2011年04月28日

赤井田農事通信

 先週の日曜日(4月24日)に撮った写真をまとめてご紹介。写真はクリックすると拡大します。


yaguruma04242011.jpg

 我が畑の片隅にある矢車草。今が盛りです。



yomogi04242011-2.jpg

 畑の片隅には、このようにヨモギも育てています。



yomogi04242011.jpg

 摘んで「かからん団子」を作るには、もう少し伸びたほうがいいでしょうね。



jaga04242011-1.jpg

 ジャガイモの「キタアカリ」は、24日時点では、まだこんな感じ。植えてから1か月以上にもなるんですけどね。



jaga04242011-2.jpg

 インカの目覚めは、だいぶ伸びてきました。今度の日曜日あたりには芽かきをする必要があるかも。



sansho.jpg

 これは、庭の山椒の花です。



seeds.jpg

 アメリカから入手した西瓜(ラグビーボールの形のもの)とトマト、メロンの種蒔きをしました。下の育苗器のようなもので保温です。でも、熱源は、おひさま頼み。

house.jpg

 今まで、自分で苗を育ててうまく行った試しがないので、たぶん、今回もダメかも。



hanamizuki2011.jpg

 これは、畑から近くの里山を見た景色。



yudonogawa.jpg

 これは上の写真の反対向き。写真の真ん中あたりの右側に我が畑があります。



akikawa.jpg

 そして最後。日曜日に、わざわざ秋川渓谷の近くの蕎麦屋さんまで蕎麦を喰いに行きました。
 遠くまで蕎麦を喰いに。そして、この写真は、その蕎麦屋さんのそばで撮ったもの。

 若葉にもいろいろな色があるんですねぇ。

 それでは。

 


posted by 赤井田拓弥 at 10:04| Comment(0) | 農事通信

2011年04月22日

赤井田農事通信


 畑の片隅にある矢車草が咲いてきました。

yaguruma04172011.jpg

yaguruma2011.jpg


 この子は、我が畑の近くにある牧場にいます。
 額の白いハートマークがかわいいでしょ。

heartkoushi.jpg



 それでは、よい週末をお過ごしください。

 
posted by 赤井田拓弥 at 15:05| Comment(0) | 農事通信

2011年04月21日

赤井田農事通信


 1週間前にはこんなに小さかった (←クリックしてご覧ください)アスパラガスが、こんなに伸びてしまいました。収穫して食べるにはちょっと遅すぎますね。
          ↓
aspra04172011.jpg

 アスパラを 「明日ぱら(から)食べよう」 と思うのがいけないんですね。今日食べなきゃね。もうやだ〜(悲しい顔)



 これはレタスです。
    ↓
lettus04172011.jpg

 立派に育ってきましたね。おいしそうなレタスができると、近所の人たちがこう言うでしょうね。

  Let us eat your lettuce.
ふらふら



 下のジャガイモは、一昨年の4月19日に写したもの。
      ↓
jaga2009.jpg

 今年のジャガイモは、まだ先週芽を出したばかりです。
 今年のジャガはダメじゃが。がく〜(落胆した顔)


 それでは。
 
 


posted by 赤井田拓弥 at 16:27| Comment(0) | 農事通信

2011年04月20日

赤井田農事通信 ― 穀雨の頃


 今日は二十四節気の「穀雨」です。春の雨がしとしとと降る頃のようですね。

 屋久島では 「木の芽流し」 という優雅な名前で呼んでいます。また、小椋佳さんの歌に 「春の雨はやさしいはずなのに」 というのもあります。

 春の雨はやさしいと思います。私が屋久島を出て小倉で初めて生活し始めたとき、細かく降る雨を見て、そう思いました。
 屋久島ではスコールのような、たたきつける雨が多いと思います、春でも。

 さて、我が畑の写真をちょっとご覧くださいませ。

mizuna04172011.jpg

 これは、水菜の花です。冬のあいだ食べきれなかったのが残っていて、花をつけたというわけです。



04172011.jpg

 これは野良坊の花です。



cho04172011.jpg

 ちょうちょが遊びに来ています。真ん中あたりです。写真を拡大してご覧ください。



 日高敏隆先生のご著書に 『春の数え方』 という本がありますが、ちょうちょの研究で有名な先生です。残念ながら亡くなられてしまいましたけど。この本は、本当に好きな本です。その中に、屋久島のことも出てくるんですよ。

