2020年10月30日

VOA の2分ニュース(20年10月26日の3回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その3回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1026_06pm.html

ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってみてください。

2020年10月26日の午後6時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。世界的に広がっているコロナの第二波などについてです。



The World Health Organization Monday once again warned nations against politicizing the pandemic. Director General Tedros Adhanom Ghebreyesus said that has led to confusion and disrespect for science and made the pandemic worse.
世界保健機関(WHO)は、月曜日、パンデミックを政治的に利用することについて改めて各国に警告した。テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、それが科学に対する混乱と軽蔑につながり、パンデミックを悪化させていると述べた。

once again warned nations against 〜「各国に〜しないように改めて警告した」
 warn … against 〜は「〜しないように…に警告する」という意味です。

lead to …「…につながる」


At a briefing Monday, he said last week had the highest number of COVID-19 cases reported since the pandemic began, and the recent rise in hospitalizations has filled intensive care units in Europe and America.
月曜日のブリーフィングにおいて、彼は先週パンデミックが始まって以来報告されたCOVID-19感染者の数が最も多く、最近の入院の増加がヨーロッパとアメリカの集中治療室を満たしてきていると述べた。

last week had a highest number of …「先週、…の数が最も多かった」
 last week が主語になっています。

hospitalization 「入院」
 hospital の動詞形である hospitalize(入院させる)の名詞形です。

intensive care unit
「集中治療室」

Tedros said countries that have followed science have suppressed the virus and minimized deaths.
テドロス氏は、科学に従った国々がウイルスを抑制し、死者を最小限に抑えていると述べた。

 countries that のthat は関係代名詞で、that have followed science が主語の countries を修飾しています。ですから、have suppressed の主語は countries です。


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html

それでは来週もお楽しみに。

posted by 赤井田拓弥 at 10:05| Comment(0) | VOA

2020年10月29日

VOA の2分ニュース(20年10月26日の2回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その2回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1026_06pm.html


ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってみてください。

2020年10月26日の午後6時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。大統領選挙の期日前投票の模様と、ペンス副大統領の側近のコロナ感染などです。

More than 60 million Americans have already cast ballots, ahead of the November 3rd election. It's going by a record-breaking pace. They could lead the highest U.S. voter turnout, by percentage, in more than a century.
11月3日の投票に先立ち、すでに6,000万人を超えるアメリカ人が投票を行った。記録的なペースで進んでいる。1世紀を超えるなかで、アメリカの投票率が最も高いパーセンテージをもたらすこともあり得る。

have already cast ballots「すでに投票した」
 「完了」を示す現在完了形です。castは不規則変化動詞で、cast-cast-cast と変化します。

ahead of 〜「〜よりも前に」

a record-breaking pace「新記録のペース」

lead the highest U.S. voter turnout「最も高い投票結果をもたらす」


Surging coronavirus cases in many parts of the country have dominated the campaign, along with news of a COVID-19 outbreak within Vice President Mike Pence's staff. Multiple members of his senior staff tested positive for coronavirus over the weekend, although Pence's staff said the Vice President himself is still testing negative for the virus.
国内各地でのコロナウイルスの感染者の急増が、選挙キャンペーンに影響を及ぼすなか、マイク・ペンス副大統領のスタッフのあいだに、COVID-19のクラスターが発生したというニュースが流れた。ペンス副大統領の複数の上級スタッフが週末、コロナウイルスに陽性であるという検査結果が出た。ペンス氏のスタッフは、副大統領自身はまだ陰性であると述べているけれども。

Surging coronavirus cases「急増するコロナウイルスの感染者」
 case には「事例」のほかに「新患者」という意味もあります。

have dominated the campaign「選挙活動に大きな影響を与えた」

along with …「…とともに」

outbreak「勃発、発生」

Multiple members of his senior staff「彼の上級スタッフの複数人」
 staff は通常、集合名詞で単数形で複数を表します。いろいろなグループのスタッフを表す場合、staffs のように複数形にすることもあります。

tested positive 「陽性反応が出た」
 test negative は「陰性という結果が出る」という意味です。

although「〜だけれども」


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html



続きは、明日掲載します。


posted by 赤井田拓弥 at 09:15| Comment(0) | VOA

2020年10月28日

VOA の2分ニュース(20年10月26日の1回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、今回も、3回に分けて掲載しましょう。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1026_06pm.html

ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってみてください。

2020年10月26日の午後6時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。大統領選挙のペンシルベニア州での模様です。

This is VOA News via remote. I'm Marissa Melton.

 via remote は「リモートで」ということです。つまり、ちゃんとしたスタジオではなく、自宅などでニュースを読んでいます。そのため、音質が劣っています。

U.S. President Donald Trump and Democratic challenger Joe Biden both made stops in the U.S. state of Pennsylvania on Monday, showing two entirely different campaign styles.
米国のドナルド・トランプ大統領と民主党の挑戦者であるジョー・バイデン氏は、双方とも月曜日に米国のペンシルベニア州に立ち寄り、2つのまったく異なる選挙活動のスタイルを示した。

challenger Joe Biden「対立候補のジョー・バイデン氏」

showing two entirely different campaign styles「2つのまったく異なる選挙活動のスタイルを示しながら」
 showing 以降は分詞構文です。ただ訳すときは、上のように「〜して、…した」のほうが自然でしょう。


Mr. Biden was not expected to make campaign appearances on Monday but showed up unexpectedly in the city of Chester, near Philadelphia, to meet with a few campaign volunteers and reporters.
バイデン氏は月曜日の選挙運動に姿を見せることは期待されていなかったが、何人かの選挙活動ボランティアや記者たちと会うために、フィラデルフィア近くのチェスター市に突然現れた。

was not expected to …は「…することは期待されていなかった」。
showed up「姿を見せる」
unexpectedly「突然、予想外に」
meet with …「…と会う」
 meet with のように with を付けて使うと、「約束して会う」という意味が出ますから、スタッフや記者たちは来ることを知っていたと思われます。


Pennsylvania is a crucial state for U.S. presidential candidates, carrying a big chunk of Electoral College votes that can make or break a run for the presidency.
ペンシルベニア州は米国大統領候補にとって極めて重要であり、大統領選に立候補したり失敗したりする可能性を持つ選挙人団の票の大部分を担っている。

crucial state for U.S. presidential candidates「大統領候補者にとって極めて重要な州」
 crucial は「極めて重要な、正念場の」という意味です。「病気が重篤で明日をも知れぬ」というような意味で使われることもあります。

carrying a big chunk of Electoral College「選挙人団の大部分の票を持つ」
 分詞構文です。Electoral College は Electional College ともいいます。「選挙人団」と訳されます。アメリカの大統領・副大統領を選出する代理人のことです。college は、ここでは大学とは関係ありません。college の英語の語義に used in the titles of some organized groups というのがあります。「グループに付ける用語です。

