2017年04月05日

「時代」を表す era と period の違い


 拙著『中学レベルの英語で東京を案内する本』は、東京のいろいろな公園や散歩道を英語で紹介しています。
 現況の説明だけではなく、歴史的な背景も紹介しています。そのため、江戸時代とか明治、大正時代のことも出てきます。

 「中学レベルの英語で」ですから、もちろん英語で書かれていますが、その日本語訳や重要表現もあります。

 私は、この本の中で era period を区別して使いました。

 「江戸時代」を Edo Period と表し、「明治時代」や「大正時代」は Meiji EraTaisho Era としました。

 era period も「 時代」 ですが、 使い方に少し違いがあるそうです。 period は「 ある長さの特定の時代」を表し、 era は、ある君主や王が君臨した時代を指します。

 江戸時代には、多くの天皇や将軍がいましたので、period で表します。そして、明治以降は1つの時代に1人の天皇の時代で、明治、大正、昭和のように区切っていますから、era を使いました。

 よく、ネットやほかの本などでは、Edo period のように、Edo は大文字で始めても、period は小文字のままという表記を見ますが、固有名詞につながった普通名詞も大文字にするのが表記のルールです。
 ですから、例えば「新宿駅」も Shinjuku Station のように両方を大文字にします。

 本書は、ゆっくりとした音声の英語も無料でダウンロードできますから、シャドーイング学習などで覚えておくと、外国の人たちを案内するときに使えます。

 こちらからどうぞ。


TokyoAnnai.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 09:58| Comment(0) | 英語で英文法