2017年01月31日

昨日の続き

 昨日のブログで、太宰治が入水自殺した玉川上水沿いを歩いたことを書きました。

 入水地点が、これです。

01302017-3.jpg

 そして、遺体発見地点が、これです。

01302017-4.jpg

 こうした写真を見て、多くの人が「こんな少ない流れで水死できるの?」という疑問を持たれるかもしれません。
 それで、出版社勤務で太宰治の担当編集者をやり、生前、太宰と多くの交流があり、遺体発見現場にも立ち会ったという、野原一夫という人が書いた『回想 太宰治』を Kindle で買って読みました。

 すると、当時(昭和23年)は、平素から水量は多かったようですし、さらに梅雨時期ということもあって、濁流がごうごうと流れ、捜索には多くの人が関わりましたが、たいへんな困難を極めたようなのです。
 それで、6月19日を期限に、3日か4日ほど、羽村の取水門を閉じるか小さくするかして、水量をかなり少なくしてもらったのだとか。

 太宰が発見された6月19日の前日には、太宰ら2人以外のもう一人の女性の水死体も見つかったようです。それほど、玉川上水に落ちたら助からない流れだったようです。

posted by 赤井田拓弥 at 10:25| Comment(0) | 雑文

2017年01月30日

土曜日の徘徊

 百姓の私は、この時期、畑仕事はあまりありません。11月末にエンドウ類の種を蒔いて、のらぼう菜の移植が終わると、農閑期です。3月半ばに、ジャガイモの種芋の植え付けが、その年の農作業の始まりです。

 農閑期の週末の天気のよい日は、徘徊をします。

 東京の三鷹市は都心にも近いのですが、まだ農地が多く残っているそうです。先週の土曜日、ふと思い立って、そうした農地を見に行こうと出かけました。

 京王線で、私の住む京王片倉から準特急に乗り、千歳烏山という駅で下車。北へ出て、甲州街道を渡り、どんどん北上。中央高速道路の下をくぐって少し進んでから、井の頭線の三鷹台という駅のほうへ進んだところ、玉川上水に行き当たりました。

01302017-5.jpg

 今は冬枯れの木立が並んでいますが、春に芽吹いたら、とても気持ちのよさそうなところです。ふと、玉川上水は作家太宰治が入水した用水路だと気づき、流れに沿って遡ってみることにしました。

 三鷹の農地見学は、また次の機会に。

 玉川上水は両側をずっとフェンスで囲ってありますので、中に入ることはできませんが、木立はすぐ間近に見ることができます。こんな木も見ました。

01302017_1.jpg

 うろにビワの木が2本育ち始めています。ビワの種は大きいので小鳥が飲み込んで糞として出したとは思えません。おそらく、リスが冬用に隠して忘れてしまったのでしょう。

 流れをかなり遡って明星学園の近くが、太宰治の遺体が上がったあたりだそうです。

01302017-4.jpg

 実際に入水したと言われる地点からは、1キロちょっと下流です。けっこう流されたわけですね。つまり、当時は、こんなせせらぎではなく、梅雨時期の雨も相まって、かなりの水量だったと思われます。

 JRの三鷹駅のすぐ近くが、入水地点とされるところです。
 今では、こんなにゆるやかな流れです。今の状況を見ただけでは、とても入水して流されるとは思えないかもしれませんね。

01302017-3.jpg

玉川上水沿いの道路の脇に、こんな碑があります。

01302017-2.jpg

 土曜日は、ここから引き返して井の頭公園の中を横切り、井の頭公園駅から「井の頭線でいいのかしら?」と思いながら帰ってきました。
posted by 赤井田拓弥 at 11:18| Comment(0) | 雑文

2017年01月27日

『TOEICレジスタードマーク L&R TEST リスニングパート 4か国発音聴き比べ』

 前にご紹介した、この本ですが、これは以前にアルクという出版社から出ていたものです。昨年絶版になりましたので、私の会社で Kindle の自社出版にした次第です。

ListeningCover_web.jpg

 改めて、Amazon で以前のカスタマーレビュー見ましたら、皆さん、とても褒めてくださっています。
ここです。
 ぜひご覧ください。
posted by 赤井田拓弥 at 14:38| Comment(0) | 電子ブック

