2017年03月31日

ベトナム戦争体験者だったルームメイトとのアメリカでの話


 きょうは、英語の話を外れて、アメリカでの奇妙な(?)体験談を。

 アメリカに行って2か月ほど経ったころ、ルームメイト(ビルという名前)の友人が結婚して家を買った。すると、どうも不審者が現れ、2度ほど break-in されたという。

 その友人がルームメイトに、ひと晩夜警をしてほしいと言ってきた。
 家の遠くに車を停め、そこから見張るだけだからといって、私も駆り出された。

 家を買ったビルの友人はライフル銃を買った。彼は、そのライフルを持って自分の家にいて見張るという。

 ビルともう1人の友人(彼も銃を持っていた)と私が、ビルの車に乗って、遠くからその家を見張ることになった。

 車で友人の家に向かう車中で、銃を持った友人が「もし不審者が撃ってきたら、車のシートの下に隠れろ」 と言った。

 「冗談じゃない! そんな話は聞いてないよ!」

という気持ちだったが、「イヤだから帰る」 というのも弱虫のような感じで言えなかった。そもそも、砂漠の途中で、帰る手段もなかったし。

 ビルの友人が買った家は、砂漠の中にあるような感じで、まわりには数件の家しかなかった。ビルと私ともう1人の友人は、家を買った友人の家から100メートルほど離れたところに車を停め、見守った。

 朝の3時頃まで車の中で見守ったが、その夜は何も起こらず、引き上げることになった。

 その後、不審者の話が出ることはなく、また行こうという話にはならなかったが、なんとも不思議な夜を過ごしたものだった。


DSC02579.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 10:11| Comment(0) | 英語で英文法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。