2018年11月15日

アクセントの来ない語頭の母音は消失する。

アクセントの来ない語頭の母音は消失する。

 例えば、Excuse me. の excuse は -cu- のところにアクセントがある。なので、速く言うと[クスキューズ ミ]のような発音になる。
 
 話は変わって、アメリカでは米をあまり食わないはずなのに、米の国(米国)という。なぜか。

 昔、外国名を漢字で書いていた頃は、アメリカを「亜米利加」と書いた。そして、ここでもアクセントの来ない語頭の「亜」が消失して「米国」となった。
  
 ちなみに、小麦粉を、私が子どもの頃は「メリケン粉」と言った。これも American flour が「アメリケン粉」と訳され、次第にアクセントの来ない「ア」が消失していったのである。
 
 頭は消失して薄くなるものである。私も例外ではない。
posted by 赤井田拓弥 at 16:56| Comment(0) | 雑文

2018年11月13日

おもしろい出会い。


 20年ほど前のこと、会社でアルバイト募集をした。
 もう面接をほぼ終わり、ある人に決めようと思っていた矢先、まだ面接できますかという電話がかかってきた。

 電話で話していて雰囲気がよかったので、「じゃ、面接に来てください」と言ったら、その夕方やって来た。
 
 会って話していると、すごくさわやかな青年だったので、決めようと思っていた人をやめて、彼に決めた。
 
 彼が勤め始めて2週間ほど経ったころの夕方、オフィスでちょっと飲みながら私のアメリカ時代のことを話していたところ、彼が「伯母がアメリカに住んでいるんですよ」と言う。
 
 で、話していると、私が住んでいた町に住んでいることが分かった。彼の伯母さんは彼のお父さんのお姉さんで、ユダヤ人の家に住み込み、家政婦さんをしていると言う。
 
 私が「僕がアメリカにいたときに知り合った人で、そんな人を知っているよ」と言いながら話をしていると、どうも、彼の伯母さんとという人は、私の知っている女性だと思い、「もしかしてあなたの伯母さんという人はタカコさんじゃない?」と言うと、「そうです」と。
 
 彼は家に帰ってから、その伯母さんに電話をしたそうだ。するとタカコさんは「よかった。タクヤさんがアメリカにいるときにいじめなくて」と言ったそうだ。
 
 私も「アメリカにいるときに悪いことをしなくてよかった」と思ったものだ。
 
posted by 赤井田拓弥 at 23:05| Comment(0) | 雑文