While Biden wore a mask and kept his appearance low-key, President Trump addressed boisterous rallies in a series of three appearances in the state. He told his audience in Allentown, Pennsylvania, that, “We win Pennsylvania. We win the whole thing.”
バイデン氏はマスクを着用し、目立たないようにしていたが、トランプ大統領はその州での3回にわたって姿を現したなかで、ひどく陽気な集会を展開した。彼はペンシルベニア州アレンタウン市の聴衆に対して、「私たちはペンシルベニアを勝ち取る。私たちは州の全票を勝ち取るのだ」と述べた。

kept his appearance low key「外見を目立たなく保っていた」
 SVOCの第5文型です。keep … low-key は「…を控えめにする」という意味です。

addressed boisterous rallies in a series of three appearances in the state「その州に3回姿を見せたなかで、ひどく陽気な集会を展開した」
 address はここでは「取り組む」という意味で使っています。
 in the state は「ペンシルベニア州で」ということです。

We win the whole thing.「私たちは全州の票を勝ち取る」。


続きは、明日と明後日に分けて掲載します。

ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html



posted by 赤井田拓弥 at 09:17| Comment(0) | VOA

2020年10月27日

snap out of it ― アメリカ映画で使われた表現


アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。
基本的に、月曜日か火曜日に掲載します。

snap out of it

 1987年のアメリカのロマンティック・コメディ映画 Moonstruck(邦題は『月の輝く夜に』)の中で使われた表現です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5488124.html

 主演はシェールで、アカデミー賞では「主演女優賞」を獲得。母親役のオリンピア・デュカキスが「助演女優賞」を受賞しています。また、ニコラス・ケイジも出演しています。

 動画に出てくる字幕の表現を見ていきましょう。

“Snap out of it” is a line from the 1987 movie Moonstruck.
「Snap out of it は1987年の映画『月の輝く夜に』からのセリフです」

The film is a funny love story set in Brooklyn, New York.
「この映画はニューヨークのブルックリンを舞台にしたラブコメディです」
 set in 以降は、前の a funny love story を後置修飾する過去分詞句です。

Loretta, played by Sher, finds herself in a difficult situation when she and the brother of the man she plans to marry fall in love.
「シェールが演じるロレッタは、結婚しようとしている男性の弟と恋に堕ちてしまい、やっかいなことになってしまったと感じます」
 長くて複雑な構文になっています。when 以降の主語は she and the brother of the man she plans to marry です。she plans to marry が、前の the man を修飾しています。目的格の関係代名詞が省略されています。marry と fall という2つの動詞が並んでいることから考えましょう。

Listen for the words “snap out of it,”
「snap out of it という表現を聴いてみましょう」
 listen for は「耳を澄まして聴く」という意味です。

I’m going to marry him. Do you hear me?
「私は彼と結婚するのよ。分かってる?」
 marry は他動詞で、目的語が直接続きます。Do you hear me? は、相手の理解を確かめるときによく使います。

Last night never happened, and I’m going to marry him, and you and I are going to take this to our coffins.
「ゆうべのことはなかったのよ(忘れましょ)。 私は彼と結婚するの。そして、このことは二人とも墓場まで持っていくのよ」
 「墓場まで持っていく」は、同じ考え方なんですね。英語では「棺桶」ですけどね。
 また、last night を名詞句として使い、主語になっています。

I can’t do that.
「そんなことはできないよ」

Why not?
「なぜできないの?」
 ここでは「なぜ not なの?」という意味で使っていますが、「そうしましょう」という意味でもよく使われます。

I’m in love with you.
「君を愛してしまったんだ」

 ここで、表題の表現が使われます。

Snap out of it!
「目を覚ますのよ」
 「(悩みなどを)吹っ切る、目を覚ます、早く元気を取り戻す」という意味で使います。

I can’t.
「できないよ」

Sometime, a person can snap out of feeling sad or even happy. But Loretta and Ronny discover it is difficult to snap out of feeling in love.

「ときどき、人は悲しみや幸せなどを感じることから抜け出すことができます。しかし、ロレッタとノニーは愛し合うことから抜け出すのはむずかしいことが分かりました」


 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

posted by 赤井田拓弥 at 09:24| Comment(0) | VOA

2020年10月26日

カリフォルニアの青い空 ― 8.アメリカ1日目 ― 入国審査


 1976年当時にすでに羽田・ロサンゼルス間の直行便があったのかもしれないが、私が乗った飛行機は、ハワイ経由でロサンゼルスに飛んだ。つまり、ハワイで一度入国審査を行い、それ以降は国内線扱いだ。同じ飛行機のままだったが。

 入国審査でトラブルが起きた。

 東京にいるとき、石油会社に勤める父の従弟に格安航空券を手配してもらったのだが、それが片道切符だった。いま思えば、知識が足りなかった。

 ふつう、往復切符でないと入国させてくれない。しかし私は当時、旅行ではなく2年もアメリカに滞在するのだから、片道切符で行って、帰りは向こうで買えばいいだろうと思っていた。
 しかも、ロサンゼルスで泊まるホテルも決めていなければ、大学のある町でどこに泊まるかなども決めていなかった。

 今考えると、ほんとうに冷や汗ものの渡航だったのだ。

 私は別室に連れて行かれた。いろいろと尋問を受けた。私の英語がおぼつかなかったため、日系人と思われる女性がやってきて通訳してくれた。

 「君はアメリカの大学に行くのか、そんな英語力で?」といった質問をされたようにも記憶している。

 学生ビザはあったし、大学から来た手紙や書類もすべて持っていたのが功を奏したのか、その後は割とすんなりと解放してくれたように思う。

 同じ飛行機がロサンゼルスに飛ぶことになっていたことも理由のひとつかもしれない。つまり、私の尋問に時間を取りすぎて出発を遅らせるわけにもいかなかったのだろう。

 ほぼ最後の乗客として飛行機に戻ると、ハワイまでに知り合っていた日本人が心配して「時間がかかったのですね。何かあったのですか」と質問してきた。


posted by 赤井田拓弥 at 09:22| Comment(0) | カリフォルニアの青い空

2020年10月23日

VOA の2分ニュース(20年10月19日の3回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その3回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1019_06pm.html

ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってみてください。


The number of confirmed cases of COVID-19 around the world has passed 40 million. The milestone was passed early Monday according to Johns Hopkins University, which collates reporting from around the world.

The number of confirmed cases of COVID-19 around the world has passed 40 million.「確定された世界中のコロナ患者の数は4,000万人を超えた」
 The number of …は単数を表します。なので、述部は has passed のように三人称単数の has が使われています。
 confirmed cases は「確認された症例(患者、陽性者)」。

The milestone was passed early Monday according to Johns Hopkins University,「ジョンズ・ホプキンズ大学によると、月曜日の早く一里塚を超えたという」
 the milestone というのは、ある1つの到達点のこと。つまり、上の「4千万人」を指しています。milestone は、株価などでも、ある水準まで達したときなどによく使われます。

which collates reporting from around the world「世界中からの報告をまとめている」
 which は関係代名詞。前のJohns Hopkins University を修飾しています。
 collate は「取りまとめる、編纂する」という意味です。


Experts believe the real number of people who’ve had COVID-19 is likely far higher than the official tally. The death toll from the pandemic has passed 1.1 million, although experts believe that number is also an undercount.