 それでは。
 
 
posted by 赤井田拓弥 at 18:53| Comment(0) | 農事通信

聖書の表現を見てみましょう。


wash one's hands of something 〜手を引く

 ―『新約聖書』より

英語の表現で考えてみましょう。

・what the Roman governor of Judea did to symbolize he would have nothing more to do with the case of Jesus's crucifixion
 イエスの磔の刑について何も関係がないのだということを表すために、ユダヤのローマ人統治者が行ったこと

・intentionally trying to forget something unsettling

 何か不安に思うようなことを意識的に忘れようとすること


語注

Judea 「ユダヤ」
crucifixion 「磔の刑」
intentionally 「意識的、意図的に」
unsettling  「不安な」



〜から手を引く

 イエスが生きていた当時、ユダヤはローマの勢力下にあったので、逮捕されたイエスは、裁判のためにローマ人の総督ピラトに引き渡されます。

 ピラトは、内心ではイエスが罪人だとは思えなかったのですが、彼を憎む群衆の声に抗しきれず、死刑にするように命じました。

 そして、「この人の血については私には責任がない。私は手を引く」 と言って、群衆の前で手を洗いました。そこから、「ある事態から手を引く、関係を絶つ」 ことを wash one's hands of something と言います。

 また、Pilate は 「責任逃れをする人」 の代名詞ともなっています。

 日本語では「あることから手を引く」というとき 「足を洗う」 と言いますね。手と足で違っているところがおもしろいですね。


A: I couldn’t get a loan from my bank.
B: Did you ask the loan department manager for help?
A: I did, but it didn’t help.
B: Why not?
A: He saw I already had a loan. Then, he washed his hands of the matter.

A:銀行から融資を受けられなかったよ。
B:融資部の部長に頼んだの?
A:そうだよ。でも、だめだった。
B:どうして?
A:僕がすでにローンを抱えていることを、彼は知ったんだね。それで、この件から手を引いたってわけ。

 それでは、今日も一日お元気で。手(パー)わーい(嬉しい顔)
posted by 赤井田拓弥 at 09:54| Comment(0) | 聖書の表現

2011年04月19日

写真描写問題の聞き取り方。


 TOEIC のリスニングの攻略法です。

物や景色のみが写っている写真の場合


 人物が写っていない、物だけや景色の写真を使った問題が出題されることもあります。こうした写真では、当然、人物が写っている写真とは違った英文のパターンになることが予測されます。

英文のポイント1

 メインの対象物が1つだけの写真では、選択肢の主語が4つとも同じになりやすい。そして、状態や形状を表す表現が使われる。


 自転車が1台だけとか、草原に立つ1本の木のような写真の場合は、人物が1人だけの写真と同じように、主語が同じになると予測されます。ですから、述部に注意して聴けばよいことになります。
 ただし、人物と違って、物体の形状や状態を表現する形容詞が使われやすくなります。また、人間の行為のような表現 (擬人表現) が使われることもありますので、注意が必要です。

 【例】A guitar is resting on the sofa.
「ソファーにギターが置いてある」

 さらに、1つの物体をいろいろな表現で描写することもあります。例えば 「車」 を、car、vehicle、convertible、automobile のように表現したりします。写っているのは車だけですから、多くの主語に惑わされないことが大切です。

英文のポイント2

 景色全体を写した写真では、位置関係の表現に注意が必要。情景の描写を聴き取ろう。

 景色の写真では、動作を表す動詞はあまり使われず、「状態を表す」 動詞が使われやすくなります。形容詞や受動態の表現に慣れておきましょう。
 また、主語が写真全体を描写する表現になることが多くなりますから、写真全体を見渡しながら選択肢が聞こえてくるのを待ちましょう。


例題

それでは、上のポイントに注意しながら、例題を解いてみましょう。

1-04.jpg






スクリプトと訳


(A) One bench encircles the base of a tree.
(B) One tree leans slightly to its side.
(C) A round globe sits atop the lamppost.
(D) Bushes form a hedge between the benches.

