2014年09月29日

島崎藤村が泊まったという宿

 長野県の松本市から美ヶ原高原を通って、車で長野県小諸市に旅行した。

 出だしで高速への入り方を間違えて1時間ほどロスしたため、松本城の中には入らなかった。市内で蕎麦を喰い、美ヶ原へ。
 昔、若かりし頃、下の写真のナナハンで、美ヶ原のビーナスラインを走ったりしたものだ。サイドステップで路面をこすりながら急カーブを曲がったりして。

ohanaww-img600x450-1239795447oxbkpc78518.jpg


 9月末の高原はすでに寒かった。

 長く留まっていたいようなところだったが、夕方遅くにならないうちに小諸へ向かう。中山道は走りやすい。田んぼでは、稲刈りが済んではさがけしている稲もあり、稲刈り間近の黄金色も、またすばらしい眺めだった。

 小諸では、島崎藤村が『小諸なる古城のほとり』の千曲川旅情の歌を執筆したとされる、中棚荘という旅館の大正館にある「藤村の間」で寝た。

10710420_620174468103264_3059407831005588206_o.jpg

 『小諸なる古城のほとり』の詩の最後のあたりに、次のくだりがある。
 
   千曲川いざよふ波の       岸近き宿にのぼりつ
   濁(にご)り酒濁れる飲みて   草枕しばし慰む


 この「岸近き宿」が、中棚荘。濁り酒も呑んだ。
 部屋の中にトイレがない昔ながらの造りだが、藤村が泊まった部屋だと思うと、なんだか感激した。

 翌朝、フロントでコーヒーを頼み、外の木陰で待っていると、「赤井田さま、お待たせしました」と言って、美しい女性がコーヒーを運んできた。彼女には、私の名前も告げていない。「部屋にお付けしておきます」と彼女は言ったが、私がどの部屋に泊まった客なのかも聞いてこないのに、である。

10608556_620174471436597_1518311636050937028_o.jpg

1077593_620174474769930_1093170444122308267_o.jpg
 
 昨夜のちょっとしたやりとりで、私の名前が赤井田だと覚えてくれたのだ。これがソフトウェアというものだろう。この宿を好きにならせるのに十分であった。

 チェックアウトするのが惜しいくらいだったが、時間がきてチェックアウト。宿のすぐ近くにある懐古園を散策した。

10648193_620174478103263_3903122232317270394_o.jpg


 懐古園には藤村記念館もある。

10688009_620174464769931_757654692567238034_o.jpg

 信濃線の小諸駅前には「停車場ガーデン」というきれいな公園がある。小諸市はいい所だ。
posted by 赤井田拓弥 at 14:38| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。