2017年02月20日

停まっているときに stopping は使えない

 電車の車内表示が英語や韓国語、中国語になった車輌も増えてきました。こんな表示が出ます。
もうすぐ○○駅に到着します」 という、近未来を表す進行形ですね。

arriving.jpg

 これは正しい使い方です。


 そして、「ただいま○○駅に停車中」 というときに、下の表示が出ます。

stopping.jpg


 しかし、この表示は間違っています

 stop 瞬間動作動詞と言われるものです。

 stop という動詞は、止まった瞬間にその動作は終わってしまいます。ですから、進行形を使ったからといって 「状態」が続いていることを表すことはできないのです。

 例えば、I’m finishing my homework. と言えば、まだ宿題は終わっていません。
そして、My grandfather is dying. と言えば、まだおじいさんは生きています。「死んでいる」ではありません。

 これらと同じで、stopping だと、まだ止まっていません。限りなく 「アキレスと亀」 の状態です。arriving at 〜 は「〜に到着しつつある」 という意味で 「到着している」 ではありません。


 では、「○○駅に停まっている」は、どう言えばよいのでしょうか。

 The train is staying at Chofu Station. だと、なんか夜通し停まっている感じですね。

 ふつうは、The train is standing at Chofu Station. のように言うようです。


 下の本では、こうした文法の微妙な使い分けなどを説明しています。ここからお求めください。

SpeakingCover_2.jpg

posted by 赤井田拓弥 at 09:42| Comment(0) | 生活英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。