2017年05月30日

この看板の意味わかりますか: 看板や標識から学ぶ生活英語


 現在、この本を無料ダウンロードキャンペーン中です。

 この記事は、キャンペーンが終わりましたら、削除します。

 6月1日(木曜日)の午後4時に終了。

  ここをクリックしてください。
           
『この看板の意味わかりますか ― 看板や標識から学ぶ生活英語』

SeikatuCover_web-sho.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 18:21| Comment(0) | 電子ブック

♪ ウィスキーがお好きでしょ ♪


 Voice of America の Learning English というやさしいゆっくりとした英語を聞いてみましょう。
 ふだんはスクリプトをブログに出していますが、ここでは VOA のサイトに直リンクします。
 ここです。
http://learningenglish.voanews.com/a/women-making-whisky/3869339.html
 

 ところで、ウィスキーには whiskywhiskey の2通りのスペリングがありますが、そのルールをご存じでしょうか。
 
 このスペリングのことは昔から取り沙汰されてきましたが、実は最近、The New York Times がルールを決め、定着しつつあるようです。

ルール:
国名の英語のスペリングに "E" が含まれる国のウィスキーは whiskey とつづる。
 【例】Ireland, America

国名の英語のつづりに "E" が含まれない国のウィスキーは whisky とつづる。
 【例】Scotland, Canada, Japan


20140426-2.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 10:06| Comment(0) | 英語で英文法

2017年05月26日

ナンのジョーク?

 あるところから拝借してきたジョーク。nun jokes と言われるほど、nun を題材にしたジョークはいっぱいあります。
 このジョークの文は、文法的に話したくなるところ満載です。

・最初の nun には a が付いており、次では the が付いている。
・Can I ...?ではなく May I ...?を使っている。
・have you seen という現在完了形は何用法か。
・from under という二重前置詞が使われている。
・can't thank you enough の意味と使い方。
・仮定法過去完了が使われている。
・否定文での either の意味。

 では、英文を読んでみましょう。さて、オチはナンでしょう?

 A soldier ran up to a nun. Out of breath he asked, "Please, may I hide under your skirt? I’ll explain later.”

 The nun agreed. A moment later, two military police ran up and asked, "Sister, have you seen a soldier?"

 The nun replied, "He went that way."

 After the MPs ran off, the soldier crawled out from under her skirt and said, "I can’t thank you enough, Sister. You see, I don’t want to go to Iraq ...."

 The nun said, "I understand completely."

 The soldier added, "I hope I’m not rude, but you have a great pair of legs!"

 The nun replied, "If you had looked a little higher, you would have seen a great pair of balls .... I don’t want to go to Iraq, either!”



20140629-5.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 14:01| Comment(0) | 生活英語

英語で英文法を学ぶということ ― Common Ways to Express Purpose (目的を表す表現)


DSC02685.jpg


 Voice of America の Everyday Grammar という番組で英文法の学習をしましょう。やさしい、ゆっくりとした英語です。

 きょうは「Common Ways to Express Purpose
」 というタイトルです。

 スクリプトを下に示します。下のシークバーをクリックすると音声が流れます。7分32秒あります。




 From VOA Learning English, this is Everyday Grammar.

 You may remember our earlier reports on infinitives and gerunds. The infinitive form of a verb can be either its most basic form or appear with the word to. A gerund is a verb that ends in –ing and acts as a noun.

 Today, we learn that these forms can help us express the purpose for an action.

to + infinitive

 Let's start with infinitives of purpose. Imagine you want to answer the question, "Why do you do that?"

For example, let's say you hear some friends talking:

   Why do you listen to that podcast?
   I do it to improve my listening skills.


 When we express purpose with an infinitive, we are telling someone why we do an action.

 But, often, when we answer a question, we don't answer in a complete sentence. Let's listen to this example.

   Why do you listen to that podcast?
   To improve my listening skills


 This exchange shows that the verb phrase of purpose does not always appear with a subject.


in order to + infinitive

 A more formal way to express purpose is by using in order to plus the infinitive form of the verb. Listen to this example:

   I listen to the podcast in order to improve my listening skills.

 You have probably never used the phrase in order to. We generally avoid it in spoken English; it sounds too formal. There are exceptions, such as in public speaking in academic, political or professional settings.


for + verb + ing

 By now you may be wondering, "But what about the word 'for'? Doesn't that word also express purpose?"

The answer is yes.

 Sometimes, the word for describes the purpose of a thing or answers the question "What is this thing (used) for?" In this case, for is followed by a gerund, or the –ing form of a verb. Remember that a gerund acts as a noun.

 For example, you might be giving advice on how to keep a garden. Or, you might be demonstrating the use of a gardening tool. Listen:

   This tool is for weeding.

 Here, the word for is followed by the gerund weeding.

 Or, maybe you are responding to a question about what the tool is used for. Listen:

   What is this tool (used) for?
   It's for weeding.


 When the subject of the sentence is a person or people, you can use the infinitive or for plus the gerund. Listen to these examples:

   I use this tool for weeding.
   I use this tool to weed the garden.


 In these sentences, the subject is "I," or a person.