Experts believe the real number of people who’ve had COVID-19 is likely far higher than the official tally.「専門家は、コロナに感染した人の数は公的な数値よりもずっと多いはずだと思っている」
 the real number は「実際の数」
 likely は「ありそうな、〜のはずだ」という意味合い。
 far higher は「ずっと高い、多い」
 tally は「数、勘定、数値」

The death toll from the pandemic has passed 1.1 million,「パンデミックでの犠牲者は110万人を超えた」
 toll は「被害者」。death toll で「死者数」。
 pandemic は「感染症の大流行」。

although experts believe that number is also an undercount「それでもなお、専門家はその数はまた少なく出されていると信じている
 undercount は、ここでは、「少なめの見積もり」という名詞です。


The United States, India and Brazil are reporting the highest number of cases, although Europe is also experiencing a surge in cases that has forced new crackdowns on social activities, particularly in France and in Belgium.


The United States, India and Brazil are reporting the highest number of cases,「アメリカ、インド、そしてブラジルが感染者の最も大きな数字を報告してきている」
 the highest number は「最も大きな数字」。数字の大きさを表すとき、high のほかに big、large、great なども使われます。

although Europe is also experiencing a surge in cases「ヨーロッパもまた感染者数の急増に見舞われてはいるが」
 although は「〜でもあるが」という逆接を表す接続詞。
 surge は「急増、急上昇」です。
 最後の cases は「感染者、患者」という意味です。

that has forced new crackdowns on social activities, particularly in France and in Belgium「特にフランスやベルギーでは社会生活に新たな締め付けを余儀なくさせている」
 that は関係代名詞。has forced のように三人称単数になっているのは、先行詞が a surge で単数を表すから。
 crackdown は「締め付け、取り締まり、弾圧」。
 social activity は「社会活動、社会生活」。

ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html

それでは来週もお楽しみに。

posted by 赤井田拓弥 at 09:27| Comment(0) | VOA

2020年10月22日

VOA の2分ニュース(20年10月19日の2回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その2回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1019_06pm.html


ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってみてください。

 アメリカ大統領の選挙戦の模様です。

President Trump says he's confident he will be re-elected. An unprecedented number of early voters have already cast their ballots in this year's contest. Nearly 28 million people have voted either in person or by mail since early voting started in recent weeks.

President Trump says he's confident he will be re-elected.「トランプ大統領は、再選に自信があると言っている」
 confident と he のあいだに that が省略されています。

An unprecedented number of early voters have already cast their ballots in this year's contest.「前例がないほどの数の事前投票者が、今年の選挙ではすでに投票を済ませてしまっている」

 unprecedented は「前例のない、前代未聞の」。
 early voter は「早めの投票者」、つまり「事前投票者」です。
 ballot は「投票用紙」。

Nearly 28 million people have voted either in person or by mail「ほぼ2,800万人の人が、直接あるいは郵送で投票した」
 million は「100万」なので、28 million は「2,800万」となります。
 either … or の構文になっています。
 in person は「直接本人が」という意味で、本人が投票所に足を運んだということです。「本人」でなければダメだと思いますが。
 by mail は「郵送で」。

since early voting started in recent weeks「最近の週に事前投票が始まって以来」
 前半に have voted という現在完了形があり、since が続いています。


Experts say as many as half of this year's votes could come in before Election Day, November 3rd. Some of the voters have told interviewers they’re voting early to avoid Election Day crowds where they might catch coronavirus.

Experts say as many as half of this year's votes could come in before Election Day, November 3rd.「事情通によると、今年の投票の半数が投票日の11月3日前に行われることもあり得るということである」
 Experts say は「専門家によると、事情通によると、〜に詳しい…さんによると」のようなニュアンスです。
 could come は仮定法の用法。「〜もあり得る」ということです。
 Election Day は、特に大統領選挙を指す場合は大文字で始めます。

Some of the voters have told interviewers they’re voting early「インタビューアーに語った投票者の中には、彼らは早めに投票している」

 下のto avoid 〜が続いています。「〜するために早めの投票をしている」ということ。

to avoid Election Day crowds where they might catch coronavirus「コロナウイルスを拾ってしまうかもしれない投票日の人混みを避けるために」
 to avoid 以降は「〜するために」という意味を表す副詞的用法の不定詞句です。
 catch coronavirus 「コロナにかかる」 catch cold「風邪を引く」と同じ使い方です。
 where は関係副詞です。


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html


続きは、明日掲載します。


posted by 赤井田拓弥 at 09:09| Comment(0) | VOA

2020年10月21日

VOA の2分ニュース(20年10月19日の1回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、今回も、3回に分けて掲載しましょう。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1019_06pm.html


ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってください。

2020年10月5日の午前10時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。大統領選挙は、あと2週間後に迫っています。そうしたニュースです。

This is VOA News via remote. I'm Marissa Melton.

 via remote は「リモートで」ということです。つまり、ちゃんとしたスタジオではなく、自宅などでニュースを読んでいます。そのため、音質が劣っています。

With 15 days remaining before the U. S. Presidential election, Democratic challenger Joe Biden continues to lead in national polling against Republican President Donald Trump.

With 15 days remaining before the U. S. Presidential election「大統領選挙まであと15日を残すのみとなり」
 with … remaining は「残すところあと〜で」という意味です。remain は「残っている」。

Democratic challenger Joe Biden continues to lead in national polling「民主党の対立候補ジョー・バイデン氏は全国世論調査でリードし続けている」
 challenger は「挑戦者、対立候補」。national polling は「全国世論調査」。polling には「投票」という意味もありますが、ここでは「調査結果」のような意味合いです。

against Republican President Donald Trump「共和党の大統領であるドナルド・トランプ氏」
 against はlead とセットになっています。lead against …は「…をリードする」です。


The Biden’s campaign is urging its supporters not to take that lead for granted after Democrat Hillary Clinton was expected to win the 2016 election, only to lose to Mr. Trump in an election night surprise.

The Biden’s campaign is urging its supporters not to take that lead for granted「バイデン選挙陣営は支持者に対して、そのリードを当然だと受け止めないように呼びかけている」
 urge は「強く要請する、呼びかける、勧める」などの意味を持つ動詞です。urge not to …で「…しないように呼びかける」となります。
 take … for granted は「…を当然だと思う、…に慣れてしまう」という意味で、「気を緩めないで」と呼びかけていることを表しています。


after Democrat Hillary Clinton was expected to win the 2016 election「ヒラリー・クリントン氏は2016年の選挙で勝つだろうと期待されていたあとで」
 be expected to …は「…だと期待される」。

only to lose to Mr. Trump in an election night surprise「結局、投票日の夜のサプライズでトランプ氏に負けるという結果になってしまった」
 only to …は「結局…という結果に終わる」という意味です。


Poll aggregators show Joe Biden with a 9- or 10-percentage-point lead nationally and perhaps half that lead in key battleground states that will determine the outcome.


