2017年03月18日

どのレベルでどんな学習をするのが最も効果的か。


 下の図は、学習レベルと各学習項目の貢献度の関係を示したものです。
 つまり、どの英語レベルではどういう学習項目が最も貢献するかということで、言わば、どのレベルのときにどういう学習を重点的に行えば効果的かとなりますね。

Higgs.jpg


 図では、学習に大きな影響を与える学習項目として、


  語彙(vocabulary)
  文法 (grammar)
  発音 (pronunciation)
  流暢さ (fluency)
  社会言語学的要素 (sociolinguistic)


を挙げています。

 ここに書いていくと結構長くなりますので、詳しい記事は、下の拙著でお読みください。

4ginou.jpg


posted by 赤井田拓弥 at 10:50| Comment(0) | 英語で英文法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。