2017年01月17日

電子出版を始めました。

 長い間ブランクを空けてしまいましたが、また、とつおいつブログを書いていきたいと思います。
 と言いますのも、電子ブックを出しましたので、その宣伝も兼ねております。
 このたび、5冊(電子ブックなので5点かな)を同時刊行しました。ぜひお買い求めください。

電子ブック-1.jpg

 売っているのは、Amazonの
   ここです

 電子ブックは「紙」という実体がないため、まだどれほどの読者が見込めるのかは、まったくの未知数です。ですが、一般の日本語の本や雑誌は、そのほとんどを日本国内の書店で販売します(一部海外の日本人が多く住む都市の書店)。しかし、電子ブックは、世界中の人たちの目に触れる機会があります。もちろん、話題になるとか、何かのキーワードでヒットしてくれるとかがあってのことですが。

 出版する側に採っては、電子ブックは「印刷費用や製本代が要らない」というメリットがあります。また、在庫や返品の心配をすることがありません。つまり、自分で執筆し、DTP作業をやって本の形に仕上げていくことができれば、外注費の心配をしなくても出版が可能なのです。

 次回からは、個々の本の内容などを紹介していきます。
posted by 赤井田拓弥 at 18:10| Comment(0) | 電子ブック