2020年02月21日

初めてエレベーターなるものに乗ったのは。

このあいだ高校の同級生と飲んだとき、エレベーターに初めて乗ったときの話になった。
私が初めてエレベーターに乗ったのは、なんと高校を卒業してから。もちろん、それまでに屋久島を出たことは何度かあったけど。
 
確か、私が高校を出るまで、屋久島では3階建てのホテル(当時は国民宿舎)が最高だったはず。エレベーターなどはない。3階建てが珍しいと、母とバスに乗って見に行ったくらいだから。
 
最初の屋久島脱出は、母方の祖母の葬式のとき。しかし、これは小学校に上がる前だったので、ほとんど記憶にない。まずエレベーターなんぞには乗っていない。覚えているのは、母の実家の庭にボンタンがたわわに生っていたことだけ。
 
次に屋久島を出たのは、小学校6年の修学旅行。このときは、ふつうの旅館に泊まって、先生やガイドの人についてまわるだけだから、エレベーターには乗らない。
 
その次が中学校2年の修学旅行のとき。このときは確か自由時間があって、鹿児島の山形屋というデパートに行ったが、乗ったのはエスカレーターだけ。これだと恐くないからね。
 
高校に入ってからは、修学旅行も含めて何度か屋久島を出たが、エレベーターに乗った記憶はない。
 
そして、大学受験で小倉に行く。合格したら読売新聞社の育英奨学生として新聞配達をしながら通学することになっていたので、試験を受けたあと、まだ合格発表前だったが、新聞社にあいさつに行った。「受かったらお願いします」と。
 
読売新聞西部本社に着き、受付で「奨学会に行きたいんです」と言ったら、受付の妙齢の女性が「では、エレベーターで4階に行ってください」とエレベーターを指差した。
 
読売新聞西部本社と言っても田舎の新聞社だから高くない。当時、確か5階建てくらいだったか。そして受付ロビーも狭く、受付とエレベーターの距離もほとんど離れていない。入学後、新聞社にはひんぱんに行ったので、よく覚えている。
 
エレベーターはドアが開いていて、それに乗り込んだけど、ドアは閉まらない。ボタンの押し方もよく分からん。で、受付のほうを見たら、彼女がこちらを見て怪訝な顔をしている。私はとたんに恥ずかしくなって、脱兎のごとくエレベーターから飛び出し、4階まで階段を駆け上がった。
 
4階に行って担当者の人(20代後半くらいか)の人と話していたら、「赤井田くん、昼飯は食ったか?」と聞くので「まだです」と答えると、「じゃ、行こう」とエレベーターで1階の食堂に行った。

これが我が人生初めてのエレベーター体験でした。
posted by 赤井田拓弥 at 18:12| Comment(0) | 雑文