2017年02月26日

『秋桜』 を訳してみました。


 今日の関東地方は、うららかな暖かい春の日でした。こうした晩冬または早春の暖かな日を 「小春日和」 と間違える人もあるようですが、小春日和というのは、晩秋や初冬の、春のように暖かな日のことですね。

 また、「小春日和」 の和英辞書には Indian summer も出てきますが、どうなんでしょうね。私がアメリカで過ごした経験では、Indian summer は 「小春日和」 とはかけ離れた暑さの日でしたけどね。

 下のは 『秋桜』 の訳ですが、この歌の 「小春日和」 に Indian summer を当てたら、目も当てられないでしょう。
 
 また、『秋桜』 はネットで見ると、多くの人が英訳しているようですね。

A pale pink cosmos is swaying in a quiet sunny spot
My mother gives a small cough in the garden
Recently she easily tears

Opening my album on the wooden porch
She repeatedly talks about the same memories of my childhood
In a small voice just like talking to herself

On such a mild late-autumn day
I deeply feel how kind you have been to me

Tomorrow is my wedding day and I'll leave here
You said with a smile that I might have a tough time
Time will change it to a funny story in the long run


 英語でカバーした歌もあるようですね。
posted by 赤井田拓弥 at 13:47| Comment(0) | 雑文