(A) 1つのベンチが木の根元を囲んでいる。
(B) 1本の木が片方にかしいでいる。
(C) 外灯柱の上に球状の電灯が付いている。
(D) ベンチの間に、低木でできた生垣がある。


【答】B


 それでは。

posted by 赤井田拓弥 at 19:51| Comment(0) | TOEICテストリスニング編攻略法

エンドウの花

赤井田農事通信



 エンドウの花をご紹介。下の写真はこの前の日曜日(17日)に撮ったものです。蔓無しエンドウです。背が低いまま実が生るもののようです。今年初めて植えてみました。
 花も、今までに見たことがないような淡い色合いです。

endo04172011.jpg


 下の2枚の写真は一昨年の4月19日に撮ったものです。ほぼ同じ時期ですが、こんなにも成長が違います。
 また、花の色合いも違いますね。

endo2009-1.jpg

 こちらの白い花は、グリーンピースです。

endo2009-2.jpg


 そして、下の2枚の写真は、エンドウに似た花ですが、こちらはカラスノエンドウといいます。言わば雑草ですね。
 実が育った頃、さやを少し裂いて、くわえて吹くと草笛になります。

karasuendo-04172011.jpg

yaguruma2010.jpg

 花の下の方にアリさんが見えます。

 それでは。
posted by 赤井田拓弥 at 10:00| Comment(2) | 農事通信

2011年04月13日

聖書の表現を見てみましょう。

one’s cross to bear 背負うべき十字架
 ―『新約聖書』より

英語の表現を見てみましょう。
・what Jesus had to carry on the way to his execution

  処刑場に向かうイエスが背負わなければならなかったもの
・a burden that forces a person to carry
  人が背負わされる責務

背負うべき十字架

 イエスは、裁判で死刑が決まり、ゴルゴタという名の処刑場まで引いて行かれる間に、自分を処刑するための十字架を背負って歩かされました。
 そこから 「耐えるべき苦難」 を one’s cross to bear と言います。キリスト教では、神の子であるイエスはすべての人間の罪をあがなうために十字架に磔 (はりつけ) にされたと考えていて、the cross は 「受難、贖罪」 の象徴となっています。

A:I have to stay here and sell tickets.
B:Why do you have to do it?
A:I didn’t help with planning last week. Working today is my cross to bear.
B:I’ll bring you some of the food.

A:私はここでチケットを売らなきゃいけないのよ。
B:どうして君がしなきゃいけないんだ?
A:私、先週、企画を手伝わなかったから。今日ここで働くのは、私が背負う十字架なのよ。
B:なんか食べる物を持っていくよ。


 
赤井田農事通信


 アスパラガスが芽をのぞかせました。まだ細いようです。手入れをしていないため、毎年、出てくる本数が少なくなってきていました。それで、昨年の秋、掘り起こして堆肥などをたっぷりと施し、植え替えました。

 今年の成果はいかに?

aspara04102011.jpg


 下の写真はブロッコリーの花です。写真の真ん中あたりにミツバチ君が写っているのが分かりますか。
 拡大してご覧ください。クリックすると拡大します。

broccoli04102011-1.jpg


 それでは。
posted by 赤井田拓弥 at 09:55| Comment(0) | 聖書の表現

2011年04月12日

写真描写問題の聞き取り方 ― 人物が3人以上の写真


 TOEIC のリスニング攻略法の話が大変長らく空いてしまいました。
 今日は、3人以上 (大勢) の人物が写っている写真の攻略法を考えてみましょう。当然、男女やいろいろな年齢層の人が含まれる写真になっていきます。

英文のポイント1
 英文の特徴は、主語が多岐にわたりやすい文になると考えられます。ですから、冒頭から主語をしっかり聴き取ることが重要となります。そして、人物を修飾する表現をキャッチするように聴きましょう。

 人物が1人や2人のシンプルな写真に比べて、このように大勢の人が写っている写真は、主語を予測するのが困難になります。そして、人物を特定する 「修飾表現」 の理解がポイントとなってきます。前回 (2011年3月8日) に述べた「分詞の形容詞的用法」も使われやすいでしょう。
 また、人物を修飾する方法として、次のように前置詞を使ったものも使われます。

 【例】 the man with a cap 「帽子をかぶった男性」
     the woman in a dress 「ワンピースの女性」


英文のポイント2

 位置関係を表す表現が使われやすくなります。ですから、 前置詞句の聴き取りがポイントとなります。大勢の中から人物を特定するために、いろいろな修飾表現が使われます。

 【例】 next to ...「…の隣の」
     between A and B「AとBのあいだにある」
     across from ...「…の向かいにある」
     beneath ...「…の下にある」  

例題
 それでは、上の英文のポイントを考えながら、例題を解いてみてください。

1-03.jpg





赤井田農事通信

 これはタマネギです。なんかショボイタマネギでしょ。あちこち消えてなくなったりしています。

pnion04102011.jpg
(写真はクリックして拡大してご覧ください)


