2017年06月21日

ホテルで男に襲われそうになった話の続き。


 男と同じホテルの同じ部屋に泊まることにしたが、だんだん不安になってきた。

 最初は、同じ部屋に泊まり、私が寝入ったころを見計らって物を持ち逃げするのではないかと思った。
 いろいろと話していて、確かに弁護士のようだし、そういった犯罪を犯すような人には思えなかったので、その疑念は外せると考えた。

 そして、彼がゲイ(ホモ)ではないかと思い当たった。

 「食事に行こう」 と言うので、ついていった。やや高級そうな日本料理屋である。「僕はあまり金がないから、こんなところは」 と辞退したが、自分が払うと言う。
 ごちそうになることにした。食べたのは天ぷら定食。

 ホテルへの帰り、ウォーターフロントのバーに寄った。そこで彼が注文したのが Irish coffee。そして、私にもそれを頼めと言う。

 この時点で彼がゲイであることがはっきりした。

 アイリッシュ・コーヒーというのは、コーヒーに Irish whiskey を入れた飲み物である。

 当時、ゲイが多いとされるサンフランシスコでは、アイリッシュ・コーヒーはゲイが好むコーヒーだとされ、頼むときには注意しろと言われたものだ。
 アイリッシュ・コーヒーを飲んでいるのがゲイの人たちに分かると言い寄られるよ、というのだった。

 もちろん、それまでゲイの男性と同じ部屋に泊まったことなどなかったから、焦った。もうすでに夜の11時を過ぎていた。すでに5ドルを彼に払っていたし、これからほかのホテルを探せるとは思えなかったので、なんとか朝までやり過ごすことにした。

 部屋に戻ると、さっそく、「ゆうべは列車で寝てシャワーを浴びていないから」 と彼に伝え、すぐに bathroom に飛び込んだ。
 お湯をいっぱいに溜めてゆっくりと。一度お湯を捨てて、また溜め、時間を使った。彼がそのうち眠り込んでくれるだろうと思ったのだ。

 小一時間をかけて風呂に入り、出てきてみると、彼は起きていた。ああ、やっぱり。

 もちろん、別々のベッドに入って寝ようとしたが、彼がいろいろと話しかけてくる。

  Did you like the Irish coffee?
  Do you like pajamas?
  Do you know karate?

などなど。
 
 少しうとうととしかけたとき、すぐそばに人の気配を感じて目が覚めた。そして、こんな会話になったのだった。

  私: What are you doing? What time is it?
  彼: Do you really wanna know what time it is?
  私: Not really, but you'd better go to sleep because you're gonna drive long way to Canada tomorrow.


 夕食のときの会話で、次の日に車を借りてカナダのバンクーバーに行こうという約束になっていたのだった。

 最後に、彼がこう言った。

  I'm restless. Let's have fun before we go to sleep.

 私は No way! と言って、シーツを身体にぐるぐる巻きにして、まんじりともせずに夜を明かしたのだった。

 次の朝、彼はゆうべの騒動は忘れたかのようにケロッとしていて 「カナダに行くよ、起きなさい」と言ってきたが、私はもちろん断った。


 この話をしたところ、ある人は 「ホテル代やディナーを出してもらったのだから、思いを遂げさせてあげればよかったのに」とのたまわった。
posted by 赤井田拓弥 at 19:18| Comment(0) | 生活英語

シアトルのホテルで男に襲われそうになった話


 39年前、25歳になる直前に、Amtrak という列車でアメリカ一周旅行をしたことがある。
 1か月間乗り放題の周遊券(Rail Pass)が、1ドル300円の当時255ドル(76,500円)だった。110円くらいの今(2017年)は689ドルだから、日本円感覚では、今でも同額という感じだ。

 5月3日にロサンゼルスの Union Station を出発し、ニューオーリンズのジャズバーで出演者のジャズバンドに25歳の誕生日を祝ってもらい、6月1日にカリフォルニアに帰ってくるという一人旅。どこの市を訪問し、どこのホテルに泊まるのかも決めていない、まったく気ままな旅だった。

 朝10時半にロサンゼルスの Union Station を出発した Amtrak の列車は、サンフランシスコを過ぎるあたりで夜になり、車内泊。2人掛けの列に1人しか座らないし、椅子がほぼフラットに倒せるので、ダブルベッドに寝るような感覚で、すこぶる快適な夜行列車である。

 出発して2日目に、早くも事件が起きた。

 オレゴン州の Portland で30分ほどの停車時間があったため、列車を降りて駅に行き、絵はがきやスナックを買って席に戻ると、見知らぬ男が、私の席のとなりに座っていた。

 で、These seats are mine. と言ってみた。すると、Both are not yours, right? と返された。確かに、それまでは乗客が少なかったから、1人で2席占領していたが、シアトルに近づくにしたがって乗客も増え、二人並んで座っている席もいくつかあった。

 last name は忘れたが、名前は David といった。弁護士だという。アメリカの弁護士の仕事のことなどいろいろ聞いた。私もアメリカの大学ではジャーナリズムを勉強していたので、法律用語などは少し知っており、理解できた。

 行き当たりばったりの旅だったので、シアトルではどうするのかをまだ決めていなかったが、列車の到着が遅れたため、シアトルではホテルを探さざるを得なくなっていた。

 まだどこのホテルにも予約はしていないし、これから探さなければならないと私が言うと、David の話では、安いシングルだと15ドルくらい、ツインだと20ドル前後だという。

 そして、彼がこう提案してきた。

 「僕は17ドルの部屋に予約を入れている。ツインにすれば22ドルだから、ツインにして、同じ部屋に泊まれば、君は5ドル払ってくれるだけでよい

 旅のしょっぱなからホテル代に多くの金を使いたくないと思っていたので、「渡りに舟だ」と思ってしまった。1泊5ドルで済むと思った。

 これが悲劇を招くことになる。

 長くなったので、続きは、またあとで。
posted by 赤井田拓弥 at 17:22| Comment(0) | 生活英語