2017年02月22日

ビラの語源? 「黄昏」 は 「誰そ彼」 か本当に?


post-no-bills.JPG

 post という動詞は、今では Facebook Twitter などでもおなじみの用語で、日本語としても理解されています。Post-It という付箋もありますね。

 bill は「ビラ、貼り紙」という意味です。

 ほかにもいろいろ「請求書、札、議案、法案、くちばし」などの意味があります。

 bill と 「ビラ」 は発音が似ているので、ビラの語源かと思ってしまいますが、どうなんでしょう?

 『広辞苑』はビラを 「bill の訛」 とし、「宣伝広告のために人目につく所に張り出したり通行人に配ったりする紙片」 と説明しています。そして、見出しは 「ビラ」 とカタカナです。

 また、講談社の『日本語大辞典』では、見出しを 「びら」 とひらがなにし、「片」 という漢字を当てています。語義は 『広辞苑』 とほぼ同じです。「花びら」の 「びら」 なんでしょうね。

 でも、どうして上に何も付いていないのに 「びら」 と濁るんでしょう?

 濁るということで私がいつも 「変だ」 と思っているのが、黄昏 (たそがれ) の語源とされる 「誰そ彼」 です。江戸時代にはすでに語源として確立していたとかいいますけどね。

 「彼」 は、上に何か付くと濁るんでしょうか。「元彼」は 「もとかれ」 で、濁りませんけどね。「あたしのもとがれがさぁ」と言いませんものね。

 私は 「冬枯れ」 などの 「枯れ」 だと思うんですけどね。まだ、調べ上げていません。
たそ」が何なのかわかりませんし。



 この本で、こうした英語の看板や標識の表現を見てみませんか。

 300円です。

SeikatuCover_web-sho.jpg

posted by 赤井田拓弥 at 16:31| Comment(0) | 生活英語

-o で終わる名詞の複数形に付く -es と -s の違い

 昔、アメリカのブッシュ大統領 (父親のほう) の副大統領候補が、大統領選挙のキャンペーンでニュージャージーの小学校を訪れました。

 そこでは英語のつづり方のコンテストが行なわれており、ある少年が黒板に potato と書いたところ、それを見ていたクエール氏は 「惜しいネ」 と言って、少年が書いた potato という文字の後ろに e を付け加え、potatoe としたのでした。

 その副大統領候補はダン・クエールという人で、喰えーるどころか喰えない話でした。

 この副大統領候補は、potatoes という複数形のつづりは知っていたわけですね。ま、そりゃそうでしょうね。
 
 そして、複数形の語尾には -s が付くというルールに則って語尾から -s だけを差し引き、potaoe というつづりを残してしまったわけですね。

 さて、私たちは、-o で終わる単語の複数形には -es が付く場合と -s が付く場合があると習うかと思います。

 【例】 potato  →  potatoes
     tomato  →  tomatoes
     photo   →  photos
     piano   →  pianos


 なぜでしょう? そして、違いはどこから来るのでしょうか。

 もともと、-o で終わる単語の複数形には -es しか付かないのです。そして、-s しか付かない単語は、語源に原因があるのです。

 語尾に -es が付く tomato potato も、もともとこのつづりですが、photo は、もともと photograph なのです。そして、piano は pianoforte です。

 こうした単語は -o で終わるわけではありませんから、複数形には -s のみが付くというわけです。ですから、略語になっても、複数形には -s のみが付くというわけですね。



 こういった単語の話は、この本で学習してみませんか。

500円です。

Magi_book_web.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 09:51| Comment(0) | 電子ブック