2017年03月16日

TOEIC900点を超えても英語が話せない? なぜ?


 近ごろ「TOEIC900点を超えているからというので採用したけど、英語が話せないじゃないか」という声を聞いたりします。

 TOEIC評価ガイドラインでは「Non-nativeとして十分なコミュニケーションができる」のじゃなかったのかと言いたくなりますよね。

 この現象には次のようないろいろな要因が重なっています。フェイスブックやブログでは書き切れないほどの情報量です。

 ・インタビューテストの結果とTOEICスコア
 ・実力以上の高得点を取れる可能性とその要因
 ・TOEIC スコアに比して英語力が伴っていかない原因
 ・TOEIC を頻繁に受験しすぎる
 ・TOEIC 対策に特化した学習をしすぎる

  などなど。

 この本に、上に列挙したことをまとめましたので、ぜひお読みください。下の図をつけて説明しています。

LPI_test.jpg


 この本です。

4ginou.jpg


 ぜひ買って読んでみてください。 990円ではなく、99円ですよ。

posted by 赤井田拓弥 at 10:28| Comment(0) | 電子ブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。