 下の写真は、一昨年の4月19日に写したものです。実は、このくらいにはなっていなければならないはずなんです。
 去年の8月20日頃に一度苗床作りをしたのですが、まったく発芽しませんでした。猛暑すぎたんですね。

 それで、9月に入ってからもう一度種蒔きをし、ようやく苗が育ったのですが、遅すぎて、小さい苗しか残りませんでした。

 小さい苗は、冬の間の寒さでやられてしまうんですね。

onion2009.jpg


 ま、ちょっとだけでも食べられればいいか。


posted by 赤井田拓弥 at 09:21| Comment(0) | TOEICテストリスニング編攻略法

2011年04月11日

赤井田農事通信 ― ダイヤメのこと


 これからの季節、百姓仕事のあとの楽しみは、なんと言ってもビール。そして、そのあとじっくりと呑む、屋久島の焼酎 「三岳」。

 鹿児島では、仕事のあとの晩酌を 「ダイヤメ」 といいます。
 これは 「ダレ止め」 がなまったものと言われます。
 
 鹿児島弁では、「ヤ行音」 や 「ラ行音」 が語の途中や語尾に来ると 「ア行音」(言わば母音) になることがよくあります。

 例えば 「しょうゆ」 は 「しょい」 とか 「そい」 となりますし、「ニワトリ」 は 「にわとい」 となります。

 ちなみに、英語で醤油のことを soy sauce、大豆を soy bean と言いますが、この soy は、鹿児島弁の 「しょい」 あるいは 「そい] が英語になったものだそうです。幕末の薩英戦争後の貿易で、醤油が 「そい」 としてイギリスに紹介されたのだそうですよ。

 もう1つ鹿児島弁で特徴的な音の変化は、[ai] 音が [e] 音になることです。
買い物 [kaimono] は [kemon] となり、大根 [daikon] は [dekon] となります。[アイ] が [] となるわけですね。

 ですから、例えば 「」 と発音する鹿児島弁には次のようなものがあります。

  → 「貝」
      「買い」
      「〜に、〜へ」: 【例】どけ?=どこに? どこへ?
      「来い」: [oi] も、[e] と発音されることがあります。
      「毛」: 私を見放したカミの「毛」です。髪の毛ではない毛も 「け」 です。

 しかし、[かい] と発音するものすべてが 「け」 になるわけではありません。
例えば、階や回、会、下位などは [かい] のままです。


 それでは次の言葉は、鹿児島弁でどういう意味になるでしょう。

 「けをけけけ」

 自分の毛が少ないからって、変な問題ですねぇ。

 では解答です。次のようになります。上のルールを参照しながらどうぞ。

    け を け  け け
    ↓ ↓ ↓  ↓ ↓
    貝 を 買い に 来い

 「貝を買いに来い」なんてずいぶん乱暴な商売人だとは思いますが。次のはずっと現実的です。

    け を けっ  け

    ↓ ↓ ↓   ↓
    貝 を 買って 来い

 「っ」と詰まる音は、「〜して」という意味です。
 【例】 戻っけ → 戻って来い

 「けけけ」と「けっけ」の違い、ご理解いただけましたか。後者は、貝が少な
いことに気づいた居酒屋の主人が従業員に言っている場面が想定できますね。

 それでは。かごっま弁講座でした。

 

posted by 赤井田拓弥 at 12:01| Comment(0) | 農事通信

2011年04月07日

女心を男が歌う

 東京の都心では桜が満開になったようです。まだ見ていませんけど。

 あんな大震災があっても春はやっぱり来るのですね。うれしくもありますし、非情だと思えたりもします。
 あの大震災のあと原発の放射能問題が起きているときに、畑で鳥たちが虫をついばんでいるのを見たりすると、Why do the birds go on singing? という歌詞の The End of the World という歌が頭に浮かんだりしました。

 この歌は古いのですが、私の若い頃にはカーペンターズが歌ったりしていましたね。

 カーペンターズで思い出したのですが、彼ら、というかカレン・カーペンターが歌っていた Ticket to Ride という歌があります。その中に、

 るんるん He’s got a ticket to ride, but he don’t care.


 というくだりがあります。この曲はその前にビートルズも歌っていまして、彼らは、

 るんるん She’s got a ticket to ride, but she don’t care.

