2018年10月04日

初めて聞いて42年経っても忘れていない英単語


 一度聞いただけ、それも音声のみ。42年前。その後、一度たりとも聞いたり使ったりしたことがないのに、ずっと覚えている英単語がある。
 それは blister(手や足にできるマメ)である。

 42年前、初めてアメリカに行き住み始めてまだ1か月にもならない頃、その地を大雨が襲った。砂漠地帯なので、山からの洪水で、多くの家のプールや家の中に土砂が流れ込んだ。

 ある先生の家のプールや家の中に土砂が流れ込んだので、日本人留学生数人で、後片づけに駆けつけた。

 作業が終わったとき、手にマメができていることに気づき、先生のお嬢さん(当時小学校3年生)に「これは何という?」と訊いたところ、blister だと答えた。

 それだけである。後にも先にも、この単語を耳にしたのは、この時だけである。自分で使ったこともない。

 その後42年になるが、未だに覚えている。
posted by 赤井田拓弥 at 17:54| Comment(0) | 雑文