Poll aggregators show Joe Biden with a 9- or 10-percentage-point lead nationally「選挙予想サイトによると、ジョー・バイデン氏が全国的に9〜10ポイントの差で勝利するだろうと出ている」
 poll aggregatorは「選挙結果を予想する人、組織、サイト」のこと。
 a 9- or 10-percentage-point lead「9から10パーセントのポイント差」。
  9- から point までは lead を修飾する形容詞になっています。こうした場合、ハイフンでつないで語句を作るのがふつうです。nationally は「全国的に」。

and perhaps half that lead in key battleground states「そして、主要な主戦場の州では、その半分のリードとなるだろう」
 battleground は「主戦場」。battlefield とも言います。
 battleground states は「激戦区の州、勝敗を決する州」ということです。

that will determine the outcome「結果を左右するだろうところの」

 that は関係代名詞で、that 以降が key battleground states を後ろから修飾しています。



続きは、明日と明後日に分けて掲載します。

ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html



posted by 赤井田拓弥 at 09:29| Comment(0) | VOA

2020年10月20日

show me the door ― アメリカ映画で使われた表現


アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。
基本的に、月曜日か火曜日に掲載します。

show me the door

 1997年のアメリカ映画 Men in Black(邦題は『メン・イン・ブラック』)の中で使われた表現です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5479135.html

 この映画の出演は、トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミスなどです。

 動画に出てくる字幕の解説をしていきましょう。

The film tells about a secret organization called Men in Black.
「映画は『メン・イン・ブラック』と呼ばれる秘密組織のことを伝えます」
 called 以降は「分詞の後置修飾」と呼ばれる形容詞句です。映画を見ると分かりますが、隊員たちは黒いスーツに身を固めています。

It serves as a police force, guarding against non-humans from other planets.
「それは、ほかの惑星からの非人間性物の侵入を防護しながら、警察部隊として機能しています」

 guarding 以降は「分詞構文」です。guard against は「〜を防ぐように警戒する」という意味です。

A New York police officer is asked to join the group, but he thinks it cannot be real.
「あるニューヨーク市警の警官がグループに参加するように要請されますが、彼はそれを現実ではないと考えます」

 今では、policeman はほとんど使われなく、男女の別なく police officer が使われます。ちなみに、警察官のことを俗語で cop と言いますが、これは、警察官の制服のボタンが昔は銅でできており、そこから copper と呼ばれていました。それが略されて cop となったと言われています。

Listen for the words “show me the door.”
 listen for は「〜に耳を傾ける、耳を澄ます」という意味です。listen to との違いを覚えましょう。

More non-humans arrive every year, and they live among us in secret.
「毎年、非人間がやってくるのが増えているんだ。そして、我々に交じってこっそりと生きている」

 among us は「人間に交じって、街中で」。in secret は「こっそりと、秘密で」。

Uh, look, tell your boys that I had an absolutely wonderful time, and thank you for everything.
「あ、じゃ、仲間にとても楽しかったって伝えてよ。いろいろとありがとう」

 your boys は「あなたの仲間、同僚」。
 absolutely は「とても、非常に」。

 そして、標題の表現です。

But, uh, why don’t you show me the door?
「じゃ、出口はどっちだっけ?」

 why don’ to …は「…しませんか」と勧誘や依頼を表す表現です。
 show me the door は「出口を示す」。show someone the door は「出ていけとドアを指差す」という意味でも使います。

All right. I’m going to get some coffee. You want some coffee?
「分かった。オレはコーヒーを飲むよ。コーヒーはどうだ?」

No, thank you, I’m fine.
「大丈夫。オレはいいよ」

How are you doing, fellas?
「みんな、どんな調子だ?」

 fellas は fellows の俗語です。fellow は「仲間、同志」同輩」などいろいろな意味があります。

All right, I’m in.
「分かったよ。参加するよ」

 ドアの向こうに非人間たちが大勢いるのを見て、参加することを決断します。

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

posted by 赤井田拓弥 at 09:04| Comment(0) | VOA

2020年10月19日

カリフォルニアの青い空 ― 7.東京に出てバイト


 アメリカには夏に行くつもりにしていたので、それまで、東京に出てアルバイトをし、金を貯めることにした。

 アメリカの大学での English as a Second Language コースは、授業料が無料だと言ってきたので、かなり安心だったが、それでも、生活費は必要だ。どれほどの金が今後必要になるのかなどは考えも及ばなかったが、貯められるだけの金は貯めておこうと思った。

 屋久島を出て東京に着いたのは、確か、当時の天皇誕生日、今の「昭和の日」である4月29日であった。
 長兄のアパートに住まわせてもらい、アルバイト探しをした。できるだけ時給のいいアルバイトを探した。運良くすぐに、兄のアパートから私鉄の駅を3つ隔てたところに、シロアリ駆除の仕事を見つけた。ほかの仕事に比べて時給がよく、はっきりと覚えていないが、550円くらいだったと思う。

 シロアリ駆除というのは、人家の床下に潜り、薬剤散布などをする作業である。
 すでに建って人が住んでいる家では、床下にもぐる。まだ完成していない家だと、床下にもぐる必要がないので助かる作業だった。

 3人一組で行う。まず、先発の者が電気ドリルで床下にある柱に穴を空け、2人目がその穴に薬を注入する。そして、3人目の者がコルクのような木片でそれにふたをするという作業である。そのあと、床下全面に薬剤散布をする。

 一日に何軒も作業をすることがあった。残業代は出たし、夕方のある時間を過ぎると夕食手当が出た。夕食手当は決まった金額で、それよりずっと安い晩飯を食えば、ちょっとは浮く計算になる。そして、現場への行き帰りの車を運転すると、「運転手当」というものも出た。
 なので、運転して残業すると、一日で8千円を超えるような日もあり、ほかのバイトに比べて実入りのよいものだった。

 アメリカの大学のほうは、東京に出てからも手紙をやりとりし、学生ビザ取得に必要なI-20も発行してもらった。そして、アメリカ大使館に行き、学生ビザも取得した。

 シロアリ駆除のバイトは劇薬を扱う仕事だったし、つなぎを着てほおかむりをし、マスクをした状態で、夏に向かう気候の中、長時間床下に潜っているのは辛かった。それで、この仕事は6月いっぱいで辞め、7月は、デパートの中元配達のバイトに切り替えた。
 中元配達のバイトも7月20日頃に辞めた。

 学生ビザも取得し、もちろんパスポートも取得した。しかし、カリフォルニア州のパームデザートという町がどこにあるのかが分からない。中学のときに買った日本地図の付録みたいに付いているアメリカの地図には載っていない。

 新宿の紀伊國屋書店で、索引付きの大きなアメリカの地図を買った。それで確かめた。Palm Desert という町は、カリフォルニア州には1つしかなかった。まず、ここで大丈夫だろう。
 あの憧れ続けた南カリフォルニアだ。

 父の従弟が石油会社に勤めており、彼に頼んで格安の航空券を手に入れた。片道切符だった。これがあとでアメリカでの入国審査でトラブルになるとも思わずに買ったのだった。

 1976年8月4日にアメリカに出発した。当時は成田空港がなく、羽田からだった。兄と従妹が見送りに来てくれた。

posted by 赤井田拓弥 at 09:31| Comment(0) | カリフォルニアの青い空

2020年10月16日

VOA の2分ニュース(20年10月12日の3回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その3回目です。

 WHO の見解として、集団免疫は非論理的であり、免疫はワクチンによって獲得すべきだということを述べたという内容です。


音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

 ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってください。


The head of the World Health Organization is warning against a strategy of pursuing so-called herd immunity to stop the coronavirus pandemic. He calls the idea unethical.

