2017年03月31日

英語は、どうやったら聴き取れるようになるのか。


murasakinabana.jpg
これは「ムラサキナバナ(紫菜花)」という花です。クリックすると拡大します。

拙著 『ディクテーションのススメ』の使い方

 英語の4技能のなかでも、日本人が苦手だと言われるリスニングですが、どのようにすれば、効果的に速く聴けるようになるのでしょうか。

まず大前提: 読めなければ聴けない。

 「未就学児や目の不自由な人、昔の日系移住者たちには、読めないのに英語が聴き取れる人たちがいるではないか

という反論が聞こえそうですね。ですが、これには膨大な時間が必要です。子供が生まれてから小学校に入学するまで、1日に12時間英語を聞いたとすると、

  12時間×365日×6年=26,280時間

です。
 
 もう大人になった私たちには、こんな時間はとてもかけられませんね。ですから、まずは英語を読めるようにし、そしてそれが聴き取れるようになる訓練のほうが近道だというわけです。


読めても聴き取れない要因は?

 英文を読んで意味が分かっても、音声で聴くと理解できない、つまり聴き取れないこともあります。

 それは、もちろん音声に慣れていないからですが、それは単語がつながって文やフレーズになったとき、消失、弱化、短縮、連結、脱落、同化などの音声変化によって、1語のときの発音とは違った発音になることが多いからです。

 こういった音声変化に慣れ、しっかりと聞き分けられるようになって、「読める文が聴き取れるようになる」というわけですね。

 拙著『ディクテーションのススメ』では、消失、弱化、短縮、連結、脱落、同化などの音声変化について、音声を使って詳しく説明し、そのあと「練習問題」で音声変化理解の確認をします。

 次に、空所補充問題を解いて、理解度を確認します。この空所補充問題は、PDFファイルをダウンロードして、それに書き込んで解く方式を採っています。

 つまり、紙の本で学習する感触が得られます。

 解答と解説(音声変化について詳しく解説しています)は、電子ブックで確認するシステムです。


 ディクテーションの正解率とTOEICスコアの相関性については、また次回に。

 『ディクテーションのススメ』は、こちらからどうぞ。
posted by 赤井田拓弥 at 15:33| Comment(0) | 英語で英文法

ベトナム戦争体験者だったルームメイトとのアメリカでの話


 きょうは、英語の話を外れて、アメリカでの奇妙な(?)体験談を。

 アメリカに行って2か月ほど経ったころ、ルームメイト(ビルという名前)の友人が結婚して家を買った。すると、どうも不審者が現れ、2度ほど break-in されたという。

 その友人がルームメイトに、ひと晩夜警をしてほしいと言ってきた。
 家の遠くに車を停め、そこから見張るだけだからといって、私も駆り出された。

 家を買ったビルの友人はライフル銃を買った。彼は、そのライフルを持って自分の家にいて見張るという。

 ビルともう1人の友人(彼も銃を持っていた)と私が、ビルの車に乗って、遠くからその家を見張ることになった。

 車で友人の家に向かう車中で、銃を持った友人が「もし不審者が撃ってきたら、車のシートの下に隠れろ」 と言った。

 「冗談じゃない! そんな話は聞いてないよ!」

という気持ちだったが、「イヤだから帰る」 というのも弱虫のような感じで言えなかった。そもそも、砂漠の途中で、帰る手段もなかったし。

 ビルの友人が買った家は、砂漠の中にあるような感じで、まわりには数件の家しかなかった。ビルと私ともう1人の友人は、家を買った友人の家から100メートルほど離れたところに車を停め、見守った。

 朝の3時頃まで車の中で見守ったが、その夜は何も起こらず、引き上げることになった。

 その後、不審者の話が出ることはなく、また行こうという話にはならなかったが、なんとも不思議な夜を過ごしたものだった。


DSC02579.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 10:11| Comment(0) | 英語で英文法