2017年03月29日

ディクテーション学習のすすめ



 電子ブックで『ディクテーションのススメ』という本を出しました。ディクテーション学習がどれほど効果的な方法なのかを、これから少しずつ書いていきたいと思います。

 ディクテーションという学習法は、英語を聞きながら聞こえてくる英語を一語一句残らず書き取るだけの極めて単純な学習法です。

 「音声を文字にする」というだけの作業ですから、「大して効果があるとは思えない」と主張する人も多いようです。

 しかし、英文を書き取る作業の過程には、実にたくさんの要素が含まれており、英語の総合力アップに非常に効果のある学習法なのです。


ディクテーション学習はなぜ効果的か

 ディクテーションの基になるのは、音声だけです。その音声だけの状態から、どこが文の始まりなのかどこで終わっているのかなどを判断して、大文字にするところやピリオドを打つところなどを決めます。また、文尾がピリオドなのかクエスチョンマークなのかなども判断します。

 さらに、英単語にはたくさんの同音異綴語や紛らわしい発音の単語があります。こうした単語は、音声上はまったく同じに聞こえたり、すぐには判断できない発音で聞こえたりします。

 この場合、状況判断がポイントです。

 また、ふつうのスピードの英語では、「弱化」や「消失」と言われる、音がはっきり聞こえない現象や、「連結」と言われる音がつながった現象、他の発音にまぎれて別の発音に聞こえてしまう「同化」現象が起こったりします。

 こうしたリスニングを困難にするさまざまな現象も、文法力があればそこを補って理解することができます。
 つまり、ディクテーション学習を続けることによって、リスニング力だけでなく、文法力構文力リーディング力が備わってくるというわけです。
 
 ディクテーションは一見、物理音の聞き取り作業の世界から出ていないように思えますが、実は上で述べたようにさまざまな要素が求められますので、Listening Comprehension 能力(聴いて状況を判断し内容を理解する力)の養成を含め、リーディング力、ライティング力、文法力などをブラッシュアップするのに最も効果的なトレーニング法だと言えるのです。

 ぜひ、この機会にディクテーション学習を始めてみませんか。

posted by 赤井田拓弥 at 19:27| Comment(0) | 英語で英文法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。