The head of the World Health Organization「WHOのトップ」

is warning against a strategy of pursuing so-called herd immunity「いわゆる『集団免疫』と呼ばれる方法を追求することに反対だと警告している」
 against のこのような使い方にも慣れておきましょう。
 so-called は「いわゆる」という意味です。
 herd immunity は「集団免疫」という意味。herd は動物の群れを表します。

to stop the coronavirus pandemic「コロナウイルスのパンデミックを止めるために」
 「目的」を表す副詞的用法の不定詞になっています。

He calls the idea unethical.「彼はその考えは非論理的だと考えると述べた」
 SVOC の「第5文型」になっています。


At a news briefing in Geneva Monday, WHO Director-General Tedros Adhanom Ghebreyesus said health officials should only try to achieve immunity through vaccination, not through exposing people to the virus.

At a news briefing in Geneva Monday「月曜日のジュネーブにおける記者会見で」
 news briefing は「記者会見」。news conference もよく使われます。

health officials should only try to achieve immunity through vaccination「公衆衛生担当者は、ワクチン接種によって免疫を獲得すべきである」
 achieve は「獲得する」。
 vaccination は「予防接種、ワクチン接種」。

not through exposing people to the virus「人々をウイルスにさらすのではなくて」
 through は、前の through vaccination と並行しています。
 expose は「さらす、浴びさせる」です。


In another new development Monday, scientists in Australia discovered that the coronavirus can survive on solid common surfaces as long as 28 days. Australia's national science agency found the virus was quote “extremely robust,” surviving on smooth surfaces at 20 degrees Celsius.
In comparison, the flu lasts about 17 days under the same circumstances.


In another new development Monday「月曜日の新たな情報によると」
 new development は「新しい進展(動き)」。

scientists in Australia discovered that the coronavirus can survive on solid common surfaces「オーストラリアの科学者がコロナウイルスは固い一般的な表面で生き延びることができることを発見した」

as long as 28 days「28日という長さ」
 as long as …という表現も覚えておきましょう。

national science agency「国の研究機関」

found the virus was quote “extremely robust”「そのウイルスはつまり『非常に長生きだ』ということを発見した」
 quote は、何かを引用するときに使う表現で、クオーテーション・マークの最初の「“」を意味します。そして、よくその引用が終わると、unquote を使います。つまりここでは robust のあとに unquote を入れることがよくあります。
 robust は「長生きな、長持ちの」という意味です。

surviving on smooth surfaces at 20 degrees Celsius「平面で摂氏20度で生き延びるため」
 surviving は分詞構文になっています。

In comparison, the flu lasts about 17 days under the same circumstances.「いっぽう、同じ条件下ではインフルエンザのウイルスは約17日間生き延びる」
 last は「続く」という意味の動詞です。
 under the same circumstances は「同じ条件下では」ということ。


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html

それでは来週もお楽しみに。

posted by 赤井田拓弥 at 09:12| Comment(0) | VOA

2020年10月15日

VOA の2分ニュース(20年10月12日の2回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その2回目です。

20年10月12日の午後7時(アメリカ時間)に放送されたニュースです。
音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。「再生」のボタンを使ってください。


In nominating Barrett, Republican President Donald Trump hopes to cement a six to three conservative majority on the court before Election Day.

In nominating Barrett「バレット氏を指名するにあたり」

cement a six-to-three conservative majority「6対3の保守派の大多数を強固にする」
 cement が動詞として使われています。

on the court before Election Day「大統領選挙投票日の前に法廷で」
 アメリカの大統領選挙の投票日は、特に大文字で表記することが多いようです。


His democratic challenger in the presidential campaign, former Vice President Joe Biden, insists that either he or Trump should make a Supreme Court appointment after the inauguration in January.

former Vice President Joe Biden「前副大統領のジョー・バイデン氏」
 former は「前の」という意味です。日本では「前首相、元首相」のように、すぐ前なのか、途中にほかの人が入ったのかによって「前」と「元」を使い分けるようですが、英語では、どちらも former を使うことができます。また ex- を前に付けて ex-Vice President と言うこともあります。

insists that either he or Trump should make a Supreme Court appointment after the inauguration in January「1月の大統領就任のあとに、彼かトランプ氏のどちらかが最高裁(判事)の任命を行うべきであると主張している」
 つまり、「大統領が決定するまでは、最高裁の判事を任命すべきではない」ということです。
 insist のように「主張、命令、指示、強い要望」などを表す動詞のあとの that 節の中では、動詞の原形が使われることも多く、この文の場合では、should を省いても、動詞の原形になるため、either he or Trump make a …のようになります。

 inauguration は「大統領就任、就任式」で、1月20日の正午(アメリカ東部標準時)に行われます。


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html


続きは、明日掲載します。WHO の見解として、集団免疫は非論理的であり、免疫はワクチンによって獲得すべきだということを述べたという内容です。


posted by 赤井田拓弥 at 09:07| Comment(0) | VOA

2020年10月14日

VOA の2分ニュース(20年10月12日の1回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、今回も、3回に分けて掲載しましょう。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

ナラボー・プレスのサイトでは、音声のスピードを調整できる機能がついています。サイトのページ右上にある「再生」のボタンを使ってください。

 2020年10月12日の午後7時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。
ニュースには2つの話題が出てきます。
 1つは、エイミー。コニー・バレット氏を最高裁判事に任命するかどうかの公聴会が始まったというニュース。
 もう1つは、新型コロナに対する免疫は、集団免疫ではなくワクチンで獲得すべきだというWHOの見解についてのニュースです。


This is VOA News via remote. I'm Marissa Melton.
 via remote は「リモートで」ということです。つまり、ちゃんとしたスタジオではなく、自宅などでニュースを読んでいます。そのため、音質が劣っています。


Confirmation hearings for US Supreme Court nominee Amy Coney Barrett opened in Washington today.