 When the subject is a person, and we choose the infinitive to describe what we use something for, we generally include the object of the verb phrase. In this sentence, the verb phrase is to weed the garden. The object of the verb phrase is the garden.


for + object

 We can also use for to express purpose without the need for the gerund.

 For plus the object is a form we use when we want to say that we went, are going, or will go to a place for the purpose of getting, taking, or doing something. Because for is a preposition, it must be followed by a noun. Listen:

   What did you do last weekend?
   I drove to the mountains.
   Why?
   I went there for some fresh air.


 In this sentence, the word for tells us why you went to the mountains: you wanted some fresh air. Notice that the object fresh air appears immediately after the word for.

 We can express this same meaning using to and an infinitive. Listen:

   I went to the mountains to get some fresh air.

 Notice that the infinitive verb here is also followed by the object fresh air.

 Let's listen to a couple talk about dinner:

   I'm too tired to cook tonight.
   Let's go out for Japanese food.


 The second speaker is suggesting that they go to a Japanese restaurant because the first speaker is too tired to cook.

 Here are some tips to help you remember how to use expressions of purpose.


Tip #1

 Avoid putting the word for before an infinitive of purpose. Listen to three examples. Only one is correct. Do you know which it is?

One - I download podcasts every day for to practice my listening skills.
Two - I download podcasts every day to practice my listening skills.
Three - I download podcasts every day for practice my listening skills.


Write your answer in the comments section.


Tip #2

 Avoid using the word to before a gerund. Choose the correct sentence of these three examples:

One - This tool is to weeding the garden.
Two - This tool is for weeding the garden.
Three - This tool is for to weeding the garden.


 Write your answer in the comments section.

 That's all for today. We hope you will come back next week to learn more Everyday Grammar!

I'm Jill Robbins. I'm Alice Bryant. And I'm Phil Dierking.



 この本もどうぞご利用ください。こちらからどうぞ。

   SpeakingCover_web.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 12:05| Comment(0) | 英語で英文法

2017年05月25日

「飛行機が陸上自走する」という意味の taxi


DSC02697.jpg


 近ごろ、テレビの映画は吹き替えがほとんどですね。以前にあった多重音声の映画や英語音声で字幕というのがあまり見られなくなって、さびしい限りです。

 先日、たまたま BS 放送にチャンネルを合わせたところ、1970年の 『大空港』 という、英語音声で字幕という映画をやっていました。バート・ランカスターとかディーン・マーチン、ジャクリーン・ビセットといった、古い映画好きの人には懐かしい俳優たちが勢揃いの映画です。

 見始めたのはもうエンディングに近かったのですが、そのまま見ていると、最後に次のセリフが流れました。
 
管制塔: Do you need a tow, or can you taxi, over?
副機長: We can taxi.
 
 taxi に「飛行機が地上走行する」という意味があることを知らないと、「えっ!? タクシーがどうしたの?」となるかもしれないと思ったのでした。
 
 We can taxi. の字幕は「大丈夫だ」となっていました。「自走してエプロンまで行けます(から、大丈夫です)」ということです。適確な訳だなと思ったのでした。

 
 さて、「飛行機が陸上を走る」という意味の taxi がどのようにしてできたのかを調べてみました。

 まず、taxi のことを cab とも言いますが、歴史的には cab のほうが古いようです。cab cabriolet (幌付き二輪馬車)の略で、1650年頃から使われ始めたようです。

 そして、乗る 「タクシー」 の taxi はフランス語の taximetre から来ているようです。metre の最初の -e- には、左上から右下へのアクセント記号「アクサン・グラーヴ」が付きます。

 語頭の taxi- はもともと taxe で、「料金を課す」という意味です。ネットで有名な辞書には 「メーターは tax(税金)を計算するものだったので taximeter と呼ばれた」 とありますが、間違いでしょう。
 taxe にも 「税金」 という意味はあるようですが、最初から税金のことを考えた車とは考えられませんから、「料金を課す車」と考えるのが適切でしょう。

 taximetre が英語に採用され、やがて taxi だけを取り出し、それに上で述べた cab を足して taxicab と呼ばれるようになったわけです。
 最初は、ラテン語の taxa に meter を付けた taxameter だったようですが、自然に taximeter に変わっていったようです。
 そして、taxi だけや cab だけで使われて、現在に至っています。


 さて、taxi が「飛行機が陸上走行する」という意味で使われ始めた経緯ですね。19011年頃だそうです。

 ライト兄弟が初めて飛行機の飛行に成功したのが1903年ですから、わりとすぐあとですね。

 飛行機のパイロットを育てる訓練は、1911年より2年くらい前の1909年あたりから始まっていました。そして、訓練用の飛行機には2種類あって、1つは実際に空を飛べる飛行機で、もう1つは地上滑走しかできない、翼の短い飛行機です。

 訓練生たちは、最初、翼の短い飛行機に乗って地上を走らせ、飛行機というものに慣れる訓練をします。

 このとき、教官と2人で飛行機に乗って地上を走っているさまが「タクシーに乗っているようだ」ということで、こうした訓練を taxiing と呼ぶようになり、次第に taxi が動詞として使われるようになっていったそうです。


 この本もどうぞご利用ください。こちらからどうぞ。

   SpeakingCover_web.jpg
posted by 赤井田拓弥 at 12:02| Comment(0) | 電子ブック