2019年12月25日

英語が聞き取れない原因


 突然ですが、次の音声を聞いてみましょう。



 聞き取れなかったとしたら、何が原因なのでしょう? スピードが速すぎたから?
 それでは、ちょっと遅くしたのを聞いてみましょう。



 どうでしたか。おそらく、聞き取りの度合い(聞き取れない)には変化はなかったのではないでしょうか。


 それでは、次の音声を聞いてみましょう。



 どうでしょう? 聞き取れて、意味も理解できたのではないでしょうか。音声のスクリプトは、下の英文です。おそらく、すらすらと読んで理解できることでしょう。

When we speak simply, it is quite easy for the listener to understand what we mean. We should use easy words. We should also use short sentences.


読めない英文は聞き取れない
 
 では、最初に聞いた英文を見てみましょう。

Conveying a message via employment of non-convoluted expressions and relatively non-complex syntax significantly lowers the level of difficulty for the audience to comprehend the content.

 読んでもさっぱり意味が取れませんね。ポイントはここです。読んで意味が分からない英文は、聞き取って理解することはできないのです。


「理解スピード=読むスピード」

 私たちは、書かれたものを読むスピードで内容を理解します。やさしい内容のものは速く読めても、むずかしい内容のものを読むときにゆっくりになってしまいます。これは、理解スピードが遅くなるからです。これは、日本語でも英語でも同じことが言えます。

英文は読めるのに、聞き取れない?

 「日本人は英語の読み書きはできるが、聞くと話すができない」と、ずっと言われ続けてきました。しかし実際には、学校の授業などで読んでいるスピードは、とても「読める」とは言えないスピードなのです。


ネイティブ・スピーカーが話すスピードで読めることが重要。

 ネイティブ・スピーカーは、1分間に150語くらいで話すと言われています。つまり、そのスピードで理解するスキルが必要なわけです。

 上で「理解スピード=読むスピード」と述べました。
 ネイティブ・スピーカーが話す1分間に150語の英語を理解するためには、それと同等以上のリーディング力が必要だということになります。

 日本の大学生のリーディングスピードは、1分間に100語行けば「英語ができる」人たちのようです。1分間に100語しか読めなければ、1分間に150語で話す英文は理解できません。


posted by 赤井田拓弥 at 11:01| Comment(0) | 雑文