 と歌っています。


 日本では、男の気持ちを込めた歌を女性の歌手が歌うこともありますし、その反対に、女心の歌を男性歌手が歌ったりしますが、イギリスやアメリカでは、そういうことはしません。
 ですから、女性歌手であるカレン・カーペンターが歌うときは he にし、男性グループのビートルズは she にして歌ったわけですね。

 また、she don’t care は文法的には正しくありませんが、これは poetic license と言って認められている作詞法です。license と言っても免許証が発行されるわけではありません。これは 「詩的許容」 という意味で、歌などの作詞のときには許容しましょうという意味合いです。

 それでは。
posted by 赤井田拓弥 at 17:57| Comment(0) | 雑文

2011年04月06日

聖書の表現を見てみましょう。

thirty pieces of silver 銀貨30枚
 ― 『新約聖書』より

英語の表現を見てみましょう。
・how much Judas was paid to turn Jesus in
 イエスを密告してユダが受け取った金
・money which was gotten immorally
 道義に反して受け取った金

銀貨30枚

 ユダがイエスを裏切った代償に銀貨30枚を受け取ったことから、後ろめたいことをして手に入れた金のことを thirty pieces of silver と言います。

A: Gordon, are you going to work for Meta Paper? They’re terrible polluters.
B: Maybe they are, but they pay well.
A: You’re going to accept thirty pieces of silver.
B: We all have to work.

A:ゴードン、メタ製紙会社で働くの? あそこはひどい公害を引き起こしているのよ。
B:そうらしいね。でも、給料がいいんだよ。
A:あなた、汚いお金 をもらおうとしてるのよ。
B:僕らはみんな、働かなきゃならないんだよ。


 下の写真も、我が家の近くの城跡公園で撮ったものです。
たぶんシュンランだと思うのですが、あまり自信はありません。

shunran04022011.jpg
(写真はクリックすると拡大します)



 それではおやすみなさい。眠い(睡眠)

posted by 赤井田拓弥 at 19:26| Comment(0) | 聖書の表現

2011年04月05日

赤井田農事通信 ― 4月上旬、清明の頃(つづき)

 昨日に続き、畑の写真などをもう少し載せます。

 これはニンニクです。毎年、ニンニクの出来はよくないのですが、今年は茎も太く、ちょっと期待できそうな感じです。収穫は5月末ぐらい。

 garlic04022011.jpg
 (写真はクリックすると拡大します)

 
 これはスナップエンドウです。先週末にはネット張りをしようと思ったのですが、サボってしまいました。

snap04022011.jpg


 畑仕事をサボって近くの城跡の里山に行き、カタクリの花を見てきました。数年前に比べて、数が減ってきたような感じがします。数年前はびっしりと生えていたように思います。
 
katakuri04022011-1.jpg

katakuri04022011-2.jpg


 このカタクリの花が咲いている里山までは、我が家から徒歩3分くらいで行けます。下の写真は去年撮ったものですが、こんな花も咲いています。
 一輪草といいます。

ichirinso-2.jpg


 
 それでは。

 
posted by 赤井田拓弥 at 09:43| Comment(0) | 農事通信

2011年04月04日

赤井田農事通信 ― 4月上旬、清明の頃

 4月になりました。私の畑の今の様子をちょっとだけ。

 土曜日(4月2日)は天気もよく暖かかったのですが、写真を撮り、少し野良坊を収穫しただけでした。昨日の日曜日は、まったく畑には出ず。ぐうたら百姓復活です。


 畑で今見られる野菜を少し紹介します。写真はクリックすると拡大します。

 野良坊


 norabo04022011-1.jpg

 こんな感じでつぼみがふくらんでいます。これを上から10センチくらいのところからかいて収穫します。
 収穫した野良坊です。
    ↓
norabo04022011-2.jpg

 これをやや硬めに湯がいて、「マヨネーズ醤油 (マヨネーズと醤油を合わせたもの) 」 で食べると、焼酎のつまみに合います。


小松菜の花

 
そのほか、このように小松菜が花を咲かせています。これは切り花として、家で飾ることもできます。

nanohana04022011.jpg 


浅葱

 これは浅葱。今がいちばんの食べ頃です。

asatsuki04022011.jpg

 浅葱は、花が咲いた頃にまた紹介します。


 TOEIC の模擬問題などはもうしばらくお待ちください。

 それでは、今日はこの辺で。

   
 
 

 

 
posted by 赤井田拓弥 at 12:08| Comment(0) | 農事通信