2014年06月18日

傍線を引きながら本を読むこと

  古本を買うと、ところどころ傍線を引いているものに出会う。私は、この読者はこんなことをして、はたして理解できたのかなと思ってしまう。

 本を読んで理解するためには、スピードとリズムが必要である。傍線を引くために読むリズムが中断されると、理解も中断される。

 傍線を引きながら本を読むのは、理解に結びつきそうで、実は意味がない。
posted by 赤井田拓弥 at 23:09| Comment(0) | 雑文