2017年02月23日

アメリカの独立記念日は、ほんとうに7月4日?」

 Voice of America の The Making of a Nation という番組を聞いてみましょう。やさしい、ゆっくりとした英語です。

 きょうは、「アメリカの独立記念日は、ほんとうに7月4日?」という放送です。

 スクリプトを下に示します。下のシークバーをクリックすると音声が流れます。3分26秒あります。

 音声が低いなと感じたら、左のスピーカーマークの「」で調整してください。



July-Fourth.jpg


 July 4, 1776, was the day early American leaders signed the Declaration of Independence and ended the colonies’ political relationship with Britain.

 Right?

 Well ... the real story is a little more complicated.

 It starts a year and a half earlier, in April 1775, when American colonists began fighting with British soldiers. At the time, most colonists just wanted more independence, not complete independence.

 But as the fighting continued, public opinion changed. By the summer of 1776, more and more people supported a complete break from Britain.
 
 In June, the colonial government met in Philadelphia.

 One of the representatives, Richard Henry Lee from Virginia, called for a vote on whether the colonies should declare their independence.

 The other delegates were not ready to vote. But they agreed to allow five people to write a statement about why the colonies were seeking independence.

 On July 2, nine of the thirteen delegates finally voted to accept Lee’s proposal for independence.

 A delegate from Massachusetts, John Adams, wrote to his wife that future citizens would celebrate July 2 for years to come.

 Two days later, Thomas Jefferson and the rest of the writing committee presented their Declaration of Independence. The delegates adopted it, and the president of the colonial government, John Hancock, signed it in large letters.

 But most of the other delegates did not sign the Declaration of Independence until a few weeks later. Some did not sign it until the following year. And some men who signed it had not even attended the vote in Philadelphia.

 Historian Ray Raphael challenges many American historical myths. Raphael says early American leaders did not discuss celebrating the anniversary of the colonies’ independence until it was too late. On July 3, 1777, they agreed to honor July 4 as America’s birthday.
 
 For well over 200 years, most Americans have marked the day with patriotic and family celebrations.

 I’m Jill Robbins.
posted by 赤井田拓弥 at 10:57| Comment(0) | 生活英語

since ten years ago は、なぜ間違い?


 現在完了形の継続用法は、「〜からずっと」という意味で、過去のある1 点から現在まで行為や状態が続いていることを表します。
 そして、since 〜for 〜 などがよく使われます。

 since 〜 は「〜からずっと」 という意味を表しますので、 「10 年前からずっと」 と言うとき、日本語につられて since ten years ago としてしまいがちです。

 ですが、これは間違いです

 文法書などでも、「since ago を同時に使うことはできない。代わりに、for ... years [weeks, months] のように表現する」と説明しています。

 なのですが、My brother has lived in Tokyo since he entered college ten years ago. という文は、正しい使い方なのです。「since ago が同時に使われている文なのに」です。

 なぜ since ten years ago は間違いで、since he entered college ten years ago は大丈夫なのでしょうか。

 これは、since に前置詞の用法と接続詞の用法があることがポイントです。

 since ten years agosince は前置詞です。前置詞は「(名詞の)前に置く語」です。ですから、since に続くのは名詞または名詞句でなければならないのです。ten years ago は副詞句ですから、前置詞の since に続けるのは間違いだということです。

 いっぽう、since he entered college ten years ago のときの since は接続詞です。
 主語が he で、entered が動詞で、<主語+述語> の節の形になっています。あとに節が続いているわけですから、この since は接続詞です。
 節の中では、副詞句を形成する ago を使うことができるのです。



marmalade.jpg
 写真はクリックすると拡大します。

 この本では、こうした文法の微妙な使い分けなどを説明しています。
 ↑ ここをクリックしてください。
posted by 赤井田拓弥 at 09:41| Comment(0) | 生活英語