2017年03月08日

日本人は英語をしゃべるとバカになるのか。

 先週、あるシンポジウムがあり、聞きに行きました。
 その中で、一人の登壇者の先生(東大教授)が、次のような話をされました。

 「7,8人の日本人だけしか参加していない会議で、みんなが英語で話すことがあります。すると途端に知能指数が半分くらいになったような内容しか出てきません。」

 これを聞いて思い出すのが、いくつかの大学で行われている英語弁論大会です。

 ある女子大学で行われる弁論大会には、私のオフィスでは、毎回(過去10年くらい)賞品を提供しています。一度も「見に来てください」という誘いもなかったので、3年ほど前に、こちらから「見せてほしい」という要望を出して見に行きました。

 そこで思ったのは、弁論の内容が大学生にしては幼稚だなと感じたことです。参加者たちは全国の地方大会を勝ち抜いてきた精鋭ばかりです。

 すばらしい英語の発音とパフォーマンスで、一見(聴いてすぐは)すごいなぁという印象なのですが、聴いていくうちにだんだんと「あれ、この内容だと、日本語にすれば中学生の弁論大会のレベルでは?」と思えてしまいました。

 「何をしたか」という事実を述べるだけの話が多く、大学生の主張であれば、もう少し踏み込んだ考察がほしいものだと思ったのでした。

 思うに、これは弁論の原稿を書くときに、おそらく初めから英語で考えているからではないでしょうか。昔から Think in English と言われていましたし。

 たぶん日本語で書き始めてはいけないと思う学生も多いのでしょう。

 しかし、哲学者・思想家の内田樹氏は次のように言っています。

 「母語はあらゆる知性的・情緒的なイノベーションの培養基である。私は母語によってしか『喉元まで出かかったアイディア』を言葉にすることができない。後天的な努力によって英語で読んだり、書いたり、話したり、場合によっては考えたりすることも可能だが、英語で“創造する”ことはできない。」

 つまり、弁論の原稿を書く際も、やはり日本語で書き始めたほうがよいように思います。それを英訳し、ネイティブの先生あるいは友人にチェックしてもらいながら推敲を重ねていけば、もっと掘り下げた深い内容の主張になるのではないでしょうか。

 この大学での弁論大会のあと、東京大学で行われた弁論大会も聞きましたが、同じようなことを感じました。

 中学校や高校の教科書を見ても、英語で書かれているために立派な内容に思えてしまいますが、日本語に訳してみると、まるっきり幼稚です。
 例えば、次のような内容です。中学2年の教科書ですが。

 I'm a junior high school student. Today, I went to the park with my friend Taro. I played soccer with him in the park. It was fun.

 これを日本語にすると、「きょう友だちと公園に行きました。サッカーをしました。楽しかったです」となり、まるで小学2年生の作文ですね。

 語彙力が足りないのだから仕方がないとも言えますが、やさしいレベルの単語を使っても、内容の高い文は作れるはずです。アメリカの大統領の演説などは、やさしい単語ばかりです。

 アメリカの国民は、英語の母語話者ばかりではないからです。
posted by 赤井田拓弥 at 18:39| Comment(0) | 生活英語

英語で英文法を学ぶ ― 時制3(完了形)

 Voice of America の Everyday Grammar という番組を聞きましょう。やさしい、ゆっくりとした英語です。

 昨日に引き続き 「時制」 ですが、きょうは「>完了形
」 です。
 スクリプトを下に示します。下のシークバーをクリックすると音声が流れます。昨日と同じ6分半です。

 また、いろいろな文法用語を英語で覚えることもできます。文法用語は、辞書で調べて、日本語での用語と併せて覚えておきましょう。
 完了形の「経験用法」、「継続用法」、「完了・結果用法」をどのように説明しているのかに注意してください。
  また、英語で英文法を学ぶと、意外と日本語で学習するよりも理解しやすいことが分かるのではないでしょうか。

 音声が低いなと感じたら、左のスピーカーマークの「」で調整してください。



 For VOA Learning English, this is Everyday Grammar.

 Today, we are going to talk about the perfect verb tenses. Perfect tenses generally focus on how a past action affects the present. For example, “I have already eaten.”  The suggestion is that the speaker is not hungry.

 Perfect verb tenses are the most difficult for English learners. The term “perfect” can be confusing. What does grammar have to do with not making mistakes? When you are talking about grammar, perfect has a different meaning. It comes from the Latin word perfectum, which means “complete.”

 The most important thing to remember is the perfect tenses always refer to completed actions. If you get confused, try replacing “perfect” with “completed,” and the time relationship should become clearer.


Present Perfect

 We will start with the present perfect. You form the present perfect using has or have followed by a past participle verb. For example, “I have seen Star Wars.”

 The use of the present perfect here gives us three pieces of information.
 First, it tells us that the event is finished.
 Second, it tells us that the exact time of the action is unknown or unimportant.
 Third, it suggests that the experience of seeing Star Wars has some effect in the present.

 One of the most difficult distinctions for English learners to make is the difference between the simple past and present perfect.

 Remember, when there is a specific time, you use the simple past. In the sentence “I saw Star Wars last night,” the adverb last night is a specific time.

 You cannot say “I have seen Star Wars last night.” But, you could say, “I have seen Star Wars before” or “in the past” or “three times.”

 You should also use the present perfect to refer to a repeated action in the past. For example, “I have taken that test four times.” The exact time of each action is not important.

 You can also use the present perfect to describe an action that did not happen, using the adverb never. “I have never traveled outside of my country” and “I have never smoked in my entire life.” Something that did not happen in the past, like not traveling and not smoking, can also have an effect in the present.

 The adverbs never, already, yet and so far are common in the present perfect. Adverbs are often the best indicators of which verb tense to use.


Past Perfect

 Now let us look at the past perfect. The past perfect describes an activity that was finished before another event in the past. For example, “She had already had a baby before she graduated.”

 To form the past perfect, use had followed by a past participle verb. For the second action, use before or by the time followed by the simple past verb. Imagine you were at a New Year’s Eve party, but you fell asleep before midnight. You could say, “I had already fallen asleep before the New Year came.”

 You can use the past perfect to talk about how an experience from the distant past relates to an experience from the more recent past. For example, “The soldier wasn’t scared because he had already been in battle before.”

 In other words, battle was not a new experience for the soldier.

 If the time relationship is clear, you can choose between the past perfect and the simple past. “My grandfather passed away before I was born,” has the same meaning as “My grandfather had passed away before I was born.”

 The past perfect just emphasizes that the first action was completed before the second action.


Future Perfect

 Let us move on to the future perfect. Use the future perfect when you know that one future action will be completed before another future action. For example, “I will have graduated from college before my little brother graduates from high school.”

 The future perfect has very limited use because we rarely know a future sequence of events with any certainty. When it is used, the future perfect usually refers to major life events that are planned years in advance.

 And those are the three perfect tenses. Join us next week on Everyday Grammar for an explanation of the perfect progressive tenses.

 I’m John Russell.
 And I’m Ashley Thompson.


 この花がなぜオオイヌノフグリと呼ばれるのかは、実を見ると分かります。

inunohuguri-2.jpg
inunohuguri-4.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 09:47| Comment(0) | 英語で英文法