2017年01月26日

ドライフラワー

 12月の末にいただいたきれいなバラの花を、乾燥剤を使ってドライフラワーにしてみました。

 まず、バラの茎までしっかり入る発泡スチロールの箱を用意します。そして、大量の乾燥剤(シリカゲル)を、通販で2キロ買いました。
 
 1枚目の写真は、乾燥剤を少し入れた状態です。

IMG_0476.jpg

 そして、乾燥剤でバラの花を埋めていきます。実際には、花がすっぽり隠れるくらい入れました。写真は取りませんでしたが。

IMG_0477.jpg

 そして昨日、箱を開けて中を見てみますと、しっかり乾燥していました。ドライフラワーの完成で〜す。

IMG_0526.jpg

 花の色もそんなに落ちていなくて、いい出来上がりです。

 こちらもご覧ください。

posted by 赤井田拓弥 at 10:46| Comment(0) | 雑文

2017年01月24日

『TOEICレジスタードマーク Listening & Reading Test に出る! 紛らわしい英単語・熟語』

Magi_book_web.jpg

 また、今日から販売された新刊です。Amazon のこちらからお求めください。

 place、spot、district、area、region、space、locality、scene、quarter。これらはすべて日本語では「場所」となる英単語です。すばやい適確な判断が求められる TOEIC では、こうした単語の正確な違いの知識が不可欠なのです。
 膨大な量の英文をこなさなければならない TOEIC で高得点を上げるために、日本語では同じに思えてしまう英単語の意味合いと用法を区別できるようにしましょう。

 TOEIC 対策本もかなり読んだ、模擬問題集も数多くこなした、TOEIC 必修単語も覚えた、「でも、スコアがイマイチ上がらない」といった人には、本書がぴったりです。

 単語の学習進捗などを記録しておける「単語リスト」が、このサイトにあります。


本書の構成と特長
 TOEIC で高得点を取るポイントは、英文や選択肢の意味を正確に理解し時間のロスを防ぐことです。紛らわしい単語の意味を誤解してしまって遠回りしたりしていると、大きな時間のロスを招きます。
 本書では、こうした意味や用法の紛らわしい単語や熟語をTOEICの出題形式に分類してまとめ、覚えやすくしました。

本書の構成内容

第1章 意味や用法の紛らわしい単語を制覇

 この本では、TOEICに使われやすい意味や用法の紛らわしい単語を体系的に学習していきます。単語を、動詞、名詞、形容詞・副詞の品詞別に分類しました。そしてその品詞をTOEICの各パートに分け、掲載しました。
1. まず日本語を提示し、それを念頭に、どのような単語が提示されるかを考えます。
2. 次に単語を3つ提示します。
3. その後、それぞれの単語の意味合いやニュアンスを日本語で説明します。
4. 最後に、それぞれの単語について例文を提示します。

第2章 形や意味・用法の紛らわしい熟語を制覇
 この章では、使われる単語が似ていたり、全体として形が似ている熟語を取り上げ、その違いや使い方を学習します。
 熟語は「英語での大和ことば」のようなものです。背景に英語圏の文化が詰まっています。熟語の持つニュアンスを身に付けていきましょう。

第3章 発音の紛らわしい単語を制覇
 この章では、発音の紛らわしい単語を学習します。TOEICのリスニング部門に必須の単語を厳選して取り上げ、次の3つの項目で学習します。
1.母音が紛らわしい単語
2.子音が紛らわしい単語
3.まったく同じ発音の単語(同音異綴語)

 Part 2の「応答問題」に限らず、TOEIC のリスニング部門では、発音の紛らわしい単語は重要なポイントです。単語は単独の発音だけでなく、必ず、文の中に紛れた形で聞き取れるようにしておいてください。英単語は単独で発音されたときと文の中に紛れたときでは、微妙に、あるいはずいぶんと違った発音に聞こえることがあるものです。単独での発音の違いだけで留まっていると、実際の TOEIC の音声を聞いたときに戸惑ってしまいます。

音声などのファイルはこのサイトからダウンロードできます。
posted by 赤井田拓弥 at 10:15| Comment(0) | 電子ブック

2017年01月20日

『中学レベルの英語で東京を案内する本』

 日本を訪れる外国人の数が、去年(2016年)には2,400万人を突破したそうです。東京オリンピックを控えて、この数はもっと増えると思います。
 
 また、留学生や研修生がオフィスにいたり、ホームステイを受け入れたりしているご家庭もあることでしょう。そうした人たちを連れて東京を案内するときに、この本が役立ちます。

 日本の文化やしきたり、歴史の話などを交えて、東京を英語で案内できたらいいですね。この本は、そうしたあなたの願いをしっかりと叶えてくれる本です。

TokyoAnnai.jpg

 Amazon のページはこちらです。


 本書では、全体を次の3つに分けました。
 第1章 街角散歩・ぶら歩き
 第2章 季節を感じる公園散歩
 第3章 催し物・娯楽・飲食


 英文は、簡単な単語と中学生学習レベルの構文、文法を使い、覚えて使いやすいようになっています。英文はすべて音声に収録してあり、ダウンロードできます。
 タブレットやスマホを使えば、その場で聞いて使えます。

Useful Expressions と Speak-Up について
 各項目のあとに、役に立つすてきな表現の解説と、表現を使った会話練習が付いています。
 Speak-Up では、ネイティブ・スピーカーが読んだあとにポーズがあります。発音をまねて自分で言ってみる練習をするのもよいでしょう。

 それではよい週末をお過ごしください。
posted by 赤井田拓弥 at 10:18| Comment(0) | 電子ブック