Confirmation hearings for US Supreme Court nominee「連邦最高裁判所の判事候補に対する確認(承認)公聴会」
 confirmation は「確認、承認」。
 hearing は「公聴会」です。
 文頭から Barrett までが主語になっています。


As the hearings started, Senator Dianne Feinstein, a lead Democrat on the Senate Judiciary Committee immediately signaled that the minority Democrats plan to sharply question Barrett about one major policy dispute, a view that a 2012 Supreme Court decision upholding the legality of the Affordable Care Act, a national health care law affecting millions of Americans, was wrongly decided.

 超長い文ですが、なんと1文です。

As the hearings started「公聴会が始まると」
 as は「〜すると」という意味を表す接続詞。

a lead Democrat「主要な民主党員」

Senate Judiciary Committee「上院司法委員会」
 judiciary には、形容詞で「司法に関する、裁判の」という意味や、名詞で「司法、裁判官」という意味などがあります。

immediately signaled that「即座に〜と伝えた(示唆した)」
 that 以下は、文の最後まで続きます。was wrongly decidedが述部で、その直前までが that 節の中の主語です。

the minority Democrats plan to sharply question Barrett about one major policy dispute「民主党の少数派は、バレット氏に対してある大きな政策論争について鋭く疑義を問う予定である」
 plan to question(疑義を問う予定である)のあいだに sharply という副詞が挿入されています。
 policy dispute は「政策論争」。この policy dispute と、続く a view は同格の関係になっています。つまりバレット氏の考えのことを指しています。

upholding the legality of the Affordable Care Act「医療費負担適正化法の合法性を支持している」
 現在分詞の後置修飾になっています。前の a 2012 Supreme Court decision(2012年の最高裁判決)を後ろから修飾しています。
 legality は「合法性」。legal の名詞形の1つ。
 Affordable Care Act については、ご自分で詳しく調べてください。いわゆる「オバマケア」です。

a national health care law affecting millions of Americans「何百万人に影響を及ぼす国家的な医療法案」
 affecting も「現在分詞の後置修飾」です。

was wrongly decided「不当に決定された」
 wrongly は「不当に、間違って」。


The court is to consider a new challenge to the ACA on November 10th, by which time Barrett could already be a justice on the nine-member court, deciding whether to overturn the statute or allow it to stand.

The court is to consider a new challenge to the ACA「裁判所はACA(医療費負担適正化法)に対して新たな挑戦を検討している」

 ACA は、前に出た Affordable Care Act のことです。最高裁は投票日の1週間後の11月10日に、オバマケアに関する審理を開始します。

by which time Barrett could already be a justice on the nine-member court「その時までに、バレット氏はすでに9人の判事の仲間入りを果たしていることもある」
 could を使った仮定法になっています。
 nine-member court 「9人制の裁判」nine-member が court を修飾する形容詞になっているので、nine-member のようにハイフンで2語をつなぎ、member は複数形になりません。

deciding whether to overturn the statute or allow it to stand「その法律を破棄するか有効だとするかどうかを決める」
 分詞構文になっています。
 overturn は「ひっくり返す」で、つまり「法律を破棄する」ということ。stand は「有効で存続する」ということです。
 statute は「法律」という意味です。

続きは、明日と明後日に分けて掲載します。

ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html




posted by 赤井田拓弥 at 09:06| Comment(0) | VOA

2020年10月13日

You’re out of touch. ― 映画で使われた表現


アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。
基本的に、月曜日か火曜日に掲載します。

You’re out of touch.

 2019年のイギリス映画 The Gentlemen(邦題は『ザ・ジェントルメン』)の中で使われた表現です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5295127.html

 コリン・ファレル、ヒュー・グラント、マシュー・マコノヒーといった大物俳優たちが出ています。

 ナレーターの女性は、冒頭の説明で “marijuana or Mary Jane” と言っています。marijuana Mary Jane は同じ物を指しますから、この or は「つまり」という意味ですね。同じものを言い換えるとき、or がよく使われます。


字幕で出てくる英語表現

Sweet Mary Jane is my vice. 「魅惑的なマリワナがオレの悪いクセでね」
 vice は「悪行、悪癖、欠点」という意味です。

Your poison on the other hand is and always has been a destroyer of worlds.「一方で、お前の毒はいつだって大量破壊を続けてきたんだ」
 worlds のように複数形になると、「大量、多数」という意味が出てきます。

そして、冒頭の表現が出てきます。

You’re out of touch, and I would like you to consider an offer.「お前は何も知らないんだよ。だから、売ることを考えろ」
 You’re out of touch. は「あなたは知らない、実態を知らない」という意味です。また、連絡が途絶えた人を表すときなどにも使います。He’s out of touch now. と言うと、「彼とは連絡が取れない」ということです。
 後半は「売ることだね」という意味です。それで、次のセリフにつながります。

I am not for sale.「オレは売り物じゃないぜ」
 アメリカでは、家屋の前や車などに、よく For Sale という掲示がしてあることがあります。売れると、Sold という掲示に変わります。

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

posted by 赤井田拓弥 at 09:04| Comment(0) | VOA

2020年10月12日

カリフォルニアの青い空 ― 6.いったん屋久島に帰る


 3月末をもって読売新聞育英奨学生の立場が終了した。

 4年間の新聞配達(育英奨学生)と、内容が濃いとはとても言えない大学生活(留年でまだ学生身分だが)を終え、1976年3月末、私は大学に2年間の休学願いを出した。

 アメリカでの留学は、自分では College of the DesertESLEnglish as a Second Language)に決めた。学生ビザの発行に必要なI-20は送られてきてはいなかったから、決定したわけではなかったが。

 4月末には東京の長兄のところに出て滞在し、その住所をお教えするので、それ以降に I-20 を発行してくださいと手紙に書いた。
 アメリカには夏をめどに行けるようにしようと考えていた。

 4月末まで1か月ほど故郷の屋久島で過ごすことにした。

 4年間住み慣れた小倉の街で有名な桜の名所である足立山の森林公園に桜の見納めに行ってみたが、この年は遅かったのか、3月末でほとんど咲いていなかった。そして、屋久島に着いてみると、もう桜は散っていた。なので、この年の満開の桜は見ていない。

 ちなみにその後、翌年の春も翌々年の春もアメリカにいたので、桜を見ていない。つまり3年連続で桜を愛でていないのであった。

 大学時代、中古の車を買って乗っていた。屋久島に住む次兄が欲しいと言うので、屋久島へは車で帰ることにした。
 朝8時に鹿児島を出るフェリーに乗れるように小倉を出た。途中、熊本に同級生(卒業している)に会い、鹿児島へ。熊本県との県境を過ぎ、出水という町でガソリンを入れたとき、久しぶりに鹿児島弁を聞き懐かしく思った。

 屋久島では、親の畑仕事を手伝ったり、中学や高校の友人たちと飲んだりして1か月を過ごした。もう新聞配達はする必要がないので朝早く起きる必要はなかったが、習慣で、しばらくは4時頃に一度目が覚めたものだった。

 また、目覚めたときに外で雨の音がすると、滅入った気分になった。新聞配達の生活で何がイヤかと言って、雨ほどイヤなものはなかったのだ。


posted by 赤井田拓弥 at 09:20| Comment(0) | カリフォルニアの青い空

2020年10月09日

VOA の2分ニュース(20年10月5日の3回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その3回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

2020年10月5日の午前10時(アメリカ時間)に放送されたニュースの3回目です。トランプ大統領がコロナ感染の入院から退院したというニュースです。

The World Health Organization says roughly one in ten people around the world may have been infected with the coronavirus.

