56| Comment(0) | 農事通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。