2017年06月21日

シアトルのホテルで男に襲われそうになった話


 39年前、25歳になる直前に、Amtrak という列車でアメリカ一周旅行をしたことがある。
 1か月間乗り放題の周遊券(Rail Pass)が、1ドル300円の当時255ドル(76,500円)だった。110円くらいの今(2017年)は689ドルだから、日本円感覚では、今でも同額という感じだ。

 5月3日にロサンゼルスの Union Station を出発し、ニューオーリンズのジャズバーで出演者のジャズバンドに25歳の誕生日を祝ってもらい、6月1日にカリフォルニアに帰ってくるという一人旅。どこの市を訪問し、どこのホテルに泊まるのかも決めていない、まったく気ままな旅だった。

 朝10時半にロサンゼルスの Union Station を出発した Amtrak の列車は、サンフランシスコを過ぎるあたりで夜になり、車内泊。2人掛けの列に1人しか座らないし、椅子がほぼフラットに倒せるので、ダブルベッドに寝るような感覚で、すこぶる快適な夜行列車である。

 出発して2日目に、早くも事件が起きた。

 オレゴン州の Portland で30分ほどの停車時間があったため、列車を降りて駅に行き、絵はがきやスナックを買って席に戻ると、見知らぬ男が、私の席のとなりに座っていた。

 で、These seats are mine. と言ってみた。すると、Both are not yours, right? と返された。確かに、それまでは乗客が少なかったから、1人で2席占領していたが、シアトルに近づくにしたがって乗客も増え、二人並んで座っている席もいくつかあった。

 last name は忘れたが、名前は David といった。弁護士だという。アメリカの弁護士の仕事のことなどいろいろ聞いた。私もアメリカの大学ではジャーナリズムを勉強していたので、法律用語などは少し知っており、理解できた。

 行き当たりばったりの旅だったので、シアトルではどうするのかをまだ決めていなかったが、列車の到着が遅れたため、シアトルではホテルを探さざるを得なくなっていた。

 まだどこのホテルにも予約はしていないし、これから探さなければならないと私が言うと、David の話では、安いシングルだと15ドルくらい、ツインだと20ドル前後だという。

 そして、彼がこう提案してきた。

 「僕は17ドルの部屋に予約を入れている。ツインにすれば22ドルだから、ツインにして、同じ部屋に泊まれば、君は5ドル払ってくれるだけでよい

 旅のしょっぱなからホテル代に多くの金を使いたくないと思っていたので、「渡りに舟だ」と思ってしまった。1泊5ドルで済むと思った。

 これが悲劇を招くことになる。

 長くなったので、続きは、またあとで。
posted by 赤井田拓弥 at 17:22| Comment(0) | 生活英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。