The World Health Organization「世界保健機関」
 いわゆる WHO です。

roughly one in ten people around the world may have been infected with the coronavirus「世界中で大まかに10人に1人がコロナウイルスに感染してしまったかもしれない」
 may have been infected は助動詞を使った過去形あるいは現在完了形の表現です。


The head of the Health Emergencies Programme at the World Health Organization, Michael Ryan, said on Monday that the agency's best estimates indicate 10% of the world's population could have contracted the virus. That estimate would amount to about 760 million people worldwide.

The head of the Health Emergencies Programme at the World Health Organization「WHOの健康緊急プログラムの代表」
 アメリカ英語ではふつう program のように綴りますが、WHO の本部はヨーロッパ(スイス)にありますので、イギリス英語つづりを使っています。

the agency's best estimates indicate 10% of the world's population could have contracted the virus「その機関の最も正確とされる推定値では、世界の人口の10パーセントがウイルスに感染した可能性があると示している」
 indicate は「示す」。主語が estimates のように複数形なので、「三単現のエス」は付いていません。
 contract にはいろいろな意味があり、ここでは「病気になる」です。

That estimate would amount to about 760 million people worldwide.「その推定値では世界中で7億6千万人にのぼる」
 amount to …は「総数で…になる」。


ナラボー・プレスのサイトのスクリプトと音声は、ダウンロードしてコピーし、教室内での授業で使ってもかまいません。
サイトはここです。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/index.html

posted by 赤井田拓弥 at 09:31| Comment(0) | VOA

2020年10月08日

VOA の2分ニュース(20年10月5日のニュースの2回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、分けて掲載しています。きょうは、その2回目です。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

2020年10月5日の午前10時(アメリカ時間)に放送されたニュースの2回目です。トランプ大統領がコロナ感染の入院から退院したというニュースです。

The White House has medical facilities and practitioners to monitor the President around the clock. Conley said there was nothing being done at Walter Reed that could not be done at the White House instead.

The White House has medical facilities and practitioners「ホワイトハウスには医療施設もあるし、優秀な医師団もいる」
 facilities は facility の複数形。practitioner は「施術者、医師」。

to monitor the President around the clock「大統領を24時間態勢で検査・観察することができる」

 前の medical facilities and practitioners を後ろから修飾する「形容詞的用法の不定詞」になっています。
 around the clock は「24時間態勢で、四六時中」です。

Conley said there was nothing being done at Walter Reed that could not be done at the White House instead.「コンリー氏は、ウォルター・リード米軍医療センターでできることはホワイトハウスでもできると述べた」
 「ホワイトハウスでできないことは医療センターでもできない」とい意味ですが、反意表現になっており、上の訳のような意味です。


The coronavirus has killed 210,000 people in the United States and infected more than 7.4 million across the country. That's according to Johns Hopkins University.

The coronavirus has killed 210,000 people in the United States「アメリカではコロナで21万人が亡くなった」
 英語では、病気や事故などで亡くなることを、kill という表し方をします。「人」を主語にして、受動態で表すこともよくあります。

and infected more than 7.4 million across the country.「そして、国全体では740万人を超える人が感染した」
 across the country は「国全体で、全国で」。


White House Press Secretary Kayleigh McEnany said earlier today she had tested positive for COVID ... COVID-19. She said Monday she has no symptoms of the illness ... what... but will begin the quarantine process and continue to work remotely.

White House Press Secretary Kayleigh McEnany said earlier today「ホワイトハウス報道官のケイリー・マケナニー氏は、きょう、これ以前に」
 earlier today は「きょうのこの時点よりも前に」ということです。「きょう早く」ではありません。

she had tested positive for COVID-19「コロナの検査結果が陽性だった」
 had tested のように過去完了形になっているのは、その前の said earlier today という過去の時点よりも前に陽性だと判明したことを述べているからです。

 感染症の検査(test)の結果(results)が「陽性」のときの英語は positive です。「陰性」は negative。もちろん、感染症の場合は negative のほうが望ましいわけですが、英語のギャグには、次のようなのがあります。

  I took an IQ test, and the results were negative.

 ここでの negative は「IQ が低い」ということですね。

She said Monday she has no symptoms of the illness「月曜日に、彼女は病気の症状は何もないと述べた」
 Monday のあとに接続詞の that が省略されており、said が過去形ですから、ふつうであれば時制の一致で she had のようになるのですが、現在でも無症状だという意味を表すため、時制の一致をしていません。

but will begin the quarantine process and continue to work remotely「しかし、隔離の手続きに入り、仕事はリモートで続ける(と述べた)」
 quarantine は、このたびのコロナでよく使われるようになった単語です。
 remotely は「リモートで」。


 残り(3回目)は、明日掲載します。

posted by 赤井田拓弥 at 09:22| Comment(0) | VOA

2020年10月07日

VOAの2分ニュース(20年10月5日放送の1回目)


 ナラボー・プレスのサイトで、Voice of America のナチュラルスピードのニュースを、毎週1回アップしています。
 そして、その用語や表現などを、このブログで解説します。
 長くなりますので、今回も、3回に分けて掲載しましょう。

音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。
https://www.nullarbor.co.jp/voa/news/1005_10pm.html

2020年10月5日の午後10時(アメリカ時間)に放送されたニュースの最初の部分です。トランプ大統領がコロナ感染の入院から退院したというニュースで、2分のニュースの大部分がこのニュースのことを述べています。


This is VOA News via remote. I'm Marissa Melton.

 via remote は「リモートで」ということです。つまり、ちゃんとしたスタジオではなく、自宅などでニュースを読んでいます。そのため、音質が劣っています。


U.S. President Donald Trump has arrived back at the White House and posed on the balcony of the presidential residence after 72 hours in the hospital being treated for coronavirus.

and posed on the balcony of the presidential residence「そして、大統領公邸のバルコニーでポーズを取った」
 presidential residence は「大統領公邸」。residence は「住居」。「住人」は resident と言います。

after 72 hours in the hospital being treated for coronavirus「入院して新型コロナ感染の治療を受けていた72時間後に」
 in the hospital は「入院して、病院で」ですが、「入院して」という意味のときは、冠詞の the のない in hospital という表記も使われます。


Mr. Trump did not answer questions from reporters as he strode, without aid, from the hospital to his vehicle outside Walter Reed National Military Medical Center in a suburb of Washington, D.C.

Mr. Trump did not answer questions from reporters as he strode「大股で歩きながら、トランプ氏は記者団の質問には答えなかった」
 strode は stride(大股で歩く)の過去形です。as は「〜しながら」という意味の接続詞。

without aid, from the hospital to his vehicle「病院から車両まで助けを借りずに」

 aid は「助け、支え」という意味の名詞。vehicle はあらゆる乗り物に使える便利な名詞です。極端に言うと、車のない「そり」も vehicle です。

outside Walter Reed National Military Medical Center「ウォルター・リード米軍医療センターの外で」
 Walter Reed は、アメリカ陸軍医学校の細菌学教授ウォルター・リード(1851−1902)の功績にちなんで名づけられたものです。黄熱病治療の解明に貢献した人です。

in a suburb of Washington, D.C.「ワシントンDCの郊外にある」
 「郊外」は複数形の suburbs で覚えている人も多いでしょう。ですが「ある郊外」と表現するときは、このように単数形で示します。
 また、Washington, D.C. の表記でコンマを省く人も多いのですが、コンマとD、C のあとのピリオドは省略しないようにしましょう。


Once back at the White House, he took off the mask he had been wearing on his face and posed for photographs on the balcony of the White House.

Once back at the White House,「いったん、ホワイトハウスに戻り」

he took off the mask he had been wearing on his face「顔に着けていたマスクを外した」
 took off という過去の行為よりも前に着けていたので、he had been wearing のように過去完了形を使って表現しています。また、the mask と he had been のあいだには関係代名詞が省略されています。

posed for photographs on the balcony of the White House「ホワイトハウスのバルコニーで、写真のためにポーズを取った」
 photograph の複数形は photographs です。省略形の photo は語尾が –o になりますが、複数形のときも、語尾に –es は付けません。-s だけを付けます。


Earlier, Mr. Trump's primary physician, Dr. Sean Conley, told reporters, “Though he may not entirely be out of the woods yet, the team and I agree that all our evaluations, and, most importantly, his clinical status, support his return home.”

Earlier,「これより前」

Mr. Trump's primary physician, Dr. Sean Conley, told reporters,「トランプ氏の主治医であるショーン・コンリー医師は記者団に話した」
 primary physician は「主治医」。

Though he may not entirely be out of the woods yet,「まだ彼が完全に危機を脱したとは言い切れないが」
 out of the woods は「危機を脱して、困難を逃れて」という意味のイディオムです。
 not entirely は部分否定の表現です。「完全に〜というわけではない」という意味になります。

the team and I agree that all our evaluations, and most importantly his clinical status, support his return home.「医師団と私は、私たちのすべての評価、そして最も重要なことは、彼(トランプ氏)の臨床状態が退院を支えているということに合意した」
 most importantly は「最も重要なことは」という意味を表す副詞句。
 his return home は「彼の退院」という意味の名詞句です。


続きは、明日と明後日に分けて掲載します。



posted by 赤井田拓弥 at 09:59| Comment(0) | VOA

2020年10月06日

You’re up to something. ― 映画で使われた表現


アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。
基本的に、月曜日か火曜日に掲載します。

You’re up to something.

2017年のイギリス映画 Hampstead(邦題は『ロンドン、人生はじめます』)の中で使われた表現です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5323299.html

 主演はダイアン・キートンです。1970年代にいくつもの映画で出ており、私は大ファンでした。『ゴッド・ファーザー』や『ミスター・グッドバーを探して』などにも出演しています。

 私はタバコは吸わないし吸ったこともありませんが、『ミスター・グッドバーを探して』でダイアン・キートンがタバコを吸う姿には魅了されました。

『ロンドン、人生はじめます』での一幕

 亡くなった夫の負債に悩まされながら生きているエミリー(ダイアン・キートン)は、ある日、双眼鏡で遠くを見ていると、自然に囲まれた小さな家で暮らしているドナルド(ブレンダン・グリーソン)の姿を発見します。

 彼は余計なものを持たず、気ままに本を読み、森でピクニックをするといった自由で優雅な生活をしていました。
 やがて彼女は、頑固ながらも温かいドナルドの人柄に惹(ひ)かれていきます。

 さて、You’re up to something. が使われているシーンです。

 If you really want to stay here, you have to fight for it! は、ドナルドが、不動産開発業者の手で立ち退き命令を出されたあとに、エミリーが言っている台詞です。

 エミリーがドナルドと付き合い始め、母親の家を訪れた息子が、何かが違うことに気づき、

 You’re up to something, mama. 「ママは何か隠しているね」

と言います。そのあとのエミリーのセリフが What could I possibly be hiding? (私が何を隠せるって言うのよ?)です。
 ドナルドが言っている Handyman は「便利屋、雑用係」という意味です。


be up to something の使い方

 be up to something は、疑問詞の形でもよく使います。例えば、人が何かそわそわしていたり、何かを隠していたりしているようなとき、What are you up to? (何をたくらんでいるの?)のように言います。

 誰かが何かを企んでいそうなとき、She may be up to something. (彼女は何かを隠しいるかも)のように言うこともあります。

 また、「これからどうするの?」と言うようなときにも What are you up to? と言ったりします。

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/
posted by 赤井田拓弥 at 10:15| Comment(0) | VOA

2020年10月05日

カリフォルニアの青い空 ― 5.アメリカの大学探しと新聞配達終了


 1976年1月16日の時点では、まだ行ける語学学校や大学は決まっていなかったが、留年は決まってしまった。アメリカに行かなければならないことは決定した。

 すると、前に述べたカリフォルニア州 Palm Desert というところにある College of the Desert という大学の ESL (English as a Second Language) プログラムの責任者から手紙が来た。「いつ来る予定か、今はどういう状況にあるのか」などなど、いろいろな質問が書いてあった。それで、すぐに返事を書き、その後、その責任者の人とは数度の手紙のやりとりが続く。

 こうして1月、2月が過ぎ、3月になった。あと1か月で読売育英奨学生の立場も終わる。いろいろな手続きで、新聞社に行くことも増えた。『読売ジュニア』という奨学生向けの月刊新聞の後輩への引き継ぎ、新入生の研修の打ち合わせなどなど。

 3月20日過ぎには、私の区域の後任の新入生が決まり、その後輩に配達手順やいろいろな業務(順路帳や顧客名簿の書き方など)の引き継ぎをした。

 私は留年するので、当然、卒業式には出られない。卒業式の日は、新聞配達用の作業着を着て大学に行き、級友たちに会って別れを言った。

 アメリカの大学からの手紙には、なんと「授業料は無料である」と書いてあった。とても信じられないので、再度手紙で問い合わせたが、「心配ご無用。授業料は要りません。教科書も無料だ」とあった。そして、学生ビザのためI−20を発行するので、いろいろと情報を送れとあった。

 こうしてアメリカへの留学が具現化が進んでいた1976年3月であった。

posted by 赤井田拓弥 at 10:10| Comment(0) | カリフォルニアの青い空